インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

照明

ダイニングを照明でオシャレに演出!選び方のポイントは?

ダイニングを照明でオシャレに演出!選び方のポイントは?

ダイニングの照明選びの基本をまとめました。

ダイニング空間において、

  • 何色の光が適しているか?
  • どんな照明器具がおすすめか?
  • ペンダントライトを設置したいけど、どう選ぶか?
  • テーブルの真上に照明器具を取り付ける装置がないときは?

など、照明選びでよくある疑問を解決します。

ダイニングの光色の選び方

ダイニング照明の光の色は「オレンジ」と「白」どっちがおすすめ?

食卓向きはオレンジ色

光の色は大きく分けて「白」と「オレンジ」がありますが、ダイニングにおすすめなのはオレンジ色。料理をおいしく見せ、食卓を囲む人の顔色も良く見えるからです。

照明の光の色は、選ぶ電球によって変わります。電球を選ぶ場合は、「電球色」の記載を目印にしましょう。ケルビン値で見分けるなら、「2700K」前後の電球がおすすめです。

作業もするなら光色切替タイプを

ただし、ダイニングテーブルで子どもが勉強したり、奥さんが裁縫をするなら、オレンジ色の光だと不便です。勉強や裁縫などの細かい作業をするときに適した光色は、オフィスのような「白」い光です。

ですので、ダイニングで食事だけでなく勉強や作業もするなら、1つの電球で光色を「オレンジ」と「白」に切り替えられるタイプがおすすめ。

関連記事
ダイニング照明の光の色は「オレンジ」と「白」どっちがおすすめ?
ダイニング照明の光の色は「オレンジ」と「白」どっちがおすすめ?

ダイニングを照らす明りの色は、「オレンジ色」と「白色」のどちらが良いのか?それぞれの光色の違いを解説したうえで、ダイニング照明に最適な光の色を解説します。ダイニング照明を考えいる方はぜひ参考にしてください。

続きを見る

ダイニングの照明器具の選び方

白いシェードのペンダントライト

シーリングライトは使わない

すでにダイニングの天井にシーリングライトが使われている場合でも、できれば食卓の上を集中して照らす照明を使うようにしたいところ。食卓の上だけを照らすことで、人の視線を食卓の上の料理に集中させ、そこにだけ暖かい雰囲気を作ることができるためです。

シーリングライトは空間を隅々まで照らすため、落ち着いた雰囲気を演出できません。可能であれば、他の照明器具に交換しましょう。

ペンダントライトがおすすめ

ダイニングに適した照明として、「ペンダントライト」が挙げられます。ペンダントライトとは、コードやチェーンで天井から吊り下げる照明器具で、ダイニングによく使われます。

ペンダントライトは真下とその周辺を照らすことができるので、人の視線を食卓の上の料理に集中させ、そこにだけ暖かい雰囲気を作れます。ダイニング空間のための照明と言っても過言ではないでしょう。

関連記事
ダイニング照明には何を選ぶべきか?おすすめはこの2つ!
ダイニング照明には何を選ぶべきか?おすすめはこの2つ!

照明器具にはいろいろな種類がありますが、ダイニングルームにはどの照明がおすすめか?この記事ではダイニングにおすすめの照明を2つご紹介します。

続きを見る

ペンダントライトの選び方

ペンダントライトは、光源を覆うシェード(笠)の大きさや形、素材で光の広がり方がかなり変わります。デザインだけで選んでしまうと失敗するので、特にサイズと素材選びは慎重に。

シェードのサイズの選び方

ペンダントライトはテーブルサイズの3分の1サイズを選ぶ

ペンダントライトはダイニングテーブル幅の3分の1の直径のものを選ぶ

ダイニングテーブルの上にペンダントライト設置する場合、シェードの大きさはテーブル幅の3分の1の直径を基準に選びます。この直径以上あれば、テーブルの四隅まで照らしてくれるので、快適に食事ができます。

コンパクトなシェードをテーブル上に設置したい場合は、1つだけだと明るさが足りず不便です。この場合、ダイニングテーブルの上にライティングレールを設置し、ペンダントライトを複数設置できるようにすると十分な明るさを確保できます。

シェードの素材の選び方

ペンダントライトの素材の違いによる光の広がり方の比較

光を通す素材だと、シェードが光を通過して周囲に広がる(左)。光を通さない素材だと、上下から光が出て陰影がハッキリする

シェードの素材を「光の広がり方」で分けるとしたら、

  1. 光を通す素材
  2. 光を通さない素材

の2つに分けられます。

光を通す素材とは、乳白色のガラスやアクリル、布、和紙などのシェード。透過性が高いため、光は全体的に拡散して部屋が明るくなります。おだやかでやわらかい光になるので、ダイニング空間をやらわかい印象にしたいときには光を通す素材がおすすめ。

光を通さない素材とは、スチールや木、色の濃いプラスチックなどのシェード。シェードの周辺が暗くなり、光は上下に広がります。光と影のコントラストが強いため、メリハリのあるダイニングを演出したいときには光を通さない素材がおすすめ。

関連記事
数は?サイズは?ダイニングに取り付けるペンダントライトの選び方

ペンダントライトは、シェードの大きさや形によって照らす範囲が限定されます。シェード(ペンダントライトを覆う笠)の素材もいろいろあり、その素材によって光の広がり方も変わってきます。 では、ダイニングテー ...

続きを見る

テーブル上に照明が設置できないときは?

間取りや家具の配置によっては、ダイニングテーブルの上に照明器具を設置できないことがあります。テーブルの中心の真上にペンダントライトを設置したいのに、取り付け位置が少しズレている場合、などです。

こういった場合は、

  • ライティングレールを天井に取り付け、ダイニングテーブルの上までレールを伸ばす
  • ライティングレールにスポットライトを取り付け、ダイニングテーブルの方に向けて照射する
  • フロアスタンドをダイニングのコーナーに設置して、真上からテーブル面を照らす

といった対処法が考えられます。

ライティングレールを取り付けてテーブルの上まで伸ばす

ライティングレールとは、天井から吊るしたり固定する照明器具への配線を目的とした天井取付専用器具のこと。工事不要で、シーリングライトの代わりとして簡単に取り付けられます。

ライティングレールにスポットライトを取り付けてテーブル面に向けて照らす

ダイニングの天井にライティングレールを取り付け、テーブルの真上まで伸ばし、そこにペンダントライトを吊り下げます。

ライティングレールとテーブルがかなり離れているのなら、ペンダントライトではなくスポットライトを取り付けます。スポットライトは角度調整ができるのでテーブルに光を向けることも容易。

フロアスタンドをダイニングコーナーに置いて真上から照らす

ライティングレールを取り付けるのが面倒なら、床に置くタイプの照明「フロアスタンド」をダイニングのコーナーに設置して、真上からテーブル面を照らします。

関連記事
ダイニングテーブルの上に照明器具を設置できないときの3つの対処法
ダイニングテーブルの上に照明器具を設置できないときの3つの対処法

ダイニングの照明は、テーブルの上にペンダントライトなどの照明を設置するのが一般的。 ですが、ダイニングテーブルの真上に照明を取り付ける器具(引っ掛けシーリング)がないときは、どのように明るさを確保する ...

続きを見る

まとめ

ダイニングルームは、人の視線を食卓の上の料理に集中させ、そこにだけ暖かい雰囲気を作ることがポイント。

部屋全体を明るくすると食事に集中できなくなるので、ペンダントライトやスポットライトでテーブルの上に「明かりだまり」を作ります。こうすることで、自然と人が集まり、会話の弾むダイニング空間になります。

照明の光色は料理が美味しく見え、席に着く人の顔色も良く見えるオレンジ色がおすすめ。テーブルで作業もするなら、光色切り替えタイプの電球を選びましょう。

-照明

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.