インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

照明

寝室の天井にダウンライトを設置するときの注意点

寝室の天井にダウンライトを設置するときの注意点

寝室の天井にダウンライトを設置するときは、取り付け位置に注意してください。ベッドヘッド付近の天井に取り付けてしまうと、横になったときにまぶしくて不快に感じたり、目が覚めてしまいます。

ダウンライトの光の特徴

天井に取り付けらたダウンライト

ダウンライトとは、天井に埋め込むタイプの照明器具のこと。基本的に後から取り付けることができないため、新築やリフォームの段階で取り付け位置を計画する必要があります。

ダウンライトにも「ユニバーサルタイプ」「ウォールウォッシャー」「ダウンスポット」などいろいろなタイプがありますが、通常のものだと真下に照射します。下方向に光が広がるので、部屋の中央に配置した場合は、天井面や壁面には光が当たりません。

[スポンサーリンク]

ダウンライトを寝室に設置する注意点

寝室のベッドフットの天井に取り付けられたダウンライト

ベッドヘッド付近に設置するとまぶしい

ダウンライトは天井をスッキリ見せるのでオシャレですが、寝室にダウンライトを設置する場合は、取り付け位置に注意してください。

ベッドヘッドの真上にダウンライトを設置してしまうと、ベッドに横になったときに、光源が目に入ってまぶしく感じます。さらに、光に刺激され目が覚めてしまうかもしれません。

壁際かベッドフット寄りに設置する

ダウンライトは埋め込み式の照明器具ですので、他の照明器具のように容易に位置を変更できません。新築やリフォームでダウンライトを寝室に設置する場合、どこに、どの向きでベッドを配置するか?よく考え、ベッドのフット寄りか壁寄りに設置するようにしましょう。

寝室の壁際の天井に取り付けられたダウンライト

光の方向が変えられる「ユニバーサル」「ダウンスポット」や壁面を照らす「ウォールウォッシャー」などのダウンライトもあります。照明の取り付け位置が限定されている場合は、こういったダウンライトも活用してみると良いでしょう。

まとめ

寝室にダウンライトを取り付ける場合は、ベッドに横になったときに光源が目に入らないように、ベッドのフット寄りか、壁際に設置するようにしましょう。

どうしてもベッドの真上にしか取り付けられないのなら、「ユニバーサル」「ダウンスポット」「ウォールウォッシャー」タイプのダウンライトを使うと、横になったときにまぶしくならずに快適です。

-照明

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.