インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家具

【図解】ダイニングテーブル選びで知っておきたい1人分の食事スペース

テーブル面の1人分の目安は幅60cm×奥行40cm。4人用のテーブルなら最低でも120cm×80cm、できれば135×80cmあるとゆったりと食事ができます。

1人分の食事スペースはどのくらい?

1人分の食事スペース

食事スペースは1人あたり幅60~70cm 奥行40~50cm

1人に必要なテーブルのスペースは次の通り。

  • 幅:60~70cm
  • 奥行:40~50cm

幅60cmと言うのは、人がイスに座り、テーブルにヒジをついたときに若干余裕のある横幅(男性だとギリギリかもしれません)。ですので、最低でも60cmはないと居心地が悪くなります。

余談ですが、ファストフード店は回転率を良くするために、わざと幅60cm以下のテーブルを設置しています。こうすることで居心地を悪く(客が気が付かない程度に)し、早くお店から出て行くよう工夫をしています。

奥行40cmと言うのにも理由があります。奥行40cm前後は人の手がムリなく届く範囲で、それ以上離れていると、席を立って物を取らなくてはならないためです。だから、奥行きは40cm前後が良いとされています。

4人掛けのテーブルの場合は?

4人掛けのダイニングテーブルの寸法

4人掛けテーブルは幅120~135cm 奥行75~80cmが必要

ダイニングテーブルのサイズを割り出すには、1人分に必要な食事スペースに座る人数を掛け、ゆとりのスペース(横幅)を加えます。

よって、4人掛けのダイニングテーブルを選ぶ場合は

  • 幅:120~135cm
  • 奥行:75~80cm

くらいのスペースが必要です。

4人掛けで幅120cmだと食事が窮屈

4人掛けで幅120cm以下だとヒジがぶつかりゆったり食事ができない

幅120cmだと2人が並んで座ったときにヒジがぶつかるかもしれません。できれば135×80cm以上の大きめのダイニングテーブルを選び、ゆったりと食事ができるようにしましょう。

大きめのダイニングテーブルを選ぶことで、子どもの宿題や作業机として利用できます。ダイニングスペースが狭い場合は、無理にソファを置くと中途半端な空間に。ソファは諦め、潔く大きなダイニングテーブルだけを置く勇気も大切です。

テーブル面のサイズが決まったら、チェアの立ち座りや、座っている人の後ろを通るスペースが確保できるかもチェックし、スペース的にも問題がないことを確かめましょう。

まとめ

1人分に必要な食事スペースは、幅60~70cm×奥行40~50cmです。ダイニングテーブルのサイズを割り出すには、この寸法を基準に座る人数を掛け、ゆとりのスペース(横幅)を加えます。

ダイニングコーナーは多目的に使うことが多いので、「小さめ」「ギリギリ」を選ぶと近い将来、後悔するかもしれません。自分が使いたいサイズより少し大きめのものを選ぶのがおすすめです。

ゆったりと食事ができるダイニングテーブルとダイニングチェアの選び方
ゆったりと食事ができるダイニングテーブルとダイニングチェアの選び方

家族みんなが自然と集まるような、ゆったりとくつろげるダイニングセットの選び方をイラスト付きで解説。はじめてダイニングテーブルとダイニングチェアを選ぶ方のご参考になります。

続きを見る

-家具

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.