インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

レイアウト

【図解】ベッドまわりにはどれくらいのスペースをあけるべきか?

【図解】ベッドまわりにはどれくらいのスペースをあけるべきか?

ベッドまわりにはある程度のスペースを空けて配置しないと、ベッドメイキング寝室内の移動などの動作がしにくくなってしまいます。

では、どれくらいの間隔をあけるべきなのか?その目安となる寸法を図解します。寝室にベッドやその他の家具を配置する方のご参考になれば幸いです。

ベッドメイキングに必要なスペース

ベッドを壁に寄せるなら10cmは空ける

ベッドを壁に寄せるなら10cmは空け、ベッドの前には30~40cm前後あける

ベッドを配置する際、必ず配慮しなければならないのがベッドメイキングのスペース。これを無視して適当に配置してしまうと、シーツを変える作業が面倒に思い不衛生な環境を生みます。

ベッドメイキングに必要なスペースは、壁からは最低10cm以上離し、手前には30~40cmくらいです。少なくともベッドの前後にこれくらいのスペースは確保しておきたいところ。

狭い寝室の場合、ベッドの側面を壁に寄せて配置することがありますが、壁に接するとベッドメイキングがしにくいほか、掛け布団がずり落ちやすくなり、通気性も悪くなります。必ず、壁からは最低10cm以上離して配置してください。

ベッドまわりの通路に必要なスペース

ベッドまわりの通路としては50cm前後が必要

ベッドのまわりを通路にするならベッドから壁まで50cm前後あける

ベッドまわりの通路として必要なスペースは50cm前後です。

通常、動線(室内の人が通るルート)として、人ひとりが正面向きで通る場合は60cmほどの通路幅を確保する必要があります。ですが、寝室は他の部屋のように動き回る部屋ではないため、通路幅は最小限の50cm前後あれば十分。

クローゼットや収納家具がある場合は、物を出し入れするためのスペースが必要です。

ベッドとクローゼットの間に必要なスペース

ベッドとクローゼットの間は90cm前後あける

ベッドとクローゼットの間は物を出し入れするために90cm前後あける

寝室にクローゼットや収納家具があるなら、ドアの開閉や物を出し入れするためのスペースが必要です。

開き戸のクローゼットはベッドとの間に90cm程度の間隔をあけます。引き戸や折り戸タイプなら50~60cmほどで問題ありません。

間隔が狭くなると、十分に開閉できなくなり物の出し入れが困難になるので気を付けましょう。

ベッドと家具の間に必要なスペース

寝室に

を配置する場合の、ベッドとの間に必要なスペースを解説します。

チェスト

ベッドとチェストの間には75cmのスペースが必要

ベッドとチェストは75cmあける

寝室にチェストを配置するなら、引き出すスペースと人がかがむためのスペースが必要となるため、ベッドとチェストの間は75cmくらいあけます。

オープン棚

ベッドとオープンシェルフの間には50cmのスペースが必要

ベッドとオープン棚(本棚など)は50cmあける

寝室にオープン棚(引き出しのないタイプの棚。本棚など)を配置するなら、引き出し分のスペースは必要ないのでベッドとオープン棚の間は50~60cmくらい開ければ大丈夫です。本棚など背の高い家具は地震で転倒しないよう固定しましょう。

デスク

ベッドとデスクの間には110cmのスペースが必要

ベッドとデスクは110cmあける。座っている人の後ろを通らないなら70cmあける

寝室にデスクを配置するなら、デスクとベッドとの間は110cmあれば良いでしょう。1人がデスクに腰をかけていても、もう1人が後ろを通ることができます。後ろを通路として使用しないのであれば、デスクとベッドとの間は70cmで大丈夫です。

まとめ

ベッドのまわりには、ベッドメイキングや通路として、また通気性を確保するためにもスペースをあける必要があります。

以下は、ベッドのまわりに空けるべきスペースの目安です。

  • ベッドから壁の間(壁付け):10cm
  • ベッドから壁の間(通路):50cm
  • ベッドからクローゼットの間(開き戸):90cm
  • ベッドからクローゼットの間(引き戸):50cm
  • ベッドからチェストの間:75cm
  • ベッドからオープンシェルフ(本棚など)の間:50cm
  • ベッドからデスクの間(座っている人の後ろを通る場合):110cm
  • ベッドからデスクの間(座っている人の後ろを通らない場合):70cm

この間隔を目安に、動作の妨げにならないよう家具を配置し、ゆとりのある寝室にしましょう。

-レイアウト

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.