インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

レイアウト

寝室の家具配置のコツは?レイアウトのポイントと例を徹底解説!

寝室の家具配置のコツは?レイアウトのポイントと例を徹底解説!

寝室はベッドの占める面積が大きく、ベッドをどこに、どんな向きで配置するか?が重要です。そこでこの記事では、寝室の家具配置のコツからレイアウトの例までイラスト付きで徹底解説します。

寝室の家具配置のコツ

寝室の家具配置のポイント

寝室の家具配置の例を紹介する前に、まずはポインントを解説します。

全体のポイント

寝室はただ寝るための空間ではなく、くつろげる空間を目指すのがポイント。

くつろげる空間にするためには、空間のゆとりが大切。家具をテトリスのように寝室いっぱいに配置してしまうと窮屈になり、心理的安心感も失われます。ベッド以外の家具は、部屋のゆとりとの兼ね合いを考えながら検討しましょう。

ベッド配置のポイント

寝室のベッド配置のポイント

ベッドヘッドは基本的に窓につけない

寝室の主役になる家具がベッド。ベッドのサイズ配置の仕方によって必要なスペースが異なってきます。自分の寝室の広さと見比べながら、どんなサイズのベッドなら置けるか?調べましょう。

寝室はベッドの配置と窓の位置の関係も重要。横になったとき、頭に窓がある位置にベッドを配置してしまうと、冬は頭が冷えて眠りが浅くなります。朝方には日が入り、まぶしく感じるかもしれません。

ヘッドボードは壁につける配置が基本ですので、ベッドヘッドに窓がある配置は特別な理由がない限り避けてください。

ベッドまわりの配置のポイント

ベッドのまわりには、寝室内の移動のほか、収納家具から衣類などを出し入れするためのスペース、着替えのためのスペースが必要です。

寝室はリビングやダイニングと違い、移動が少ないため通路幅は40~50cm前後確保すれば大丈夫です。クローゼットの開閉のためにはベッドから90cmほどは間隔をあけましょう。

ドアやクローゼットの近くにベッドを配置する場合は、扉の開閉時にぶつからないかチェックしてください。

寝室の家具配置の例

寝室の家具配置の例

寝室の家具配置は、ベッドを中心に考えます。

ベッドのサイズと配置の仕方によって必要なスペースが異なってきます。自分の寝室の広さと見比べながら、どんなサイズのベッドなら置けるか?チェックしましょう。

ここでは、

の3つの広さ別に、それぞれ2パターンの家具配置をご紹介します。

6畳の寝室

ダブルベッド1台を配置

6畳の寝室にダブルベッドを配置した例

6畳にダブルベッドを1台配置したレイアウト例

6畳の寝室にダブルベッド1台を配置した例です。ベッドのまわりに十分なスペースを確保するため、なるべく他の家具を置かないようにしましょう。こうすることで、寝室内の移動やベッドメイキングがしやすく快適です。

シングルベッド2台を配置

6畳の寝室にシングルベッドを配置した例

6畳にシングルベッドを2台配置したレイアウト例

シングルベッド2台を離して配置するには、約6畳のスペースが必要となります。ベッド以外に家具を置く余裕はありません。チェストなどの家具を置きたい場合、シングルベッド2台をくっつけると良いでしょう。

8畳の寝室

ダブルベッド1台を配置

8畳の寝室にダブルベッドを配置した例

8畳にダブルベッドを1台配置したレイアウト例

ダブルベッドならコンパクトに収まります。ベッドを配置しても、デスクやチェストを配置するための十分なスペースがあります。

シングルベッド2台を配置

8畳の寝室にシングルベッドを配置した例

8畳にシングルベッドを2台配置したレイアウト例

シングルベッド2台を離して配置すると、約6畳のスペースが埋まります。あと2畳ほどの広さには、チェストなどの収納家具を置くことが可能です。

10畳の寝室

ダブルベッド1台を配置

10畳の寝室にダブルベッドを配置した例

10畳にダブルベッドを1台配置したレイアウト例

ダブルベッド1台を配置し、ベッドのまわりに通路幅をあけると約4.5畳が埋まります。10畳であれば寝室の半分がベッドスペースとなり、あとの半分は趣味や仕事のスペースに活用できます。

たとえば、ベッドスペースの隣に本棚などを間仕切りのように使い、書斎コーナーを設けるといった配置が考えられます。

シングルベッド2台を配置

10畳の寝室にシングルベッドを配置した例

10畳にシングルベッドを2台配置したレイアウト例

シングルベッド2台を離して配置し、ベッドのまわりに通路幅をあけると約6畳が埋まります。残りの4畳は、パーソナルチェアとテーブルを配置してリビングコーナーをつくるといった配置が考えられます。

ベッドまわりに必要なスペースは?

【図解】ベッドまわりにはどれくらいのスペースをあけるべきか?

寝室は、まずベッドの配置を考え、そのまわりには十分なスペースをあけます。動作によって確保すべきスペースは異なります。以下に目安となる寸法をご紹介します。

ベッドから壁の間

ベッドを壁に寄せるなら10cmは空ける

ベッドを壁に寄せるなら10cmは空け、ベッドの前には30~40cm前後あける

ベッドを壁に寄せるとゆとりを感じられないため、基本的にベッドの左右は十分なスペースをあけます。

ただ、寝室が狭くどうしても壁に寄せなければならない場合は、壁から10cm以上あけてベッドを配置しましょう。壁にピッタリくっつけると、掛け布団が反対側に落ちやすくなります。

通路幅

ベッドまわりの通路としては50cm前後が必要

ベッドのまわりを通路にするならベッドから壁まで50cm前後あける

寝室は動き回る部屋ではないため、通路幅として50cm程度あれば十分です。

ベッドとクローゼットの間

ベッドとクローゼットの間は90cm前後あける

ベッドとクローゼットの間は90cm前後あける

寝室にクローゼットがある場合、ドアの開閉や物を出し入れするために90cm程度の間隔をあけないと動作に支障が出ます。引き戸や折り戸タイプなら50~60cmほどで問題ありません。

ベッドとチェストの間

ベッドとチェストの間には75cmのスペースが必要

ベッドとチェストは75cmあける

チェストを配置するなら、引き出すスペースと人がかがむためのスペースが必要となるため、ベッドとチェストの間は75cmくらいあけます。

ベッドとオープン棚の間

ベッドとオープンシェルフの間には50cmのスペースが必要

ベッドとオープン棚(本棚など)は50cmあける

本棚など、引き出しのないタイプの棚を配置するなら、ベッドとオープン棚の間は50~60cmくらいあければ大丈夫です。

ベッドとデスクの間

ベッドとデスクの間には110cmのスペースが必要

ベッドとデスクは110cmあける

デスクを配置するなら、ベッドとの間は110cmくらいあけます。座っている人の後ろを通路にしないのであれば、70cmで大丈夫です。

まとめ

寝室は、くつろげる空間を演出するのがポイント。ベッドのまわりにはスペースをあけて開放感ある空間にした方が、動作の妨げにならず、ゆとりが生まれます。

夫婦の場合、シングルベッド2台か?ダブルベッド1台か?が迷いどころ。シングルベッド2台は約6畳のスペースが必要になるので、ご自身の寝室の広さ、ほかの家具との兼ね合いを考えながら慎重に選びましょう。省スペースなのはダブルベッドです。

-レイアウト

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.