インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

レイアウト

家具配置で改善!雑然とした部屋で見直すべき3つのポイント

家具配置で部屋に一体感を持たせる3つのコツ

部屋を見渡したとき、「なんか雑然とした、ごちゃごちゃした印象だなぁ」と悩んだら、家具の

の3つをそろえるように配置をしてみてください。部屋にまとまりが生まれ、スッキリして見えます。

家具の高さがそろっているか

家具の高さがそろっていない配置

高さがバラバラで凸凹があると雑然とした印象になる

高さの違う家具が一列に並んでいたら、雑然とした印象になってしまいます。

背の低い家具は下に土台を足して高さをそろえたり、背の高い順に並べたりして、高さのラインに凹凸ができないように配置しましょう。

家具を背の高い順に並べた配置

家具は高さをそろえるか背の高い順に並べる

高さをそろえて配置するだけで、まとまった印象に見えます。

カラーボックスなどの横にしても使える家具がほかの家具と高さがそろわないときは、思い切って横にするのも良いでしょう。高さが低くなることで、広く見えるだけではなく、棚の上段が取りやすくなりますよ。

家具の奥行きがそろっているか

隣り合った家具との前面のラインがそろっていない配置

奥行きがそろっていないと雑然とした印象になる

家具の奥行きがそろわず手前のラインに凸凹がある場合も、部屋が雑然とした印象になりがり。

隣り合った家具との前面のラインがそろった配置

家具は前面のラインをそろえて配置する

家具を壁にピッタリつけて配置する必要はないので、奥行きが浅い家具は壁から離し、隣接する家具との前面のラインをそろえるように配置しましょう。家具の高さもそろえると、さらにスッキリした印象になります。

奥行きの浅い家具を手前に出すと、後ろにすき間が生まれます。このすき間には間接照明を配置して照らすとおしゃれ空間になります。ただ、ホコリがたまりやすいのでこまめな掃除は忘れずに。

家具の素材や色がそろっているか

家具の素材や色がそろっていない配置

家具の色や素材がそろっていないと雑然として見える

部屋に一体感を持たせるには、家具の素材をそろえることも効果的。

家具に使われる素材は、木製やアルミ、プラスチックなどさまざま。これらが混在してバラバラに配置されていると、部屋が雑然とした印象になってしまいます。同じ素材の家具はまとめて、ほかの素材の家具とは少し離して配置しましょう。

家具の素材や色がそろえた配置

家具の色や素材をそろえるとまとまって見える

素材だけではなく、家具の色調をそろえることも大切。特に木製家具は濃淡が混在しているとまとまりに欠けるので、隣接する家具と近い色になるよう配置しましょう。

色や素材がバラバラで、どう工夫してもまとまって見えない場合は、ペンキで色を塗り替えたり、同じ布をかけて一体感が生まれるようにすると良いです。

まとめ

部屋が雑然とした印象になってしまう原因はさまざまありますが、家具配置を工夫するだけでも改善できます。

なかでも、

  1. 家具の高さをそろえる
  2. 家具の奥行きをそろえる
  3. 家具の素材や色をそえろえる

の3つを意識して配置することは効果的。これだけで一体感のある部屋に早変わりするので、ぜひ実践してみてください。

-レイアウト

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.