インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

ラグの必要性

ファブリック ラグ

ホントは不要?ラグの必要性について考える

更新日:

ラグは必要なのか?元家具販売員がお答えします。

フローリングの部屋であれば、ラグの購入を考える機会があると思います。

でも、「なぜ、ラグを敷くのか?」とラグの必要性に疑問を感じることってありますよね?

おしゃれに見せるだけのアイテムだとしたら、ラグに必要性を感じない人も多いはず。

そこでこの記事では、「ラグを敷くと、どんなメリットがあるのか」その必要性について詳しく解説します。

スポンサーリンク

必要性1:ラグがあると暖かくなる

ラグの必要性1:防寒効果

冬になると、「フローリングが冷たくて耐えられない」という経験をしたことはありませんか?

床暖房機能のないフローリングは、想像以上に冷たいもの。特に、冷え性の女性であれば深刻な問題。

そんな冷え対策に、ラグが役に立ちます。いくつもの繊維が絡まって作られているラグには、繊維の間に空気がたくさん含まれており、断熱効果が期待できます。

冷たいフローリングにラグを1枚敷くだけで、床から伝わる冷気を遮断してくれ、温かくなります。

素材感のあるラグは、見ているだけで気持ちも暖まりますよ。発熱・温感ラグを敷けば、さらに冷え対策に効果的があります。

涼しくなるラグもある

ラグは一般的に「敷くと暖かいインテリアアイテム」として知られていますが、冷感機能の付いたラグもあります。

接触冷感生地を使ったラグを敷けば、触れた瞬間しっとりと冷たさを感じ、いつまでもサラッと感が続くので快適。

「冬は温感ラグを」「夏は冷感ラグを」と使い分ければ、ラグで手軽に模様替えもでき、過ごしやすい空間になります。

必要性2:インテリアのアクセントになる

ラグの必要性2:演出効果

色鮮やかで素材感のあるラグには、「ゾーニング効果」があります。

ゾーニングとは、空間を視覚的・機能的に分ける計画のこと。空間デザインを考えるうえで基本になるものです。

たとえば、ソファの下にラグを敷けば、「ここはリビングスペース」と視覚に訴えることができます。ラグを敷いてゾーニング計画を行えば、空間がまとまってスッキリと見せることができます。

また、空間のアクセントとしてラグを敷くのもおしゃれ。

空間にメリハリを持たせたいときに、ラグは必要性の高いインテリアアイテムです。

必要性3:傷や凹みから守ってくれる

ラグの必要性3:防傷効果

模様替えで家具を引きずったり、重い物を落としたときに気になるのが、「フローリングの傷」ですよね。

ソファやイスを少しだけ動かしたいとき、「わざわざ持ち上げるのが面倒だから」と、力任せに引きずってしまい、フローリングに傷を付けた経験は誰しもあるはず。

引きずらなくても、重い家具を長時間同じ場所に置いておくと、フローリングに凹んだ跡が残ります。

ソファやダイニングセットの下にラグを敷くことで、フローリングの傷や凹みから守ってくれますよ。

賃貸の場合、床に傷や凹みを付けるとトラブルにもなりかねません。そうならないためにもラグは必要です。

必要性4:音を吸収してくれる

ラグの必要性5:防音効果

マンションやアパートの2階以上に住んでいる方は、「下の階に生活音が響いていないか」と気になったことはありませんか?

音に関する隣人間でのトラブルは相次ぎます。小さいお子さんがいるご家庭では、特に気になる問題だと思います。

そこでラグの出番。ラグは繊維の間に空気を含むので、歩行音や物を落とした時の衝撃音をおさえてくれる機能があります。

厚みがあって、パイル密度(繊維の密度)が高いラグほど、吸音性も高くなります。

騒音を少しでもおさえてくれるラグは、近隣住民への配慮ができる、必要性の高いアイテムです。

必要性5:クッション代わりになる

ラグの必要性4:クッション機能

繊維の間に空気をたくさん含んでいるラグは、保温性だけではなく、クッション性にも富んでいます。歩行時の衝撃を吸収し、疲れにくく歩きやすくサポートする機能も備えているのです。

住宅内では「歩行性」を重視している家庭は少ないですが、「クッション性」はあると便利。

座の暮らしで慣れている日本人は、イスやソファがあっても、気が付けば床の上に座る人も多いでしょう。そんなときに、ラグはクッション代わりに使えます。

床の上に座ることが多い、子どもが床の上で遊ぶのであれば、ラグを敷くと快適になります。

必要性6:ゴミを吸着させる

ラグの必要性6:防汚効果

複数の繊維が絡まってできているラグは、ホコリやゴミをキャッチし、ゴミが空気中に舞うのを防いでくれます。

実際に、「ラグを敷いた環境」と「敷かない環境」を比較すると、ラグを敷いた方がゴミが舞い上がらなかった、という実験データもあるくらいなのです。

ペットを飼っている住宅や、ホコリの舞いが気になっているなら、ラグの必要性は高まります。

最近では、ペットや生活臭を除去する機能が付いたラグもあります。電気を使わないで消臭ができるので、衛生的で経済的ですよ。

まとめ

フローリングにラグを敷くことの必要性についてまとめます。

  1. 保温性がある
  2. ゾーニングができる
  3. 防汚・防傷機能がある
  4. 防音効果がある
  5. 歩行・クッション性がある
  6. ゴミを吸着してくれる

ラグは敷かなくても生活ができますが、あれば便利なインテリアアイテム。これだけの機能があるなら、フローリングの住宅への必要性は高まります。

ラグを探すときは、日本最大級のカーテン・ラグの専門店「cucan 」がおすすめ。機能的でおしゃれなラグを豊富に取り扱っています。

ラグを1枚敷くだけで空間がおしゃれに、快適に変わるので、試してみてください。

プロフィール

管理人
インテリアの専門学校を卒業し、家具屋に勤務。現在はインテリアコーディネーターとして活動中。

みんなが読んでる記事

おしゃれな家具のおすすめ通販サイト 1

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安く ...

おすすめのビーズクッション 2

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソ ...

6畳のインテリアレイアウトの実例 3

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴ ...

イームズチェアのリプロダクトのおすすめ 4

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻 ...

インテリアのおすすめの本 5

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販で ...

-ファブリック, ラグ

Copyright© インテリアスタイル , 2017 AllRights Reserved.