ソファ 家具

ソファでくつろぐために必要な座面幅は1人あたり何cm?

2019-09-14

ソファでくつろぐために必要な座面幅は1人あたり何cm?

インテリアコーディネーター

インテリアの専門学校「町田ひろ子アカデミー」を卒業後、インテリアショップに勤務。現在はインテリアコーディネーターとして活動中。

ソファでくつろぐために必要な座面幅は1人あたり60cm前後。この幅より狭いと、ソファに座ったときに窮屈さを感じてしまいます。アーム付きのソファだと、ヒジ置きの幅が必要となるので幅90cm程度が必要です。

あわせて読みたい

座面のかたさは?長時間座っていても疲れにくいソファ選びのポイント
座面のかたさは?長時間座っていても疲れにくいソファ選びのポイント

2021/2/12    

ソファの座り心地を左右するのが、座クッションと背クッションの固さと座面の高さ。長時間座っても疲れにくいクッションは、どのくらいの固さか?座面はどのくらいの高さなら疲れにくいのか?解説します。また、ソファにアームが付いていた方が良いのか?も解説します。

その選び方で大丈夫?ソファ選びでやりがちな4つの失敗例
その選び方で大丈夫?ソファ選びでやりがちな4つの失敗例

2020/12/18  

ソファ選びでありがちな、よくある失敗例を4つご紹介。こんな選び方だと買ってから後悔するかも?

ソファの張り地は「布地」「天然皮革」「合成皮革」のどれが良いか?
ソファの張り地は「布地」「天然皮革」「合成皮革」のどれが良いか?

2021/2/11    

ソファの張り地(座クッションや背クッションに張られる生地)は「布地」「天然皮革」「合成皮革」の3種類あります。この張り地の違いは何か?それぞれの特徴とメリット・デメリットをご紹介。

失敗しない!ソファの正しい選び方
失敗しない!ソファの正しい選び方

2021/2/11    

どのくらいの大きさのソファを選ぶべきか?どんな座り心地のソファを選ぶべきか?どの張り地のソファを選ぶべきか?元家具屋がイラスト付きで分かりやすく解説。

ソファの座面幅は1人60cmが基準

ソファの1人あたりに必要な座面幅

1人あたり幅60cmは必要

ソファでくつろぐために必要な座面幅は1人あたり60cm前後

2人掛けなら60cm×2の幅120cm、3人掛けなら60cm×3の幅180cmは必要です。この座面幅より狭いと、ソファに座ったときに窮屈さを感じてしまい、くつろげません。

部屋の広さに目を向けると小さい、コンパクトなソファを選びがちですが、座る人数をきちんと把握し、その人数分の座面幅のあるソファを選ぶことが大切です。小さめのソファを選ぶと、くつろげないので座らなくなります。

[スポンサーリンク]

サイズ表記は「外寸」であることに注意

カタログに記載のあるソファのサイズは、基本的に「内寸(ソファ内側のサイズ)」ではなく「外寸(ソファ外側のサイズ)」です。

アーム付きのソファを購入する場合、外寸だけを見て決めてしまうと、座ったときに思ったより幅が狭いと感じることがあります。

座面幅が狭いソファに座る男女

外寸で幅120cmのソファに2人座ると狭い

たとえば、幅120cm(W120cm)と表記のあるアーム付きの2人掛けソファは、アーム幅を除いた内寸は100cm以下となり、2人で並んで座ったときにかなり窮屈に感じます(上図)。

ですので、アーム付きソファは外寸ではなく、内寸をきちんと測りましょう。

1人・2人・3人掛けソファの幅

ソファの横幅は座る人数で決まる

外寸で言うと、

  • 1人掛けソファ:幅80~90cm
  • 2人掛けソファ:幅160~180cm
  • 3人掛けソファ:幅210~240cm

が目安となります。

ただ、アームの幅もさまざまで、ワイドアームやスリムアームタイプだと上記の目安通りにはなりません。

ですので、ソファ選びはやはり実物に座ったり内寸を測って検討することをおすすめします。

売り場のサイズ感に注意

小さく見える売り場のソファ

家具屋の売り場に置かれているソファは意外と小さく見えるもの。開かれた広い空間にソファが置かれているため、目の錯覚で実際よりも小さく見えるのです。

きちんとサイズを測らないでソファサイズを決めてしまうと、部屋に置いたときに売り場で見たときよりも大きく感じ、部屋が狭く感じることがあります。注意しましょう。

まとめ

ソファの座面幅は1人あたり60cm前後が必要です。2人掛けなら60cm×2+アーム幅(ヒジ置きの幅)が必要です。

カタログのソファのサイズ表記は外寸(ソファの外側の寸法)ですので、実際に座ったりして窮屈ではないか?座面幅は十分か?をきちんとチェックしましょう。

関連記事
ソファに座る人の奥行き
ソファの座面の奥行きは何cm必要か?

ソファの奥行きが狭いと、背もたれが直角になり、座ったときにくつろぎにくくなります。では、ソファの奥行きは何cm必要なのか?内寸と外寸で詳しく解説します。

続きを見る

あなたへのおすすめ

【図解】はじめてのソファサイズの選び方

2021/2/12

【図解】はじめてのソファサイズの選び方

ソファサイズの正しい選び方を図解。ソファのサイズを選ぶには、1人が座るのに必要な幅や奥行を知っておく必要があります。どれくらいの幅があれば良いのか?どのくらいの奥行きがあれば良いのか?解説します。

もっと読む

【図解】リビングの家具配置の例とレイアウトのポイント

2021/2/2

【図解】リビングの家具配置の例とレイアウトのポイント

リビングで主役になる家具「ソファ」「リビングテーブル」「テレビボード」のレイアウトのポイントと配置例をイラストで解説。ソファとリビングテーブルはどのくらい間隔をあけるべきか?ソファはどんな配置パターンがあるか?詳しくご紹介します。

もっと読む

家具選びで失敗しないためのポイント3つ

2021/1/19

家具選びで失敗したくない人が絶対におさえるべきポイント3つ

衝動的に家具を買ってしまうと、結局 使わず仕舞いになってしまうことも。そんな失敗を避けるために、家具購入前に絶対におさえるべき選び方のポイントを3つご紹介。

もっと読む

リビングテーブルの選び方の基本

2021/2/9

リビングテーブルの選び方の基本

ソファとセットで選ぶことの多いリビングテーブル。高さや天板の材質などは、何を基準に選べば良いのか?解説します。リビングテーブルをはじめて選ぶ方はぜひ参考にしてください。

もっと読む

オレンジ?それとも白?リビング照明の光色の選び方

2021/1/13

オレンジ?それとも白?リビング照明の光色の選び方

照明の光色は大きく分けて「オレンジ色」と「白色」の2色あります。では、リビングルームにおいてはどっちの光の色を選ぶべきなのか?リビングの光色選びのポイントを解説します。

もっと読む

照明でリラックスしたリビングを演出する4つの工夫

2021/1/12

照明でリラックスしたリビングを演出する4つの工夫

リビングルームを照明でリラックスした雰囲気にする4つのコツをご紹介。特別な工事をしなくても電球を変えたり照明器具を足すだけですぐに実践できるので、リビングの模様替えをしたい方はぜひチェックしてください。

もっと読む

関連記事と広告

-ソファ, 家具
-

© 2021 インテリアスタイル