インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

レイアウト

【図解】スムーズにイスから立ち座りができるスペースはどのくらい?

イスを引いて腰を掛けるには、最低でも60cmのスペースが必要です。腰を掛けている人の後ろを通るには、テーブルから1mのスペースが必要です。

立ち座りに必要なスペース

イスを引くために必要なスペースは60cm

イスから立ち座りするときは最低60cmのスペースが必要

テーブルから最低60cm確保しないと、ダイニングテーブルやデスクのイスから立ち座りするときにスムーズに動作ができません。60cmよりも狭いとイスを十分に引けないため、立ち座りのたびにストレスになります。

最低でも60m、余裕があれば75cmくらい確保すると良いでしょう。

[スポンサーリンク]

座ってる人の後ろを通るためのスペース

座っている人の後ろを通るには60cm必要

座っている人の後ろを通るには60cm、テーブルからは1mあける必要がある

腰を掛けている人の後ろを通るには、最低60cmのスペースが必要です。

60cmより狭いと、イスに座っている人の後ろを通って食事を運ぶ際に、食器類が座っている人の頭上にぶつかることがあります。これを避けるためには頭にぶつからないようにお互い(座っている人も、通過する人も)気を配りながら通過する必要があり、これでは通るたびにストレスです。座っている人の後ろを通路にするなら最低でも60cm、余裕があれば90cmのスペースを確保しましょう。

座っている状態では40~50cm前後のスペースが必要ですので、これに人が通るために必要なスペース60cmを足すと、テーブルから最低でも1mくらいはあける必要があります。

まとめ

テーブル周りに必要なスペース

立ち座りには60cm、座っている人の後ろは60cm以上のスペースが必要

テーブルを配置するのなら、まわりに必要最低限のスペースを確保しないと暮らしにくくなります。

立ったり座ったりするために必要なスペースは、テーブルから壁または家具の間に最低60cm以上は必要です。イスに座っている人の後ろを通路にしているのなら、テーブルから1m以上のスペースが必要です。

これより間隔を詰めてしまうと動作がしにくくなり、不自由な生活になってしまいます。気を付けましょう。

-レイアウト

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.