インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家具

家具選びで失敗したくない人が絶対におさえるべきポイント3つ

家具選びで失敗しないためのポイント3つ

家具を選ぶときに絶対に意識したいポイントがこの3つ。

  1. ライフスタイルを見直す
  2. 正しいサイズの家具を買う
  3. 部屋ごとの統一感を意識する

どれも基本的なことですが、これらを意識しないで衝動的に家具を買ってしまうと、「サイズが合わない」「部屋の雰囲気に合わない」「そもそも、必要なかった?」などと後悔し、結局使わず仕舞いになってしまうことも。

そんな失敗を避けるためにも、家具を購入する前に選び方の基本をおさらいしておきましょう。

ライフスタイルを見直す

衝動買いをすると失敗する

家具は、「なんとなく、この家具が欲しい!」とあいまいな理由で買うものではありません。「こういう理由で必要だから、この家具を買う」と自分のライフスタイルに合わせて決めていくものです。

たとえば、ソファ。多くの人はソファを欲しがりますが、すべての人にソファは必要でしょうか?ソファを買っても、その前のスペースで床座してソファにもたれかかるだけなら、ソファを買う必要はありませんよね。

フロアライフ中心のライフスタイルなら、ソファを買って部屋を狭くするよりも、リビングテーブルにクッションをそろえた方が広く使えます。

自分に必要な家具を買う

どんなに魅力的な家具でも、あなたに必要がなければ買ってもムダ。世の中の常識や情報に惑わされず、まずは自分のライフスタイルを振り返り、今後どんな風に暮らしたいのか?を整理して、ライフスタイルに合った家具選びをすることが大切です。

正しいサイズの家具を買う

広さを基準に選ぶと失敗する

家具を選ぶとき、ほとんどの人が「部屋の広さ」を基準に考えます。まず部屋の広さを考え、次にどのくらいの大きさの家具が置けるか?検討するでしょう。

たしかに、部屋の広さを基準に考えて家具のサイズを選ぶのは間違いではありません。狭い部屋に釣り合わないほど大きな家具を置くと窮屈になりますからね。ですが、部屋の広さばかり気にして家具を選ぶと失敗します。

たとえば、部屋が狭いからと2人掛けのダイニングテーブルを買ったとします。希望通り部屋は狭くならなかったとしても、来客をもてなすのには席が足りません。家族が増えたときにも広さが足りません。テーブルで食事だけではなく、仕事や裁縫をするならもっと広い方が良いかもしれません。結局、4人掛けのテーブルにすぐに買い替えるようであれば、はじめから大きめを買った方が良いでしょう。

用途に合ったサイズを選ぶ

家具の大きさが部屋の広さに合っているか?ではなく、自分たちの用途に合ったサイズの家具を選ぶことが重要です。

人間工学に基づいた各家具のサイズの目安はありますが、使う人によっては「くつろげない」「窮屈だ」と感じるかもしれません。だからこそ、家具を選ぶときは自分の身体で試すことが大切です。

部屋ごとの統一感を意識する

単体で見て買うと失敗する

ネットや雑誌、あるいは店頭に置いてあるのを見て「これイイな!」と思って買った家具。でも、実際に自分の部屋に置いてみると「なんか違うな」と不満に思った経験はありませんか?

やみくもに家具を買い足していくと、部屋全体を見渡したときに違和感を覚えます。その原因が「統一感」の無さ。

たとえば、北欧テイストのダイニングテーブルに、アジアンテイストのダイニングチェアは合いません。個々がどんな素敵な家具であっても、空間全体で見たときに統一感がないと違和感を生みます。

部屋全体で考えて選ぶ

統一感のあるインテリアにするには、テーマを決めて、そのテーマに合った家具を買うのがセオリー。

住宅全体で統一感をもたせるのは難しい場合、部屋ごとにテーマを分けるのもOK。リビングダイニングは和モダンテイスト、寝室はナチュラルテイスト、子ども部屋は北欧テイストなど、テーマを決めて家具をそろえていくと、部屋全体で見たときに統一感があり心地よい空間になります。家具の色や素材、質感、デザイン(テイスト)をそろえて家具を買うようにしましょう。

まとめ

家具を選ぶときの基礎となる考え方についてまとめます。

  • 「どの家具も、買うのが当然」と思い込まないこと。自分のライフスタイルを振り返り、「自分には必要だから、買う」と決めるのが大切
  • 家具のサイズを選ぶときは、間取りや部屋の広さばかりを気にしない。自分の用途に合ったサイズを選ぶのが正しい選び方。
  • 家具を衝動買いするとチグハグな雰囲気になることがある。部屋のイメージを固めて、全体の統一感を意識しながら家具をそろえる。

ほかにも家具選びで気を付けたいことはいくつかありますが、上記はどの家具選びでも共通する重要な考え方だと思います。ぜひ覚えておき、あなたの家具選びで実践してみてくださいね。

-家具

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.