インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

レイアウト

【図解】ダイニングセットまわりに必要なスペースは?

【図解】ダイニングセットまわりに必要なスペースは?

ダイニングセットまわりには、イスを引いたり人が通るためのスペースを確保する必要があります。イスを引いて立ち座りをするためにはテーブルから75cm離します。イスを置かずに通路にするならテーブルから60cm以上は離しましょう。

2人掛けダイニングのスペース

2人掛けのダイニングテーブルは、夫婦やカップルが食事するときに最低限必要な大きさです。食事以外にも作業用に使うのであれば、4人掛けの大きなテーブルをおすすめします。

テーブルを壁から離して置く

2人掛けのテーブルを壁から離して置くのに必要なスペース

2人掛けのテーブルを壁から離して置くなら230cm×200cmは必要

幅と奥行きが80cmの正方形のダイニングセットを壁から離して置く場合、イスの後ろは立ち座りのために75cm前後あけ、イスのない方は通路としてテーブルから壁または家具まで60cm前後はスペースをあける必要があります。

イスの後ろも通路として使うのなら、さらに60cm(テーブルからは1m以上)あけましょう。

テーブルを壁に寄せて置く

2人掛けのテーブルを壁に寄せた場合に必要なスペース

2人掛けのテーブルを壁に寄せるなら230cm×140cmは必要

部屋が狭くスペースを節約したい場合、テーブルの一辺を壁に寄せます。通路が塞がれてしまいますが、スペースを広く使うのには有効です。

4人掛けダイニングのスペース

4人掛けのダイニングテーブルは、夫婦やお子さんのいる家族が食事するときに必要な大きさです。広めのダイニングテーブルであれば、子どもが勉強をしたり、奥さんが裁縫をしたりと多用途に使えます。

テーブルを壁から離して置く

4人掛けのテーブルを壁から離して置くのに必要なスペース

4人掛けのテーブルを壁から離して置くなら230cm×255cmは必要

幅135cm×奥行き80cmの長方形のダイニングセットを壁から離して置く場合、イスの後ろは立ち座りのために75cm前後あけ、イスのない方は通路としてテーブルから壁または家具まで60cm前後はスペースをあける必要があります。

イスの後ろも通路として使うのなら、さらに60cm(テーブルからは1m以上)あけましょう。

テーブルを壁に寄せて置く

4人掛けのテーブルを壁に寄せた場合に必要なスペース

4人掛けのテーブルを壁に寄せるなら230cm×195cmは必要

4人掛けのダイニングセットを壁から離して置くには、3畳ほどのスペースを確保する必要があります。もし、それほどの広さが確保できそうもないのなら、テーブルの1辺を壁に付けると省スペースに。

アームチェア(ヒジ置きの付いたイス)は横幅をとるため、限られた空間にはアームレスチェア(ヒジ置きのないイス)をおすすめします。

円形のテーブルを置く

円形の4人掛けのテーブルを壁から離した場合に必要なスペース

4人掛けの円形のテーブルを置くなら250cm×250cmは必要

円形のテーブルは長方形よりも多くのスペースを必要とします。壁付けもできません。

脚がテーブルの中央についたタイプは、座る人数に融通が利き、詰めればもう1人座れます。

6人掛けダイニングのスペース

大家族やホームパーティの開催が多い家庭は、6人掛けのダイニングセットがおすすめ。6人掛けの場合、イスを長辺に3つずつ置くパターンと、テーブルの四方に置くパターンなどが考えられます。

イスをテーブルの長辺にだけ置く

イスを6人掛けのテーブルの長辺にだけ置くのに必要なスペース

イスを6人掛けのテーブルの長辺にだけ置くなら235cm×300cmは必要

幅180cm×奥行き85cmの長方形のダイニングセットを壁から離して置く場合、イスの後ろは立ち座りのために75cm前後あけ、イスのない方は通路としてテーブルから壁または家具まで60cm前後はスペースをあける必要があります。

壁付けすると省スペースにはなりますが、大人数が使う場合は動線(室内の人が通るルート)をなるべく塞がない方が良いので、壁から離して配置しましょう。

イスをたくさん置いたり買ったりする余裕がなければ、1辺をベンチにすると省スペースで座る人数にも融通が利きます。

イスをテーブルの四方に置く

イスを6人掛けのテーブルの四方に置くのに必要なスペース

イスを6人掛けのテーブルの四方に置くなら235cm×330cmは必要

アームチェア(ヒジ置きの付いたイス)を置きたい場合は、1つひとつのイスが幅をとるため、上図のように配置して余裕を持たせます。

イスの後ろも通路として使うのなら、さらに60cm(テーブルからは1m以上)あけましょう。

まとめ

立ったり座ったり、食事を運んだりと動作の多いダイニングまわりには、必要なスペースを確保しないと無駄な動きが増えてストレスになります。テーブルの大きさに合わせて、十分なスペースを確保しましょう。

以下は、テーブルの大きさ別の必要なスペースです。

  • 2人掛け(80×80cm):230×200cm
  • 4人掛け(135×80cm):230×255cm
  • 4人掛け(Φ100cm):250×250cm
  • 6人掛け(180×85cm):235×300cm

これを置く広さを確保できない場合は、テーブルの1辺を壁付けすると省スペースになります。また、ソファなどなくても良い家具は省くなどして、ダイニングを広く使う工夫も必要です。

-レイアウト

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.