インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

レイアウト

【図解】ダイニングの家具配置に必要なスペースとレイアウトのポイント

【図解】ダイニングの家具配置に必要なスペースとレイアウトのポイント

ダイニングはテーブルとイスをセットで配置しますが、まわりに十分なスペースがないと無駄な動きが多くなりストレスに。

では、テーブルのまわりにはどれくらいの間隔を空けておくべきなのか?この疑問を解決すべく、家具配置に必要なスペースの例やポイントをイラスト付きで詳しく解説します。

引っ越しや模様替えでダイニングの家具配置に困っている方、テーブルのまわりにどれくらいスペースを空ければよいか困っている方のご参考になれば幸いです。

ダイニングの家具配置のポイント

ダイニングの家具配置のポイント

空間全体のポイント

ダイニングは、キッチンでつくった料理をスムーズに運べる動線(室内の人が通るルート)や、立ち座りのときにイスが自由に動かせるスペースの確保が必要です。

まずはダイニングテーブルの大きさを決め、その周りに立ち座りや配膳のためのスペースをあけるように配置すると、使いやすいダイニングになります。

ダイニングセットからキッチンが見える

食事のとき目線の先にキッチンが見えると落ち着かない

イスに座ったときの視線の届き方にも注意。ダイニングからキッチンが直接見えてしまうと煩雑な印象になりがちです(上図)。

ダイニングセットからキッチンが見えない

食事のとき目線の先にキッチンがないよう配置する

キッチンに対してダイニングチェアを垂直に配置する(上図)などして、食卓に座ったときにキッチンが直接見えないようにすると良いでしょう。

テーブル配置のポイント

1人分の食事スペース

食事スペースは1人あたり幅60奥行40cm

ダイニングスペースのベースとなるのがテーブルの大きさ。食べるときに隣の人とぶつからない大きさのテーブルを用意するのが基本です。1人に必要なテーブルのスペースは幅60~70cm×奥行40~50cm。家族の人数分に加え、少し余裕を持たせた大きさのテーブルを配置しましょう。

テーブルの形状にも注目。同じ大きさのテーブルでも、正方形・長方形よりも円形の方が余計にスペースが必要となるので注意してください。

テーブルまわりの配置のポイント

ダイニングセットとそのまわりにあけるべきスペースの寸法

イスを引いて腰かけるには75cm、腰かけている人の後ろを通るには100cmほどあける

ダイニングテーブルの大きさが決まったら、料理をスムーズに運ぶための動線や、立ち座りのときにイスが自由に動かせるスペースをあけてダイニングセットを配置します。

立ったり座ったりするために必要なスペースは、テーブルから壁または家具の間に60~75cmは必要です。イスに座っている人の後ろを通路にしているのなら、テーブルから1m以上のスペースが必要です。

これ以上スペースを詰めてしまうと、無駄な動きが多くなり使いにくいダイニングになってしまいます。

ダイニングセットの家具配置のスペース

ダイニングテーブルとダイニングチェアの配置に必要なスペースを、人数別にご紹介します。

2人掛けダイニング

2人掛けのテーブルを壁から離して置くのに必要なスペース

2人掛けのテーブルを壁から離して置くなら230cm×200cmは必要

2人掛けのダイニングテーブルは、夫婦やカップルが食事するときに最低限必要な大きさです。食事以外にも作業用に使うのであれば、4人掛けの大きなテーブルをおすすめします。

2人掛けのテーブルを壁に寄せた場合に必要なスペース

2人掛けのテーブルを壁に寄せるなら230cm×140cmは必要

部屋が狭くスペースを節約したい場合、テーブルを壁に寄せます。通路が塞がれてしまいますが、スペースを広く使うのには有効です。

4人掛けダイニング

4人掛けのテーブルを壁から離して置くのに必要なスペース

4人掛けのテーブルを壁から離して置くなら230cm×255cmは必要

4人掛けのダイニングテーブルは、夫婦やお子さんのいる家族が食事するときに必要な大きさです。広めのダイニングテーブルであれば、子どもが勉強をしたり、奥さんが裁縫をしたりと多用途に使えます。

円形の4人掛けのテーブルを壁から離した場合に必要なスペース

4人掛けの円形のテーブルを置くなら250cm×250cmは必要

円形のテーブルは長方形よりも多くのスペースを必要とします。壁付けもできずレイアウトも限られてしまうため、スペースに余裕がないのならあまりおすすめはできません。

6人掛けダイニング

イスを6人掛けのテーブルの長辺にだけ置くのに必要なスペース

イスを6人掛けのテーブルの長辺にだけ置くなら235cm×300cmは必要

大家族やホームパーティの開催が多い家庭は、6人掛けのダイニングセットがおすすめ。

壁付けすると省スペースにはなりますが、大人数が使う場合は動線(室内の人が通るルート)をなるべく塞がない方が良いので、壁から離して配置しましょう。

イスをたくさん置いたり買ったりする余裕がなければ、1辺をベンチにすると省スペースで座る人数にも融通が利きます。

イスを6人掛けのテーブルの四方に置くのに必要なスペース

イスを6人掛けのテーブルの四方に置くなら235cm×330cmは必要

アームチェア(ヒジ置きの付いたイス)を置きたい場合は、1つひとつのイスが幅をとるため、上図のように配置して余裕を持たせると良いでしょう。

イスの立ち座りに必要なスペース

イスを引くために必要なスペースは60cm

イスから立ち座りするときは最低60cmのスペースが必要

イスを引いて腰を掛けるには、最低でも60cmのスペースが必要です。テーブルから最低60cm確保しないと、ダイニングテーブルやデスクのイスから立ち座りするときにスムーズに動作ができません。

座っている人の後ろを通るには60cm必要

座っている人の後ろを通るには60cm、テーブルからは1mあける必要がある

腰を掛けている人の後ろを通るには、最低60cmのスペースが必要です。

60cmより狭いと、イスに座っている人の後ろを通って食事を運ぶ際に、食器類が座っている人の頭上にぶつかることがあります。これを避けるためには頭にぶつからないようにお互い(座っている人も、通過する人も)気を配りながら通過する必要があり、これでは通るたびにストレスです。

座っている人の後ろを通路にするなら最低でも60cm、余裕があれば90cmのスペースを確保しましょう。

まとめ

ダイニングの家具配置のポイントまとめ

ダイニングの家具配置で重要なのが、テーブルまわりのスペースを確保すること。食事の支度をするときの動線がスムーズか?人が席についている状態でも配膳の準備がストレスなくできるか?が重要です。

立ったり座ったりするには、テーブルから家具または壁まで最低でも60cmはあけます。その後ろを人が通るなら、テーブルから家具または壁まで100cmはあけてください。部屋が狭い場合は、テーブルを壁付けにすると必要な面積が狭まって、部屋が広く使えるようになります。

ダイニングセットを配置するとき、座ったときの視線も気にしてください。座ったときに散らかったキッチンや背の高い家具が近くに見えると雰囲気が台無しです。ダイニングセットの向き、まわりの家具との調和を考えながらレイアウトしましょう。

-レイアウト

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.