インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家具

【図解】ベッドマットレスの一般的なサイズ一覧表

ベッドのマットレスは、幅(W:ワイド)のサイズによって「シングル」や「ダブル」などと分類されます。ここでは、ベッドマットレスのサイズを一覧でご紹介します。

ベッドマットレスのサイズ表

ベッドマットレスのサイズは、メーカーによって若干のバラつきはありますが、以下の範囲が一般的です。

分類 幅(W) 奥行(D)
セミシングル 80~85cm 195~200cm
シングル 90~110cm 200~210cm
セミダブル 120~135cm 200~210cm
ダブル 135~145cm 200~210cm
クイーン 145~155cm 200~210cm
キング 155~200cm 200~210cm

ベッドの奥行き(D)は、長さ(L)として表記することもあります。

上記以外のサイズとしては、シングルベッドを2つ組み合わせた「ツインベッド」が幅200cm×奥行210cm前後、「ベビーベッド」が幅65cm×奥行125cm×69cm前後となっています。

[スポンサーリンク]

セミシングルサイズ(最小)

セミシングルサイズベッドの寸法

セミシングルは幅80~85cm

ベッドマットレスの中でもっともコンパクトなサイズが「セミシングル」。幅は80~85cmで、狭い部屋に住んでいる1人暮らし向けのベッドマットレスです。

スペースの節約として、一般的なベッドマットレスより奥行(長さ)が10cmほど短いことがあります。

夫婦の場合、セミシングルベッドを2つ並べてツインベッドスタイルにする方法もあります。

シングルサイズ

シングルサイズベッドの寸法

シングルは幅90~110cm

セミシングルサイズの次に大きいのが「シングルサイズ」。幅は90~110cmで、人ひとりが横になり、寝返りを打っても落ちない程度のサイズです。

夫婦の場合、シングルベッドを2つ並べてツインベッドスタイルにする方法もあります。

セミダブルサイズ

セミダブルサイズベッドの寸法

セミダブルは幅120~135cm

シングルサイズの次に大きいのが「セミダブルサイズ」。幅は120~135cmで、1人で使うには余裕のあるサイズです。

人の肩幅は40cm前後で、2人で一緒に使うなら単純計算で80cm前後は必要となります。セミダブルサイズはこの80cmに少しだけ余裕のあるサイズですので、2人で一緒に寝るには少し窮屈。通常は1人で使い、たまに2人で使うときなどにおすすめです。

ダブルサイズ

ダブルサイズベッドの寸法

ダブルは幅135~145cm

セミダブルサイズの次に大きいのが「ダブルサイズ」。幅は135~145cmで、大人1人が大の字で寝られるサイズです。2人で寝るのに十分な横幅があります。

クイーンサイズ

クイーンサイズベッドの寸法

クイーンは幅145~155cm

ダブルサイズの次に大きいのが「クイーンサイズ」。メーカーによっては、ダブルサイズの次に大きいベッドマットレスを「ワイドダブル」としていることもあります。幅は145~155cm。

日本人は小柄ですので、クイーンサイズまでのベッドマットレスが一般的です。

キングサイズ(最大)

キングサイズベッドの寸法

キングは幅155~200cm

クイーンサイズの次に大きいのが「キングサイズ」。幅は155~200cm。2m以上のものもあり、ベッドマットレスの中では最大幅です。日本ではそれほど需要がないため、あまり市場に出回らないサイズです。

まとめ

ベッドマットレスのサイズは横幅(W)で次のように分類されます。

長さはいずれも200~210cm前後。寸法は、メーカーやデザインによって異なります。

ベッドマットレスを選ぶときは、実際に横になったり寝返りをしてみて、十分な横幅があることを確認してから決めましょう。

-家具

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.