インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家具

ソファでくつろぐために必要な座面幅は1人あたり何cm?

ソファでくつろぐために必要な座面幅は1人あたり60cm前後。この幅より狭いと、ソファに座ったときに窮屈さを感じてしまいます。アーム付きのソファだと、ヒジ置きの幅が必要となるので幅90cm程度が必要です。

ソファの座面幅は1人60cmが基準

ソファの1人あたりに必要な座面幅

1人あたり幅60cmは必要

ソファでくつろぐために必要な座面幅は1人あたり60cm前後。2人掛けなら60cm×2、3人掛けなら60cm×3くらいは必要です。この幅より狭いと、ソファに座ったときに窮屈さを感じてしまいます。

部屋の広さに目を向けると小さいソファを選びがちですが、座る人数をきちんと把握し、その人数分の座面幅があることを把握することが大切です。

[スポンサーリンク]

サイズ表記は「外寸」であることに注意

カタログに記載のあるソファのサイズは、基本的に「内寸(ソファ内側のサイズ)」ではなく「外寸(ソファ外側のサイズ)」です。

アーム付きのソファを購入する場合、外寸だけを見て決めてしまうと、座ったときに思ったより幅が狭いと感じることがあります。

座面幅が狭いソファに座る男女

外寸で幅120cmのソファに2人座ると狭い

たとえば、幅120cm(W120cm)と表記のあるアーム付きの2人掛けソファは、アーム幅を除いた内寸は100cm以下となり、2人で並んで座ったときにかなり窮屈に感じます(上図)。

ですので、アーム付きソファは外寸ではなく内寸をきちんと測りましょう。

1人・2人・3人掛けソファの幅

ソファの横幅は座る人数で決まる

外寸で言うと、

  • 1人掛けソファ:幅80~90cm
  • 2人掛けソファ:幅160~180cm
  • 3人掛けソファ:幅210~240cm

が目安となります。

ただ、アームの幅にもよっては狭く感じることもあるので、やはり実物に座ったり内寸を測って検討することをおすすめします。

売り場のサイズ感に注意

家具屋さんの売り場に置かれているソファは意外と小さく見えるもの。開かれた広い空間にソファが置かれているため、目の錯覚で小さく見えるのです。

きちんとサイズを測らないでソファを決めてしまうと、部屋に置くと売り場で見たときより大きく感じるので注意しましょう。

まとめ

ソファ座面幅は1人あたり60cm前後が必要です。2人掛けなら60cm×2+アーム幅(ヒジ置きの幅)が必要です。

カタログのソファのサイズ表記は外寸(ソファの外側の寸法)ですので、実際に座ったりして座面幅をよくチェックしましょう。

-家具

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.