ベッド 家具

ベッドフレームのデザイン選びでチェックすべきはこの3カ所

この記事は約5分で読めます。

2019-09-27

ベッドフレームのデザイン選びでチェックすべきはこの3カ所
インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター

インテリアの専門学校「町田ひろ子アカデミー」を卒業後、家具屋「ACTUS」に勤務。現在はインテリアコーディネーターとして活動中。

ベッドフレームを選ぶときにポイントとなるのが

の3つデザイン。それぞれの選び方について解説します。

関連記事
「やわらかい」と「かたい」どっちが良い?マットレスのかたさの選び方
「やわらかい」と「かたい」どっちが良い?マットレスのかたさの選び方

マットレスのかたさは、かたすぎると血行が悪くなり、やわらか過ぎると腰痛の原因になります。大事なのは、自然な寝姿勢が保てるかたさを選ぶことです。

続きを見る

ベッドフレームの脚のデザインの種類

ベッドフレームの脚のデザインは3パターン

ベッドフレームの脚部分は、大きく

の3つに分類できます。

脚付きタイプ

脚付きのベッドフレームは、ベッド下の掃除がしやすく、見た目もスッキリ。ベッド下を掃除することを考えると、掃除機のヘッドが入るか確認をしてください。

ベッド下は、あとから収納ケースを買いそろえて、収納スペースとして使うことも可能です。

脚のない(床に直置き)タイプ

脚のないベッドフレームは、床に直置きすることになります。脚がない分、圧迫感がなく部屋が広く見えます。ただし、通気性が悪いと湿気でカビてしまうので注意。

収納付きタイプ

ベッド下に収納があるタイプのベッドフレームは、寝具を収納できるので便利。ただし、通気性が悪くなると同時に、掃除がしにくくなる欠点があります。

マンションは湿気が少ないため収納付きベッドにしても良いでしょう。

[スポンサーリンク]

ベッドフレームのヘッドボードのデザイン

ベッドフレームのヘッドボードのデザインの種類

ベッドフレームのヘッドボードのデザインは3パターン

人がベッドで横になったとき、頭側にあるフレームの板を「ヘッドボード」と言います。

ベッドフレームの種類としては、

などがあります。

ヘッドボードがあるタイプ

ヘッドボードは装飾的な役割を担いますが、枕落ち防止やマットレスのカバーがズレるのを防ぐといった機能的な役割もあります。スペースに余裕があるなら、ヘッドボードがあるタイプをおすすめします。

狭い寝室でヘッドボードがあるタイプを選ぶときは、床に対して垂直に立っているデザインを選ぶと省スペースになります。

ヘッドボードがないタイプ

ワンルームなど寝室が狭い場合、ヘッドレス(ヘッドボードがない)タイプがおすすめ。ボードがないためデザインがスッキリして見え、雑多なイメージのワンルームにもなじみやすいメリットがあります。

ベッドカバーで覆ったり、クッションで飾ればソファとしても使えます。

収納棚になっているタイプ

ヘッドボードの上の部分が幅広で小物置きスペースになっていたり、厚みがあって収納棚になっているタイプもあります。

通常、ベッドの横にはナイトテーブルを置いて、そこに照明やスマートフォンや本を置きますが、ナイトテーブルを置くスペースがなければ、収納棚になっているヘッドボードを選ぶと便利です。

ベッドフレームのフットボードのデザイン

ベッドフレームのフットボードのデザインの種類

ベッドフレームのフットボードのデザインは2パターン

人がベッドで横になったとき、足側にあるフレームの板を「フットボード」と言います。ヘッドボードの反対側にあるフレームです。

フットボードの種類は、

のどちらかです。

フットボードがないタイプ

フットボードがないタイプのベッドフレームを「ハリウッドスタイル」と呼びます。フットボードがない方がベッドメイキング(ベッドシーツを変えるなどの作業)がしやすく、見た目もスッキリしています。

フットボードがあると少し部屋が狭く見えてしまうデメリットもあるため、通常はフットボードがないタイプを選びます。

フットボードがあるタイプ

フットボードは装飾的な役割のほか、掛け布団を落ちにくくする機能を持っています。欧米に比べて居住スペースの狭い日本では、スペースの関係からフットボードがあるタイプはあまり見かけません。

まとめ

ベッドフレームを選ぶときにチェックしたいのが

の3カ所。

ベッドフレームは、掃除のしやすさを考慮して脚付きタイプを選ぶと良いです。寝室に収納が足りないのなら収納付きを選ぶと便利。

ヘッドボードは、床に対して垂直になっているものが省スペースになります。ナイトテーブルが置けないなら棚付きに。ワンルームなど狭い部屋ではインテリアになじみやすいヘッドレストタイプを選ぶと良いでしょう。

フットボードはあった方が掛け布団がズレにくいメリットがあり、なければベッドメイキングがしやすいメリットがあります。

ご自身のライフスタイルにあわせて、最適なベッドフレームを選びましょう。

関連記事
【図解】ベッドマットレスの一般的なサイズ一覧表

ベッド・マットレスの標準的なサイズを表にまとめました。最小のセミシングルから、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、最大のキングまでの各サイズをイラストで解説。

続きを見る

[スポンサーリンク]

あわせて読みたい

家具選びで失敗しないためのポイント3つ
家具選びで失敗したくない人が絶対におさえるべきポイント3つ

2020/4/29  

衝動的に家具を買ってしまうと、結局 使わず仕舞いになってしまうことも。そんな失敗を避けるために、家具購入前に絶対におさえるべき選び方のポイントを3つご紹介。

寝室の家具配置のコツは?レイアウトのポイントと例を徹底解説!
寝室の家具配置のコツは?レイアウトのポイントと例を徹底解説!

2020/3/28    

寝室は、くつろげる空間を演出するのがポイント。ベッドのまわりにはスペースをあけて開放感ある空間にした方が、動作の妨げにならず、ゆとりが生まれます。

【図解】ベッド配置にはどのくらいスペースが必要?大きさ別に解説
【図解】ベッド配置にはどのくらいスペースが必要?大きさ別に解説

2020/3/21    

ベッドの大きさ別に、配置に必要なスペースを解説します。「シングルベッド1台」「ダブルベッド」「シングルベッド2台をくっつける」「シングルベッド2台を離す」の4つのパータン別に必要なスペースをイラスト付きでご紹介するので、寝室の家具配置のご参考に。

あなたへのおすすめ

シーリングライトは不要!寝室におすすめの照明器具はこの4つ

2020/2/11

シーリングライトは不要!寝室におすすめの照明器具はこの4つ

寝室にはシーリングライトのようなまぶしい光は必要ありません。調光タイプを選べば明るさを落とすこともできますが、そのときの動作によっては明るさが足りなかったり、雰囲気としても良くありません。 では、寝室にはどんな照明器具を選ぶべきなのでしょうか?そこでこの記事では、寝室におすすめの照明器具をご紹介します。 寝室にシーリングライトは不要! 寝室の天井部分にシーリングライトを設置する例も多く見受けられますが、特別な理由を除いて、設置する必要性はありません。 ベッドルームは少し暗く感じるくらいの照明の方がくつろぎ ...

もっと読む

ベッドのすのこのカビの除去方法

2020/2/10

ベッドのすのこにカビが発生!対処法は?

ベッドフレームのすのこにカビが発生した時の除去方法をご紹介します。

もっと読む

寝室に適した照明の光色はオレンジか?それとも白か?

2020/2/7

寝室に適した照明の光色はオレンジか?それとも白か?

寝室に適した照明の光色は、電球色の「オレンジ色」か、それとも昼光色の「白色」か?どちらが良いのか、解説します。

もっと読む

寝室の天井にダウンライトを設置するときの注意点

2020/7/3

寝室の天井にダウンライトを設置するときの注意点

器具自体が目立たなく、天井をすっきり見せられる「ダウンライト」。光が真下に向かって広がるため、寝室にダウンライトを取り付ける場合は注意が必要です。

もっと読む

-ベッド, 家具
-

© 2020 インテリアスタイル