インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

照明

数は?サイズは?ダイニングに取り付けるペンダントライトの選び方

ペンダントライトは、シェードの大きさや形によって照らす範囲が限定されます。シェード(ペンダントライトを覆う笠)の素材もいろいろあり、その素材によって光の広がり方も変わってきます。

では、ダイニングテーブルの上に設置するペンダントライトは、どのように選べば失敗しないのか?この記事で詳しく解説します。

ペンダントライトのサイズの選び方

ペンダントライトはテーブルサイズの3分の1サイズを選ぶ

ペンダントライトはダイニングテーブル幅の3分の1の直径のものを選ぶ

ペンダントライトは、シェードの大きさによって光の広がり方が決まります。小さいシェードのペンダントライトを選ぶと照らす範囲が狭まり、大きなシェードを選ぶと広い範囲を照らすことができます。

つまり、小さすぎると明るさが足りず、大きすぎると明る過ぎて落ち着かないダイニングになってしまいます。

そのため、ペンダントライトのシェードのサイズは、ダイニングテーブルのサイズとのバランスを考えて選ぶことが大切です。

一般的に、ペンダントライトはダイニングテーブルの3分の1のシェードを選ぶと、十分な明るさを確保できるとされています。

たとえば、幅120~150cmのダイニングテーブルならテーブル幅3分の1である直径40~50cmのシェードを選びます。180cm~200cmのダイニングテーブルなら、幅が広めのペンダントライトをつけると、四隅が暗くならずに快適です。

[スポンサーリンク]

ペンダントライトの設置数の決め方

ペンダントライトはテーブル幅3分の1サイズのものを1つ設置

幅150cmのテーブルなら、直径50cmのペンダントライトを1つ設置

ペンダントライトの数は、サイズ選びでも解説した通りダイニングテーブルの幅に合わせます。テーブル幅3分の1のシェードを選ぶと十分な明るさを確保できるので、設置数もこれを基準に選びましょう。

たとえば、幅120~150cmのダイニングテーブルならテーブル幅3分の1である直径40~50cmのシェードを1つ設置します。

直径が小さいペンダントライトを設置する場合は数を増やす

直径が小さいペンダントライトを設置する場合は数を増やす

小さいシェードのペンダントライトを選ぶ場合は、照らす範囲が狭まるため設置数を足します。たとえば、幅150cmの4人掛けのダイニングテーブルなら、小さめのシェードのペンダントライトを2つ設置します。

多灯使いのときは、段違いに配置しても面白い効果が生まれますよ。

ペンダントライトを多灯使い(同じ場所に2つ以上設置する)するときは、ライティングダクトを使います。天井に引っ掛けローゼットなどの配線があれば手軽に設置できます。

ペンダントライトの素材の選び方

ペンダントライトの素材の違いによる光の広がり方の比較

光を通す素材だと、シェードが光を通過して周囲に広がる(左) 光を通さない素材だと、シェードの上下から光が出て陰影がハッキリする(右)

電球がシェード(笠)に覆われているタイプのペンダントライトは、同じワット数でもシェードの素材やデザインでも明るさの感じ方が変わってきます。

たとえば、光を通さない金属や木製、黒いプラスチックなど透過性のないシェードだと、上下に光が逃げ、シェードのまわりは暗くなります。シェードの陰影と光のコントラストで、シャープな印象になります。ダイニング空間をキリっと引き締めたいときにおすすめ。

逆に、アクリルや乳白色のガラス、布製のシェードなど透過性の高いシェードだと、光は全体的に拡散して部屋が明るくなります。おだやかでやわらかい光になるので、ダイニング空間をやらわかい印象にしたいときにおすすめ。

部屋の雰囲気に合った素材のシェードを選びましょう。

まとめ

ペンダントライトのサイズは、ダイニングテーブル幅の3分の1大きさの器具を選びましょう。設置数もこれを基準に決めていきます。小さいサイズのペンダントライトを取り付けないなら、数を足していきます。

ペンダントライトは光源を覆うシェードの素材で明るさも異なってきます。光を通さない素材はシャープな雰囲気のダイニングに、透過性の高いシェードはやらわかい印象のダイニングにおすすめです。

-照明

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.