インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

インテリア計画 レイアウト

ダイニングのレイアウトのルール

更新日:

 

ダイニングは食事をするだけの場所。そそくさとご飯を食べ、一人の時間を楽しもうと考えていませんか?

家族にとってダイニングルームは貴重な空間。

核家族化が進む現代社会。家族一人ひとりの部屋が設けられるようになっていますが、ダイニングはそんなバラバラだった家族が集まり、団らんを楽しむチャンスの場。

いつまでも居たくなるような居心地の環境をつくることによって、家族と一緒の時間が長くなります。

居心地の良さは、フロアプラン(インテリアの配置)がしっかりできているかがカギ。

快適に食事をするために必要な寸法は決まっており、 必要な人数によってテーブルの大きさが異なります。

今回は、正しいダイニングのレイアウトをご紹介。家族が自然と集まりたくなるような環境づくりのご参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイニング家具の種類と寸法

快適なインテリア空間は、正しい家具の選定から始まります。

まずは、ダイニングチェアダイニングテーブルの一般的な種類と寸法(大きさ)を知ることが大切。

ダイニングチェア

日本人の規格に合わせて製造されているダイニングチェアの座面の高さは42㎝。

輸入家具(IKEAなど)では外国人の体形に合わせているため、寸法がこれとは異なります。椅子の座面の高さを見てみると、日本のものより2㎝-3㎝ほど高い。

日本人の規格では42㎝ほどが限界とされている。ほんのわずかな差だと思う方もいるだろうが、これを知らないで購入すると、小柄な日本人の体にはとても合わない。非常に食事がしにくくなり、後悔することになる。

日本人の体形に合ったダイニングチェアの寸法は以下の通りです。

 チェアの種類 奥行 座面の高さ
アームチェア 50㎝ 50㎝ 42㎝
サイドチェア 45㎝ 50㎝ 42㎝
スツール 35㎝ 35㎝ 42㎝

一般的に、ダイニングチェアといえばアームチェアなのですが、日本ではサイドチェアもダイニングに起用されています。サイドチェアとは肘置きがないイスのこと。

サイドチェアが広まった理由として、日本人があまり食事に時間をかけず、立ち座りがしやすいことが背景として考えられます。ダイニングスペースが狭い日本の住宅事情も関係しているのかもしれません。

LOOK!
ダイニングチェアの座面の高さは42㎝。立ち座りが多い人はサイドチェアを、食事にゆっくり時間を掛けたい人はアームチェアを選びましょう。

アームチェアの代表格といえば、YチェアやThe Chair。お値段もお高めなので、リプロダクト家具を購入してみるのも一つの手段です。

あわせて読みたい記事

ダイニングテーブル

人ひとりが食事するために必要なダイニングテーブルの幅は60㎝。60㎝というのは人の肩幅ほど。これは最低限の数字。この必要寸法がないと非常に居心地が悪くなります。

ファーストフード店などの対面テーブル等は、大体の場合60㎝前後か、それ以下。今度実際に計ってみてください。肩幅ほどしかない筈。居心地を悪くさせ、店の回転率を上げるための工夫なのです。

一般的な家庭では長く居心地のいい寸法が必要となるので下図のような寸法となる。

 テーブルの種類 奥行 高さ
正方形(4人) 85㎝ - 90㎝ 85㎝ - 90㎝ 68㎝ - 70㎝
長方形(4人) 85㎝ - 90㎝ 120㎝ - 150㎝ 68㎝ - 70㎝
長方形(6人) 90㎝ - 110㎝ 180㎝ - 200㎝ 68㎝ - 70㎝
円形(4人) 90㎝ 90㎝ 68㎝ - 70㎝

ダイニングテーブルにおいても、輸入家具は外国人サイズになるので注意しておきたい。

ダイニングチェアが日本の規格、ダイニングテーブルが海外の規格サイズだとテーブルの天板がかなり高く感じることでしょう。

国内外に関わらず、家具によっては天板がかなり厚いものもたまにあります。その時は、座面からテーブルの天板の下面までの距離は20㎝以上は確保したい。これが狭いと出入りが難しいので注意が必要。

だからと言って座面が低いものや、天板のテーブルの高さが高いものを選ぼうとすると食事がしにくくなる。適切なサイズを覚えておいてください。

また、ダイニングテーブルから席を離れる際に必要となるスペースの確保も重要。

壁面からダイニングまでの距離の画像

壁面が近くにある場合は、テーブルまで70㎝以上空間を開けることで ストレスを感じることなく移動ができる。スムーズに立ち座りすることができる幅でもある。

ダイニングセットで必要な寸法

では、ダイニングテーブルとチェアを合わせたダイニングの空間ではどれだけのスペースが必要なのか。

必要な人数によって大きさも異なるので、それぞれの種類別に見ていく。

家族構成別ダイニングプランの画像

奥行(横幅)はおおよそ2mから2.5m、幅(縦幅)はダイニングテーブルのタイプによって異なります。

4人構成の場合、正方形より長方形のほうが全体的なスペースの幅は取りませんね。

これは、椅子を引いて座る・立つという動作が関係してきます。

まとめ

インテリアで重要なことは、家具を間取りに合わせるのではなく、間取りを家具に合わせて選ぶことが理想です。

このことは、ダイニングに限らず、リビング・キッチン・バスルーム・エントランスなど様々な環境においても同じことが言えます。

「この間取りがいい」と思う根拠は「感覚」ではなく寸法を理解した「理論」で選びましょう。

寸法を意識した間取りを選び、家具を選ぶことによって、初めて快適な暮らしが生まれます。

既にある間取りにいる方で、新しく家具を新調する方は、必ずしも上記のような寸法が必要というわけではありません。

家の広さによって基準の寸法が確保できない場合もあります。この寸法を一つの基準として家具の選定をしましょう。

このサイトの運営者

管理人
インテリアの専門学校を卒業し、家具屋に勤務。現在はインテリアコーディネーターとして活動中。

みんなが読んでる記事

おしゃれな家具のおすすめ通販サイト 1

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安く ...

おすすめのビーズクッション 2

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソ ...

6畳のインテリアレイアウトの実例 3

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴ ...

イームズチェアのリプロダクトのおすすめ 4

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻 ...

インテリアのおすすめの本 5

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販で ...

-インテリア計画, レイアウト
-

Copyright© インテリアスタイル , 2017 AllRights Reserved.