インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

レイアウト

開放感のある部屋にするための家具配置のコツ

開放感のある部屋にするための家具配置のコツ

家具を配置を考えるときに動線を確保して利便性を高くすることも大切ですが、見栄えも大事にしたいもの。

家具配置で見栄えを良くするためには、「視線の抜け」をつくること。

ポイントは、

  • 窓を家具でふさがない
  • 背の高い家具を置かない
  • フォーカルポイントをつくる

の3つ。これらを意識して家具を配置すると、開放感のある部屋を演出できます。

窓を家具でふさがない

大きな窓の前に家具を置いた配置

大きな窓の前に家具を置くと視線が遮られて狭く感じる

一人暮らしのワンルームやマンションの部屋の構造で多いのが、大きな窓が1方向だけの(壁面の1カ所にだけある)タイプ。この大きな窓の前にソファやベッドなどの家具を配置してふさいでしまうと、奥からの視線が遮られ、空間が狭く感じられます。さらに動線もふさいでしまっています。

大きな窓の前に家具を置かない配置

窓を家具でふさがないようにすると視線が抜けて広く見える

もし、掃き出し窓の前にソファやベッドなどを置いて窓をふさいでいたのなら、窓と直角に置いてみてください。視線が抜けて、解放感のある部屋になります。

背の高い家具を置かない

背の高い家具を配置した部屋

背の高い家具は圧迫感を与えて狭く見える

天井まで届く大きな家具を置いたり、背の高い家具の上にさらに収納ボックスなどを置くと、圧迫感のある部屋に見えてしまいます。なるべく背の低い家具を選び、上部に空間をつくりましょう。

背の低い家具を配置した部屋

背の低い家具を配置すると視線が抜けて広く見える

背の高い家具を置くときは、家具の上部にすき間ができるようにすること。そこから視線が抜け、圧迫感を緩和します。

床に座るスタイルを取り入れることも効果的。生活スタイルが床座になると、それに合わせて背の低い家具を選ぶようになります。壁面が多く見えるようになり、広々とした部屋に見えるでしょう。

フォーカルポイントをつくる

絵画を飾ってフォーカルポイントをつくった部屋

絵画などでフォーカルポイントを作ると視線がそこに集まり空間に広がりを感じる

部屋の見栄えを良くし、さらに空間に広がりを持たせるテクニックの1つに「フォーカルポイント」があります。

フォーカルポイントとは、部屋の中で自然と視線が集中する場所のこと。小物やインテリアグリーン、ポスター、絵画など印象的なモノを配置するとフォーカルポイントとなり、奥の方に視線が向きます。結果的に、部屋に奥行きをもたせ、広く感じさせてくれます。

部屋に入ったとき、ソファに座ったとき、目に見える範囲にフォーカルポイントをつくり、視線をそこへ誘導させましょう。キッチンなど生活感のある場所に目が行きにくくなる効果も期待できます。

ただし、フォーカルポイントをいくつもつくってしまうと、雑然としたイメージを与えてしまい効果は半減するので注意。見せたいモノの数を絞り、メリハリをもたせてください。

まとめ

開放感のある部屋にするための家具配置のコツは、

  • 背の高い家具は置かず、なるべく低い家具を置く
  • 大きな窓の前に家具を置いてふさがない
  • フォーカルポイントをつくって視線を誘導する

の3つ。これらを意識して家具を配置することで、視線が抜けて部屋が広く見えます。

-レイアウト

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.