インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家具

【図解】高さは?横幅は?テレビボードの選び方

【図解】高さは?横幅は?テレビボードの選び方

テレビボードを選ぶときにチェックしたいのが

の4つ。それぞれの選び方のポイントを解説します。これからテレビボードを選ぶ方はぜひチェックしてください。

テレビボードの高さの選び方

ちょうど良いテレビボードの高さ

目線の位置にテレビの中心がくるとちょうど良い

テレビボードの高さは、ソファなどに座ったとき、画面を見上げることがなく楽な姿勢で見られる高さが適切です。

テレビボードの高さが高すぎる

テレビボードの高さが高いと疲れる

たとえば、座面高40cmのソファに座ったとき、人の目線の高さは80cmほどになっています。これに対してテレビの中心の高さが120cmになっていると、画面を見上げる姿勢で見るため疲れます。

映画館に行って見やすい席をスタッフに聞くと、目線の高さが画面の中心にくるくらいの席を案内されるはず。最前列で見ると首が疲れますよね?それと一緒で、自宅のテレビも目線の高さがテレビの中心にくるくらいの高さだと楽です。

「ソファはあるけど、ソファに座らず床に座って見る」「大画面テレビで見る」といったケースでは、ロ―ボード(高さの低い)タイプのテレビボードをおすすめします。

[スポンサーリンク]

テレビボードの横幅の選び方

テレビボードとテレビのバランス

テレビとテレビボードを見たときに、きれいな三角形が出来ているとバランスよく見える

テレビボードの横幅は、最低限、テレビの幅以上を確保する必要があります。テレビボードよりもテレビの横幅があると、見た目がアンバランスでよくありません。また、横幅が狭いということは収納力も落ちます。

テレビボードとテレビのバランス

テレビとテレビボードを見たときに、逆三角形が出来ているとバランス悪く見える

たとえば、42型(42インチ)のテレビだと横幅は約92cmです。これに対してテレビボードが幅80cmだとアンバランスに見えます。テレビボードの幅は150cmくらいあると、バランスよく見えるはずです。

ただし、テレビボードの横が通路になっている場合は、その分のスペースを確保したうえで横幅を決めましょう。

テレビボードの収納力の選び方

テレビボードの収納用の引き出し

しまいたいCDやDVD、ゲームソフト類などを収納できるかチェック

テレビボードを選ぶとき、サイズ以外で注目したいのが「収納力」。しまいたいAV機器やゲーム機、CDやDVD、ゲームソフト類などを収納できるくらいの余裕があるか確かめてください。

具体的には、棚の引き出しの内寸の高さと奥行きを測り、テレビ周りに収納したい物が入るか?チェックします。DVDやゲームソフトを頻繁に買ってテレビボードに収納する場合は、今ある量だけの収納ではなく、今後増えるだろうと予想して、その分の収納も確保できる大きさのテレビボードを選ぶと良いでしょう。

ゲーム機器やAV機器はホコリが付きやすいため、ガラス扉タイプをおすすめします。

テレビボードの配線用の穴

配線用の穴があるかチェック

また、ケーブル類の接続が簡単にできるかどうかも重要。棚板や背板に配線用の穴が空いているかもしっかりチェックしましょう。

テレビボードの耐荷重の選び方

テレビボードの耐荷重の表記例

テレビボードの耐荷重は商品詳細でチェック

テレビボードを選ぶときに忘れてはならないのが「耐荷重」。テレビやAV機器は重い物が多いので、天板や棚板の耐荷重は必ず確認すること。

たとえば、シャープ(AQUOS)の42型のテレビは21kgもあります(同じ型でもメーカーによって重さは前後します)。これにサウンドバーをテレビ台に一緒に乗せるなら、最低限、「テレビの重さ」+「AV機器の重さ」に耐えられるテレビボードを選ぶ必要があります。

今あるテレビはもちろん、今後購入するであろうAV機器のトータルの重量を計算して、その重さに耐えられるテレビボードか?よく確認しましょう。

まとめ

テレビボードの選びのポイント

テレビボードの選びのポイント

テレビボードを選ぶときのポイントをまとめます。

  • 高さは「座ったときの目線」が「テレビの中心」にくるくらいの高さである
  • 幅はテレビボードの横幅以上がある
  • 仕舞いたい機器やソフト類が十分に収納できる
  • テレビやテレビ台に乗せるAV機器の重さに耐えられる

AV機器は商品サイクルが早いので、今度買い替えるであろうテレビやオーディオの大きさを考慮したうえでテレビボードを選ぶようにしましょう。

-家具

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.