インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家具

ソファの張り地は「布地」「天然皮革」「合成皮革」のどれが良いか?

ソファの張り地は「布地」「天然皮革」「合成皮革」のどれが良いか?

 ソファの張り地(座部分や背部分に張られる生地)は、大きく

  1. 布地(ぬのじ)
  2. 天然皮革(てんねんひかく)
  3. 合成皮革(ごうせいひかく)

の3種類に分けられます。

どれを選べば良いか?はライフスタイルやインテリアによります。それぞれのメリット・デメリットをご紹介するので、ご自身の生活に合った張り地を選びましょう。

布地のソファを選ぶメリット・デメリット

布地のソファのメリット・デメリット

ソファの張り地でおすすめなのが布地(織物)。

布地のソファは使用年数とともに徐々に劣化していきますが、カバーリングタイプ(カバーが外せるタイプ)を選んで定期的にクリーニングし、ある程度の年数が経過したら買い替えれば美しさをキープできます。

布地で気になるのが液体汚れですが、撥水スプレーを定期的にかければ染み込みを防止できます。

布地のメリット

  • 色・柄・材質が豊富
  • 手触りがあたたか
  • カバーリングタイプを選べば洗える
  • 天然皮革に比べて安価
  • 通気性に優れている
  • 防汚・防火・防水機能などの加工ができる

布地のソファは天然皮革に比べて色や柄がさまざま。インテリアや色の好みに合わせて選べます。ソフトな触り心地と掛け心地が快適です。

素材はいろいろありますが、太い糸で密に織られていれば丈夫で長持ちします。

布地のデメリット

  • ゴミやほこりが付きやすい
  • 液体汚れが染みやすく目立ちやすい
  • 使用年数に応じて劣化する

布地のソファは、ゴミやほこりが繊維に絡まりやすいデメリットがあります。使用年数とともに汚れるデメリットもあります。

小さいお子さんがいる家庭は汚れが気になると思うので、汚れやすい布地はおすすめできません。汚れに強い合成皮革をおすすめします。成長したら、布地のソファに買い替えるのが良いでしょう。

[スポンサーリンク]

天然皮革のソファを選ぶメリット・デメリット

天然皮革のソファのメリット・デメリット

天然皮革(てんねんひかく)のソファは高価ですが耐久性があり、使うほどに味わいが出ます。多少の汚れや傷も、それが深みに変わります。

天然皮革の種類

天然皮革にも「牛皮(ぎゅうひ)」と「豚皮(ぶたがわ)」があります。

牛皮は高価ですが表面がなめらかで丈夫。見た目に重厚さがありおすすめ。生後6カ月以内の牛皮はカーフと言い高級品です。

豚皮は皮としては下級品。表面に傷あとが多く、毛根による貫通孔があります。摩擦には強く安価ですが、強度と見た目で考えるとおすすめはできません。

天然皮革のメリット

  • 吸湿性・通気性・耐熱性に優れている
  • 繊維に方向性がなく伸び縮みが均一
  • 染色性に優れ色味に深みがある
  • 見た目に高級感がある
  • 静電気が発生しない
  • 経年変化を楽しめる
  • 液体汚れをはじく

天然皮革のソファは吸湿性・通気性・耐熱性に優れているため、座ったときに蒸れたり汗をかいたりしません。布地のように繊維に方向性がないため伸縮も均一。上品で落ち着いた美しさを持っています。

天然皮革のデメリット

  • 高い
  • 手入れが必要
  • 座ったときに冷たい
  • 質の悪い物もあり見極めが難しい

天然皮革のソファは高価です。安価な皮もありますが、質が悪いため選ぶべきではありません。

合成皮革のソファを選ぶメリット・デメリット

合成皮革のソファのメリット・デメリット

合成皮革(ごうせいひかく)とは、天然の皮に似せて作られた、人口の皮のこと。

塩化ビニールを発泡させて、そのシートをメリヤス織の基布に接着した「ビニールレザー」などがあります。

合成皮革のメリット

  • 変退色しない
  • 色の幅が広い
  • 厚みがあり弾力がある
  • 水や汚れに強い
  • 安い
  • 品質が均一
  • 手入れが不要

合成皮革のソファは、手入れ不要で水や汚れにかなり強いメリットがあります。小さい子どもや犬などのペットがいる家庭に便利。汚れに気を使うことがありません。

合成皮革のデメリット

  • 通気性・吸湿性が悪い
  • 手触りがややかたい
  • ほころびの修復が難しい
  • 見た目が安っぽい

天然皮革のソファに比べ、合成皮革は見た目が安っぽく、触ったときの感触がかたい印象があります。通気性が悪く、汗で蒸れやすいデメリットもあります。室内の温度・湿度が高いと座ったときに汗で気持ちが悪いと感じます。

まとめ

 ソファの張り地は

  1. 布地(ぬのじ)
  2. 天然皮革(てんねんひかく)
  3. 合成皮革(ごうせいひかく)

の3種類あります。

張り地選びで迷ったら、オーソドックスな「布地」をおすすめします。カバーリングタイプを選べば布地のデメリットをほぼ解消できため快適です。

天然皮革は高価ですが耐久性があり、使うほどに味わいが出ます。予算に余裕があり、長く使うことを前提として買うのなら天然皮革のソファをおすすめします。

皮のソファが欲しいけど、予算に余裕がない、または子どもやペットがいて汚れや傷が気になる場合は合成皮革を選ぶと良いでしょう。

-家具

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.