ベッド 家具

【図解】ベッドマットレスの一般的なサイズ一覧表

この記事は約5分で読めます。

ベッドのマットレスは、幅(W:ワイド)のサイズによって「シングル」や「ダブル」などと分類されます。

では、どのくらいの幅になると「ダブル」などと分類されるのか?その目安となるサイズ表をご紹介します。

関連記事
夫婦2人ならダブルベッドを買うべき?シングルサイズを2つ買うべき?
夫婦2人ならダブルベッドを買うべき?シングルサイズを2つ買うべき?

夫婦2人で寝るベッドを選ぶとき、「ダブルサイズ以上のベッドを1つ買って、一緒に寝るか」それとも「シングルベッドを2つ(ツインベッド)買って、それぞれ使うか」どちらが良いか?

続きを見る

ベッドマットレスのサイズ表

ベッドマットレスのサイズは、メーカーによって若干のバラつきはありますが、以下の範囲で分類するのが一般的です。

分類 幅(W) 奥行(D)
セミシングル 80~85cm 195~200cm
シングル 90~110cm 200~210cm
セミダブル 120~135cm 200~210cm
ダブル 135~145cm 200~210cm
クイーン 145~155cm 200~210cm
キング 155~200cm 200~210cm

ベッドの奥行き(D)は、長さ(L)として表記することもあります。

上記以外のサイズとしては、シングルベッドを2つ組み合わせた「ツインベッド」が幅200cm×奥行210cm前後、「ベビーベッド」が幅65cm×奥行125cm×高さ69cm前後となっています。

[スポンサーリンク]

セミシングルサイズ(最小)

セミシングルサイズベッドの寸法

セミシングルは幅80~85cm

ベッドマットレスの中でもっともコンパクトなサイズが「セミシングル」。幅は80~85cmで、狭い部屋に住んでいる1人暮らし向けのベッドマットレスです。

スペースの節約として、一般的なベッドマットレスより奥行(長さ)が10cmほど短いことがあります。

夫婦の場合、セミシングルベッドを2つ並べてツインベッドスタイルにする方法もあります。

シングルサイズ

シングルサイズベッドの寸法

シングルは幅90~110cm

セミシングルサイズの次に大きいのが「シングルサイズ」。幅は90~110cmで、大人ひとりが横になり、寝返りを打っても落ちない程度のサイズです。

夫婦の場合、シングルベッドを2つ並べてツインベッドスタイルにする方法もあります。

セミダブルサイズ

セミダブルサイズベッドの寸法

セミダブルは幅120~135cm

シングルサイズの次に大きいのが「セミダブルサイズ」。幅は120~135cmで、1人で使うには余裕のあるサイズです。

人の肩幅は40cm前後で、2人で一緒に使うなら単純計算で80cm前後は必要となります。セミダブルサイズはこの80cmに少しだけ余裕のあるサイズですので、2人で一緒に寝るには少し窮屈。通常は1人で使い、たまに2人で使うときなどにおすすめです。

ダブルサイズ

ダブルサイズベッドの寸法

ダブルは幅135~145cm

セミダブルサイズの次に大きいのが「ダブルサイズ」。幅は135~145cmで、大人1人が大の字で寝られるサイズです。2人で寝るのに十分な横幅があります。

クイーンサイズ

クイーンサイズベッドの寸法

クイーンは幅145~155cm

ダブルサイズの次に大きいのが「クイーンサイズ」。メーカーによっては、ダブルサイズの次に大きいベッドマットレスを「ワイドダブル」としていることもあります。幅は145~155cm。

日本人は小柄ですので、クイーンサイズまでのベッドマットレスが一般的です。

キングサイズ(最大)

キングサイズベッドの寸法

キングは幅155~200cm

クイーンサイズの次に大きいのが「キングサイズ」。幅は155~200cm。2m以上のものもあり、ベッドマットレスの中では最大幅です。日本ではそれほど需要がないため、あまり市場に出回らないサイズです。

まとめ

ベッドマットレスのサイズは横幅(W)で次のように分類されます。

奥行(長さ)はいずれも200~210cm前後。寸法は、メーカーやデザインによって異なります。

体格や使い方は人それぞれですので、ベッドマットレスのサイズを選ぶときは、実際に横になったり寝返りをしてみて、十分な横幅があることを確認してから決めましょう。

関連記事
「やわらかい」と「かたい」どっちが良い?マットレスのかたさの選び方
「やわらかい」と「かたい」どっちが良い?マットレスのかたさの選び方

マットレスのかたさは、かたすぎると血行が悪くなり、やわらか過ぎると腰痛の原因になります。大事なのは、自然な寝姿勢が保てるかたさを選ぶことです。

続きを見る

[スポンサーリンク]

あせて読みたい

【図解】ベッド配置にはどのくらいスペースが必要?大きさ別に解説
【図解】ベッド配置にはどのくらいスペースが必要?大きさ別に解説

2020/3/21    

ベッドの大きさ別に、配置に必要なスペースを解説します。「シングルベッド1台」「ダブルベッド」「シングルベッド2台をくっつける」「シングルベッド2台を離す」の4つのパータン別に必要なスペースをイラスト付きでご紹介するので、寝室の家具配置のご参考に。

寝室の家具配置のコツは?レイアウトのポイントと例を徹底解説!
寝室の家具配置のコツは?レイアウトのポイントと例を徹底解説!

2020/3/28    

寝室は、くつろげる空間を演出するのがポイント。ベッドのまわりにはスペースをあけて開放感ある空間にした方が、動作の妨げにならず、ゆとりが生まれます。

6畳・8畳・10畳の寝室の家具配置例

2020/3/26    

寝室の家具配置の例をイラストで解説。6畳・8畳・10畳それぞれの広さの寝室で、ダブルベッド1台と、シングルベッド2台を配置したときのイメージをご紹介します。

【図解】ベッドまわりにはどれくらいのスペースをあけるべきか?
【図解】ベッドまわりにはどれくらいのスペースをあけるべきか?

2020/3/17    

ベッドまわりは、ベッドメイキングや通路として、また通気性を確保するためにもスペースに余裕をもって家具を配置する必要があります。

あなたへのおすすめ

シーリングライトは不要!寝室におすすめの照明器具はこの4つ

2020/2/11

シーリングライトは不要!寝室におすすめの照明器具はこの4つ

寝室にはシーリングライトのようなまぶしい光は必要ありません。調光タイプを選べば明るさを落とすこともできますが、そのときの動作によっては明るさが足りなかったり、雰囲気としても良くありません。 では、寝室にはどんな照明器具を選ぶべきなのでしょうか?そこでこの記事では、寝室におすすめの照明器具をご紹介します。 寝室にシーリングライトは不要! 寝室の天井部分にシーリングライトを設置する例も多く見受けられますが、特別な理由を除いて、設置する必要性はありません。 ベッドルームは少し暗く感じるくらいの照明の方がくつろぎ ...

もっと読む

2020/2/11

ぐっすり寝る!スムーズな睡眠を促す寝室照明の3つのポイント

「夜、なかなか眠れない」と悩むなら、照明を見直してみてください。どんな光で過ごしてからベッドに入るか?で入眠のスムーズさや睡眠の質が変わってきます。 たとえば、天井のシーリングライトの青白い光をたくさん浴びてからベッドに入ると、頭が冴えてなかなか寝付けません。 そんな悩みを解決するために、この記事ではスムーズな入眠を促すための照明のポイントをご紹介します。 光源が直接目に入らないようにする 寝室の照明は、ベッドに横になったときに光源が直接目に入らないように計画をします。 シーリングライトは、天井からまぶし ...

もっと読む

寝室に適した照明の光色はオレンジか?それとも白か?

2020/2/7

寝室に適した照明の光色はオレンジか?それとも白か?

寝室に適した照明の光色は、電球色の「オレンジ色」か、それとも昼光色の「白色」か?どちらが良いのか、解説します。

もっと読む

寝室の天井にダウンライトを設置するときの注意点

2020/2/11

寝室の天井にダウンライトを設置するときの注意点

器具自体が目立たなく、天井をすっきり見せられる「ダウンライト」。光が真下に向かって広がるため、寝室にダウンライトを取り付ける場合は注意が必要です。

もっと読む

\SHARE/

-ベッド, 家具
-

Copyright© インテリアスタイル , 2020 All Rights Reserved.