インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

オーナメント 観葉植物

シックハウス症候群の対策ができて簡単に育つ観葉植物5選

2016/11/28

シックハウス症候群が対策できる観葉植物

新築やリフォームをした室内には、目や鼻、のどなどを刺激する化学物質があふれています。化学物質に敏感な人や小さいお子さんがいる家庭では、特に深刻な問題。

すでにシックハウス症候群に悩まされている人もいるのではないでしょうか?

一般的に、シックハウス症候群は換気をすることで対策できますが、観葉植物を置くだけでも効果があることが、研究によって明らかになりました。

では、どんな観葉植物がシックハウス症候群の対策ができるのか。この記事でおすすめをご紹介します。

スポンサーリンク

観葉植物に関する2つの疑問

シックハウス症候群の対策ができる植物をご紹介する前に、私が観葉植物に対して疑問に思ったことを共有します。

観葉植物はどれくらい置くべき?

観葉植物はシックハウス症候群の対策ができるだけではなく、置くだけでリラックスさせる効果もあります。

では、「部屋にどれくらいの量を置くべきなのか」疑問に思いますよね?

10畳ほどの広い空間に、卓上サイズの観葉植物を置いても対策効果は期待できません。だからと言って、狭い部屋に所狭しと置くものどうかと思う。

観葉植物の種類や室内の環境によって大きく異なるため、この疑問に対して正確な答えはないようですが、室内の面積に対して10%程度を置くと良いそうです。

6畳の空間なら、大きいサイズの観葉植物を1つ、卓上サイズを2~3つ置くのが目安です。

効果はいつまで続くの?

観葉植物も生き物ですので、枯れたら当然、効果はなくなります。

では、生きている間、ずっとシックハウス症候群を対策してくれるのでしょうか?

いつか限界に達すると、室内に放出するのでは?

そんな心配は不要。観葉植物は取り込んだ化学物質を体内で分解し、エネルギーへと変えていることが実験で分かっています。持続的に効果を発揮してくれるのです。

シックハウス症候群の対策ができる5つの植物

ここからは、シックハウス症候群の対策ができる観葉植物の具体例を挙げていきます。

サンセベリア

シックハウス症候群に効果的なサンセベリア

シックハウス症候群の原因であるホルムアルデヒドを対策できることで有名なサンセベリア

日当たりが悪いところに置いてもよく育ち、病害虫も付きにくいので初心者におすすめの観葉植物です。

また、夜は二酸化炭素を取り込み、酸素を出してくれるため、空気浄化効果の高い観葉植物として日本で人気です。

ただし、冬の寒さには気を付けましょう。5度以下になると根腐れする恐れがあります。温かい室内で育てることがポイント。

サンセベリアの詳細はコチラ

アイビー

シックハウス症候群に効果的なアイビー

室内で育てることがカンタンなアイビー

ホルムアルデヒドのほか、トリクロロエチレンとよばれる化学物質の対策も得意とする観葉植物です。

つる性の観葉植物なので、緑が広がる雰囲気を楽しむことができます。サイズは卓上のモノから中型まであります。品種も豊富なため、好みによって選ぶことも可能。

アイビーは寒さには強い観葉植物ですが、暑さに注意しましょう。

アイビーの詳細はコチラ

パキラ

シックハウス症候群に効果的なパキラ

強い生命力を感じさせるパキラ

生育環境によってカタチに変化が生まれる観葉植物なので、幹を太くしたいなら日光を十分に当て、細いままが良いなら室内で育てましょう。

ただし、日光が不足しすぎると弱々しく育ちます。適度に光を浴びさせてください。

パキラはホルムアルデヒドのほか、アンモニアも除去してくれます。

パキラの詳細はコチラ

ドラセナ

葉の色が美しいことが特徴のドラセナ

濃い緑と黄色のコントラストが絶妙な観葉植物です。「幸運の木」とも呼ばれ、部屋の一室に飾るだけで華やかな印象を与えてくれます。

日陰でもよく育ちますが、過度な乾燥には注意。葉が茶色くなるので、水やりはもちろん、室内の湿度にも気を付けましょう。

ドラセナの詳細はコチラ

サボテン

シックハウス症候群が対策できるサボテン

過酷な環境で育ったので、置く場所を選ばず、水やりなどの手入れが少ないサボテン

逆に水や肥料を与えすぎると根が弱くなるので、あまり気にかけないで大丈夫です。

サボテンは他の観葉植物と異なり、昼に二酸化炭素を排出し、夜に酸素を排出します。

ホルムアルデヒドなどの化学物質の除去効果は実証されていませんが、ある程度は対策ができるようです。

サボテンの詳細はコチラ

まとめ

シックハウス症候群の対策ができて、特に育てやすい観葉植物は以下の5つ。

  • サンセベリア
  • アイビー
  • パキラ
  • ドラセナ
  • サボテン

室内でも育ちやすいので、初心者にもおすすめです。

観葉植物を置くボリュームは、室内の面積に対して10%が目安。

サンセベリアやドラセナのような背の高い観葉植物を一つ置き、アイビーやサボテンなどの卓上サイズを数点置くと効果的です。

-オーナメント, 観葉植物
-

おすすめの記事

おしゃれな家具の通販サイト 1
【プロが厳選】安くておしゃれな家具通販サイトのおすすめ11選

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安くておしゃれな家具が欲 ...

2
【マネするだけ】6畳の正しいインテリアレイアウト

6畳の部屋にインテリアをレイアウトしても、 部屋が狭く感じる ゴチャゴチャした感 ...

3
イームズチェアのリプロダクトのおすすめは?種類別に徹底紹介!

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻込みしてしまう人も多 ...