インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

レイアウト

【図解】ソファの基本の配置3パターン

ソファの配置としてスタンダードなのが

の3パターン。

配置によって必要なスーペースは異なります。また、リビングの雰囲気もガラッと変わるので、ライフスタイルに合わせて最適なソファ配置を選択してください。

ソファをI型(並列型)に配置する

ソファをI型(並列型)に配置する

I型のソファ配置は親密度が高いが来客に不向き(寸法は目安)

2~3人掛けのソファを1つだけ配置したパターンです。ソファの前にはリビングテーブル、テレビボードを配置します。

対面型の配置L字型の配置に比べて必要なスペースが少なく省スペースに収まります。

ソファをI型(並列型)に配置した実例

I型の配置は隣り合って座るため、親密度は高ります。夫婦でテレビや映画鑑賞をするにはピッタリ。ただし、座ったときの距離が近いため来客には不向きな配置です。

ソファを対面型に配置する

ソファを対面型に配置する

対面型のソファ配置は緊張感が生まれるので応接向き(寸法は目安)

2つのソファを対に配置したパターンです。一方には2~3人掛けのソファを、もう一方には1人掛けのソファを2つ、または2~3人掛けのソファを1つ配置します。

対面型はソファの両サイドに通路となるスペースを確保する必要があるため、I型のソファ配置に比べて広くスペースをとります。片方のソファを壁付けにすることで、省スペースになります。

ソファを対面型に配置した実例

この配置は向かい合って座ることとなるため、緊張感が出る、応接向きのレイアウトです。お互いの顔を見ながらじっくり会話ができるでしょう。来客が多いリビングや事務所に最適なソファ配置です。

ソファをL字型に配置する

ソファをL型に配置する

L字型のソファ配置は斜めに座るためリラックスでき、解放感もある(寸法は目安)

ソファをL字型に配置したパターンです。2つのソファを直角に配置します。

リビングのコーナーに沿うようにソファを壁付けすることで、部屋のスペースが有効に使え、視線も広がるため開放感が生まれます。

ソファをL型に配置した実例

L字型のソファ配置は斜めに相手を見て会話するため、リラックスした雰囲気を演出できます。対面型の配置と違い、お互いの視線が気にならず緊張感が出ません。また、ソファの前が大きく開いているため、出入りもスムーズ。

まとめ

ソファの配置として基本となるのが

  1. I型(並列型)
  2. 対面型
  3. L字型

の3パターン。

2~3人掛けのソファを1つだけを配置するなら「I型(並列型)」、ソファを2つ以上配置できるなら「対面型」か「L字型」が考えられます。対面型は応接が多い場合に、そうでなければ「L字型」をおすすめします。

この配置を元に、ご自身のライフスタイルに合わせてアレンジしてみるのも良いでしょう。

-レイアウト

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.