チェア レイアウト

【図解】スムーズにイスから立ち座りができるスペースはどのくらい?

この記事は約4分で読めます。

【図解】スムーズにイスから立ち座りができるスペースはどのくらい?

イスを引いて腰を掛けるには、最低でも60cmのスペースが必要です。腰を掛けている人の後ろを通るには、テーブルから壁まで1mの離す必要があります。

関連記事
【図解】ダイニングセットまわりに必要なスペースは?
【図解】ダイニングセットまわりに必要なスペースは?

立ったり座ったり、食事を運んだりと動作の多いダイニングまわりには、必要なスペースを十分に確保しないと無駄な動きが増え、ストレスになります。テーブルの大きさや形、椅子の配置の仕方に合わせて、十分なスペースを確保しましょう。

続きを見る

椅子の立ち座りに必要なスペース

イスを引くために必要なスペースは60cm

イスから立ち座りするときは最低60cmのスペースが必要

椅子の立ち座りに必要なスペースは60cmです。

テーブルから壁まで最低60cmのスペースを確保しないと、ダイニングテーブルやデスクのイスから立ち座りするときにスムーズに動作ができません。60cmよりも狭いとイスを十分に引けないため、立ち座りのたびにストレスになります。

アームチェア(肘置きのあるイス)だと、70~75cmくらいのスペースが必要になります。60cmだとアーム部分が邪魔で座れないためです。

イスの後ろは、最低でも60m、余裕があれば75cmくらい確保すると良いでしょう。

[スポンサーリンク]

座ってる人の後ろを通るときのスペース

座っている人の後ろを通るには60cm必要

座っている人の後ろを通るには最低60cmが必要。テーブルから壁までは1mは離す

椅子に腰を掛けている人の後ろを通るとき、椅子から壁までは最低60cmのスペースが必要となります。

60cmより狭いと、イスに座っている人の後ろを通って食事を運ぶ際に、食器類が座っている人の頭上にぶつかることがあります。これを避けるためには、頭にぶつからないようにお互い(座っている人も、通過する人も)気を配りながら通過する必要があります。

あるいは、座っている人に「ちょっと後ろを通るから、椅子を引いて」と声を掛けなければなりませんね。

これでは通るたびにストレスです。座っている人の後ろを通路にするなら、最低でも60cm、余裕があれば90cmのスペースを確保しましょう。

座っている状態だと40~50cm前後のスペースをとるので、これに人が通るために必要なスペースである60cmを足すと、テーブルから壁までは最低でも1mくらいはあける必要があります。

まとめ

テーブル周りに必要なスペース

立ち座りには60cm、座っている人の後ろは60cm以上のスペースが必要

  • 椅子の立ち座りに必要なスペースは60cm
  • アームチェアは70cmと広めのスペースが必要
  • 椅子の後ろを通路にするなら、テーブルから壁までは1m以上は離す

テーブルを配置したら、まわりに動作スペースを確保しなければなりません。

イスから立ったり座ったりするために必要なスペースは、テーブルから壁または家具の間に最低60cm以上は必要です。イスに座っている人の後ろを通路にしているのなら、テーブルから1m以上のスペースが必要です。

これより間隔を詰めてしまうと動作がしにくくなり、不自由な空間になってしまいます。スペースに十分な余裕をもって家具を配置しましょう。

関連記事
家具はどう置けば暮らしやすくなる?配置の基礎テクニックまとめ
家具はどう置けば暮らしやすくなる?配置の基礎テクニックまとめ

【図解】家具配置の基礎テクニックを、インテリアコーディネーターが徹底解説!暮らしやすく、くつろげる部屋にするための家具レイアウトの「基礎の基礎」をイラストで分かりやすくご紹介します。引っ越しや模様替えなどで家具配置の仕方で困っている方はチェック!

続きを見る

[スポンサーリンク]

あせて読みたい

開放感のある部屋にするための家具配置のコツ
開放感のある部屋にするための家具配置のコツ

狭い部屋を広く見せるためには、視線の抜けをつくることが重要。ポイントは「大きな窓の前に家具を置かない」「背の高い家具は置かない」「フォーカルポイントをつくる」の3つ。

狭い部屋を家具配置で広く見せる基本のテクニック
狭い部屋を家具配置で広く見せる基本のテクニック

部屋が狭くても、家具の配置を工夫するだけで広く見せることが可能です。この記事では、家具配置でゆったりとした部屋を演出する基本的なテクニックを3つご紹介します。引っ越しで新しく家具を買おうと思っている方、模様替えの家具の置き方で困っている方はご参考に。

「動線」とは?家具配置の基本となる動線計画の3つのポイント
「動線」とは?家具配置の基本となる動線計画の3つのポイント

「動線(どうせん)」とは、室内の人が通るルートのこと。動線は間取りと家具配置によって決まります。

あなたへのおすすめ

ダイニング照明の光の色は「オレンジ」と「白」どっちがおすすめ?

2020/2/7

ダイニング照明の光の色は「オレンジ」と「白」どっちがおすすめ?

ダイニングを照らす明りの色は、「オレンジ色」と「白色」のどちらが良いのか?それぞれの光色の違いを解説したうえで、ダイニング照明に最適な光の色を解説します。ダイニング照明を考えいる方はぜひ参考にしてください。

もっと読む

ダイニングチェア

2020/2/15

座りやすく使いやすいダイニングチェアを選ぶポイント

ダイニングチェアを選ぶとき、こだわりたいのが「座り心地」と「使い勝手」の良さ。この記事では、どういったイスなら座り心地が良く、かつ使い勝手も良いのか?につい詳しく解説します。はじめてダイニングチェアを選ぶ方のご参考になります。

もっと読む

2020/2/15

【図解】ダイニングテーブル選びで知っておきたい1人分の食事スペース

大人1人に必要なテーブルのスペースはどのくらいの広さか?ダイニングテーブル選びで重要な、食事スペースの目安をイラスト付きで分かりやすく解説します。

もっと読む

2020/2/11

数は?サイズは?ダイニングに取り付けるペンダントライトの選び方

ペンダントライトは、シェードの大きさや形によって照らす範囲が限定されます。シェード(ペンダントライトを覆う笠)の素材もいろいろあり、その素材によって光の広がり方も変わってきます。 では、ダイニングテーブルの上に設置するペンダントライトは、どのように選べば失敗しないのか?この記事で詳しく解説します。 ペンダントライトのサイズの選び方 ペンダントライトはダイニングテーブル幅の3分の1の直径のものを選ぶ ペンダントライトは、シェードの大きさによって光の広がり方が決まります。小さいシェードのペンダントライトを選ぶ ...

もっと読む

\SHARE/

-チェア, レイアウト
-

Copyright© インテリアスタイル , 2020 All Rights Reserved.