インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家具

ゆったりと食事ができるダイニングテーブルとダイニングチェアの選び方

ゆったりと食事ができるダイニングテーブルとダイニングチェアの選び方

ダイニングテーブルとダイニングチェアを選ぶ場合、双方のバランスが重要なので、セットで考える必要があります。

手順としては、

の順に決めて行くのがおすすめです。

ダイニングテーブルのサイズの選び方

ダイニングテーブルを選ぶとき、まず決めたいのがサイズ。

ダイニングテーブルのサイズを割り出すには、1人分に必要な食事スペースに座る人数を掛け、ゆとりのスペース(横幅)を加えます。

1人分の食事スペースは?

1人分の食事スペース

食事スペースは1人あたり幅60~70cm 奥行40~50cm

1人に必要なテーブルのスペースは次の通り。

  • 幅:60~70cm
  • 奥行:40~50cm

幅60cmと言うのは、人がイスに座り、テーブルにヒジをついたときに若干余裕のある横幅。奥行40cm前後は人の手がムリなく届く範囲で、それ以上離れていると、席を立って物を取らなくてはなりません。

4人掛けの適切なサイズ

4人掛けのダイニングテーブルの寸法

4人掛けテーブルは幅120~135cm 奥行75~80cmが必要

4人掛けのダイニングテーブルを選ぶ場合は

  • 幅:120~135cm
  • 奥行:75~80cm

くらいのスペースが必要です。

幅120cmだと2人が並んで座ったときにヒジがぶつかるかもしれません。できれば135×80cm以上の大きめのダイニングテーブルを選び、ゆったりと食事ができるようにしましょう。

6人掛けでしたら、幅180~200cm、奥行75~80cmが目安。

テーブル面のサイズが決まったら、チェアの立ち座りや、座っている人の後ろを通るスペースが確保できるかもチェックし、スペース的にも問題がないことを確かめましょう。

【図解】ダイニングテーブル選びで知っておきたい1人分の食事スペース

1人に必要なテーブルのスペースはどのくらいの広さか?ダイニングテーブル選びで重要な、テーブル面の1人分の目安をイラスト付きで分かりやすく解説します。4人掛けのダイニングテーブルに必要なサイズの目安も詳しく解説します。

続きを見る

ダイニングテーブルの脚の位置の選び方

ダイニングテーブルを選ぶとき、意外と見落としがちなのが「脚の位置」。

4脚のものが一番使いやすく見た目もスッキリしますが、4脚にも

  1. 脚がテーブルの角に付いている
  2. 脚がテーブルの内側に入っている

の2種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

脚が角にあるテーブル

脚が角にあるとゆとりがあるが足をぶつけやすい

座ったときゆとりを感じられるが、近くを通ったとき足をぶつけやすい

脚がダイニングテーブルの角に付いているものは、

  • テーブルの内側にゆとりがある
  • 人がゆったりと座れる
  • ダイニングチェアの出し入れがしやすい
  • アームチェアなど横幅があるイスも仕舞いやすい
  • テーブルの近くを通ったときに足をぶつけやすい

といったメリット・デメリットがあります。

脚が内側にあるテーブル

脚が内側にあるとゆとりがないが足をぶつけにくい

座ったときゆとりがないが、近くを通ったとき足をぶつけにくい

脚がダイニングテーブルの内側に入っているものは、

  • テーブルの内側のゆとりが若干なくなる
  • 座ったときに窮屈
  • ダイニングチェアの出し入れがしにくい
  • テーブルの脇を通ったときに足をぶつけにくい

といったメリット・デメリットがあります。

どちらが良い?

130×80cmの大きいテーブルならゆとりがある

4人掛けは135cm×80cm以上なら脚が内側に入っていても余裕がある

大きめのダイニングテーブルを選べるのなら、脚は内側に付いているタイプがおすすめ。大きめのダイニングテーブルなら、脚が内側に入っていてもゆとりがありますし、人が近くを通ったときに足をぶつける心配がありません。

120×80cmの大きいテーブルならゆとりがない

4人掛けで120cm×80cm以下なら脚が内側に入っていると余裕がない

スペースなどの関係で小さめのダイニングテーブルを選ぶのなら、脚が四隅に付いているテーブルをおすすめします。ただでさえテーブルが小さいのに、さらに足が内側に入っていると人が座ったとき窮屈に感じ、ゆっくりと食事ができません。

ダイニングテーブルの脚は角と内側に付いているものどちらが良いか?
ダイニングテーブルの脚は角と内側に付いているものどちらが良いか?

ダイニングテーブルは4脚のものが一番使いやすく見た目もスッキリしますが、テーブルサイズが同じでも、角に付いているか?内側に入っているか?で使い勝手が違ってきます。では、角と内側どちらの方が使い勝手が良いのか?解説します。

続きを見る

適切な差尺のダイニングセットの選び方

ダイニングテーブルとダイニングチェアをそれぞれ別のメーカーでそろえる場合に気を付けたいのが「差尺」。

同じメーカーでダイニングセットをそろえる場合、ほとんど適切な差尺になるよう作られているはずですが、別のメーカー同士や、輸入物の家具でそろえると差尺が開きすぎたり、短すぎる場合があります。

差尺とは?

差尺の場所

差尺はテーブルトップからイスの座面の差

「差尺(さじゃく)」とは、ダイニングテーブルのトップとダイニングチェアのシートの高さとの差を言います。

適切な差尺

差尺の図

差尺は27cm~30cmが適切

イスと座面の高さと、テーブルトップの高さとの差(差尺)は、27~30cmが適切とされています。これ以上開きすぎたり、逆に短すぎると違和感を覚え、くつろげません。

一般的に、日本のテーブルの高さは68~72cm前後、イスの座面高は42cm前後で作られています。ですが、輸入品は背の高さや靴での生活に合わせて作られているため高く作られています。差尺を測って27cm~30cm以内に収まっているか?必ず確認しましょう。

【図解】差尺とは?適切な長さと正しい測り方
【図解】差尺とは?適切な長さと正しい測り方

家具における「差尺」とはなにか?ダイニングテーブルやダイニングチェアを選ぶ際に聞く用語ですが、意味や測り方が分からない人も多いでしょう。そこでこの記事では、差尺について図解で解説します。

続きを見る

座りやすいダイニングチェアの選び方

座りやすいダイニングチェア選びのポイント

座りやすいダイニングチェアのチェックポイント

  • 足が床にぺったり着く
  • 太ももの裏に圧迫感がない
  • 座面の奥行きが深すぎない
  • 背もたれの角度が開きすぎていない
  • クッションが固め(クッション付きの場合)

ダイニングチェアを選ぶときは、必ず靴を脱ぎ、背もたれの角度や足が床に着くか、太ももの裏に圧迫感がないかをチェック。

座面の高さは身長の約4分の1が目安です。たとえば、身長170cmだったら座面高42.5cm前後、身長160cmだったら座面高40cm前後がちょうど良い高さです。座面高が高すぎると、太ももの裏に圧迫感があったり足が床に着かないために落ち着きません。

実際に座って、自分に合ったダイニングチェアであるか?よく確認しましょう。

座りやすく使いやすいダイニングチェアを選ぶポイント

ダイニングチェアを選ぶとき、こだわりたいのが「座り心地」と「使い勝手」の良さ。この記事では、どういったイスなら座り心地が良く、かつ使い勝手も良いのか?につい詳しく解説します。はじめてダイニングチェアを選ぶ方のご参考になります。

続きを見る

まとめ

ダイニングセットを選ぶときのポイントをまとめます。

  • 家族の人数や用途に合った、十分な広さ(サイズ)のテーブルである
  • イスに座ったときやテーブルの脇を通ったとき、テーブルの脚が邪魔になっていない
  • イスと座面の高さと、テーブルトップの高さとの差(差尺)が27~30cmの範囲内である
  • イスに座ったとき、背もたれの角度が開きすぎていない、足が床に着く、太ももの裏に圧迫感がない

ダイニングセットは毎日使い、用途もさまざま。食事以外にも子どもの勉強スペースや作業場としても使えるので、使い勝手の良いものを選びましょう。

また、引っ越しやリフォームでインテリアテイストが変わっても新しいイメージになじみやすい、シンプルで汎用性のあるデザインを選ぶと失敗しませんよ。

-家具

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.