インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

照明

リビングの主照明をダウンライトにするには注意が必要!ポイントは?

ダウンライトは光が下に向かって広がる照明ですので、リビングの主照明(部屋全体をほぼ均一に明るくするのが目的の照明)にするなら、暗くなりがちな天井面と壁面の明るさを補う必要があります。

「ダウンライト」とは?

天井に取り付けらたダウンライト

「ダウンライト」とは、壁に埋め込まれた小さな光源で直接下面を照らすの照明器具のこと。よく住宅の天井に埋め込まれている円形の小さな照明を目にすることがありますが、その照明器具がダウンライトです。

リビングだけではなく、玄関やトイレ、洗面所、廊下などさまざまな場所で大活躍する照明ですが、基本的に後付けが難しいため、新築の段階で設置を計画しておくか、後付けするなら住宅のリフォームをする必要があります。

ダウンライトの特徴

ダウンライトは、

  • 床面を明るく強調できる
  • 照明器具が目立たない
  • 天井面や壁面が暗くなりがち

といった特徴を持っています。

ダウンライトは基本的に下方向だけを照らす照明です。床面を明るく強調できるため非日常的な空間を演出できます。器具は天井に埋め込むため、目立ちにくいメリットもあり、幅広いシーンで使いやすい照明器具です。

その一方で、天井面や壁面が暗くなりがちなので、いくつか並べて設置したり、間接照明などと組み合わせて利用する必要があります。

[スポンサーリンク]

リビングにダウンライトを設置する注意点

ダウンライトの光の広がり方

ダウンライトは天井や壁面が暗くなりがち

部屋が暗く感じる

ダウンライトは、光が下方向に向かって広がる照明です。天井や壁に光が当たらないので、部屋が暗く感じることがあります。

これは、ダウンライトの数を増やしてもあまり効果がありません。たとえば、リビングの中心に設置しているダウンライトを1つから4つに増やしても、天井面や壁面に光が当たらないのであれば、床面が明るくなるばかりで、リビング全体は依然として暗いままです。

対処法は?

対処法は、

  • 部屋のコーナーにも設置する
  • 「ユニバーサルタイプ」または「ウォールウォッシャータイプ」のダウンライトと組み合わせて壁面を照らす
  • アッパーライトの補助照明で壁面や天井面を照らす

です。

部屋のコーナーにも設置する

壁際の天井に埋め込まれたダウンライト

壁際やコーナーに設置すると明るくなる

ダウンライトの欠点は、天井や壁が暗くなりがちであること。この欠点を解消するには、天井や壁に向かって光を当てることです。

ダウンライトを設置するとき、部屋の中心にまとめて設置すると、壁に光りは当たりません。ですので、壁際の天井や、リビングののコーナーに設置すると、明るい印象になります。

「ユニバーサルタイプ」または「ウォールウォッシャータイプ」のダウンライトと組み合わせて壁面を照らす

ダウンライトにもさまざまな種類があり、照明する方向を自由に変えられる方向自由型の「ユニバーサルタイプ」や、壁面を照明する「ウォールウォッシャータイプ」などがあります。

下方向だけを照らすダウンライトと、この「ユニバーサルタイプ」「ウォールウォッシャータイプ」を組み合わせ、床面と壁面を上手に照らすことで、リビング全体が明るくなります。

アッパーライトの補助照明で壁面や天井面を照らす

天井や壁を照らすもう1つの方法として、補助照明の設置が考えられます。

上に向かって光が広がるフロアスタンドをリビングのコーナーに置くことで、天井面と壁面を照らすことができ、部屋全体が明るくなります。補助照明を置くだけなので、ダウンライト設置後に「リビングが暗いな」と思ったときにも有効な手段です。

まとめ

天井に取り付ける照明は、その空間の主照明になります。

日本の住宅では、リビングにシーリングライトを天井に取り付けることが多いですが、ダウンライトも人気を集めています。

シーリングライトは、リビング全体を均一に明るくできます。一方、ダウンライトは光が下に向かって広がるため、リビングが暗くなりがち。

ですので、「ユニバーサルタイプ」または「ウォールウォッシャータイプ」のダウンライトと組み合わせて壁面を照らしたり、アッパーライトの補助照明で壁面や天井面を照らすようにしましょう。

こうすることで、リビング全体が明るくなり、快適な空間になります。

-照明

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.