インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家具

【図解】はじめてのソファサイズの選び方

ソファのサイズの選び方

リビングの主役になる家具が「ソファ」。くつろぐことを目的とした家具ですので、部屋の広さを優先してソファサイズを決めてしまうと、居心地が悪くて全然くつろげなかったり、結局1人しか使えなかったりと、失敗することがあります。

そんな失敗を避けるためにも、ソファで1人がくつろぐために必要な幅や奥行などのサイズをきちんと理解しておきましょう。

ソファ1人分の幅は?

ソファの座面幅は1人あたり60cm前後が必要です。2人掛けなら60cm×2+アーム幅(ヒジ置きの幅)が必要です。

1人の座面幅は60cm前後

ソファの1人あたりに必要な座面幅

1人あたり幅60cmは必要

ソファでくつろぐために必要な座面幅は1人あたり60cm前後。この幅より狭いと、ソファに座ったときに窮屈さを感じてしまいます。

外寸だと90cm

1人・2人・3人掛けソファの幅

ソファの横幅

カタログに記載のあるソファのサイズは、基本的に「内寸(ソファ内側のサイズ)」ではなく「外寸(ソファ外側のサイズ)」です。

内寸だと1人60cmが必要ですが、外寸だとアーム幅を含める必要があります。

外寸を含めた寸法で言うと、

  • 1人掛けソファ:幅80~90cm
  • 2人掛けソファ:幅160~180cm
  • 3人掛けソファ:幅210~240cm

が目安となります。

売り場のサイズ感に注意

家具屋さんの売り場に置かれているソファは意外と小さく見えるもの。実際に部屋に置くと、売り場で見たときよりも大きく見え、圧迫感を感じます。

売り場の見た目に惑わされず、きちんとサイズを測定しましょう。

ソファでくつろぐために必要な座面幅は1人あたり何cm?

ソファを選ぶとき、部屋の広さに目を向けると小さいサイズを選びがちですが、座る人数をきちんと把握し、その人数分の座面幅があることを把握することが大切です。では、ソファの幅は1人あたりどのくらいあれば良いのか?その基準となる目安を解説します。

続きを見る

ソファの奥行きは何cm必要?

ソファの奥行きは、座面(内寸)60cm、外寸90cmが必要です。これより狭いと、背もたれが直角になり、くつろぎにくくなります。

座面の奥行きは60cm必要

ソファの座面の奥行きは60cm必要

ソファ座面の奥行きは60cm必要

ソファの座面の奥行きは最低でも60cmは必要となります。奥行が60cmよりも短いと、深く座ったときや横に寝そべったときに、ソファから体が落ちてしまいます。

奥行きも外寸で90cm必要

ソファの奥行きは外寸で90cm必要

ソファの奥行きは内寸で60cm、外寸で90cm必要

繰り返しになりますが、カタログに記載のあるソファのサイズは、「内寸」ではなく「外寸」です。

内寸だと1人60cmが必要ですが、外寸だと背もたれを含める必要があります。外寸を含めた寸法で言うと、奥行きは90cm必要です。

体格差のある家庭は?

小柄な人はクッションで奥行の隙間を埋める

体格差がある場合はクッションで調整

体格差がある場合は、大柄な人がちょうど良いと思える奥行きのソファを選びましょう。小柄な人は、背にクッションをあてて調整すると良いです。

ソファの座面の奥行きは何cm必要か?
ソファの座面の奥行きは何cm必要か?

ソファの奥行きが狭いと、背もたれが直角になり、座ったときにくつろぎにくくなります。では、ソファの奥行きは何cm必要なのか?内寸と外寸で詳しく解説します。

続きを見る

3人掛けソファの注意点

3人掛けのソファを選ぶときに注意したいのが、

  • 搬入経路
  • 座・背クッションの数

の2点。

搬入ができるか

3人掛けソファともなると、幅2m以上になります。これだけ大きいと、細い廊下は曲がり切れず、家具や壁を傷つけたり搬入ができない恐れがあります。

マンションだと、エレベーターに入るかどうかも重要です。通常の搬入ができない場合はソファを吊り上げて搬入する必要があり、この場合は別料金が掛かります。

購入前に家具屋の店員さんとよく相談しましょう。

人数分の座・背クッションがあるか

3人掛けとして販売されていても、座・背クッションが2つしかないソファがあります。座・背クッションが2つしかないと、真ん中の人はつなぎ目に座ることとなり、非常に居心地が悪くなります。

3人掛けソファを3人で使うのなら、座・背クッションが3つあるものか、つなぎ目のないタイプをおすすめします。

3人掛けのソファ選びで絶対にチェックすべき2つのこと
3人掛けのソファ選びで絶対にチェックすべき2つのこと

3人掛けのソファを選ぶときに注意したいのが「搬入経路」と「背・座クッションの数」の2点。それぞれの注意点を詳しく解説します。3人掛けソファの購入を検討している方は、決めてしまう前にチェックしてください。

続きを見る

狭い部屋でソファが欲しいときは?

ソファのサイズを選ぶとき、部屋のスペースを優先して決めてしまうと失敗します。たとえば、部屋が狭いからと2人がギリギリ座れる小さめのソファを選んでしまうと、座ったときに窮屈に感じてしまい、くつろげず結局使わないこともあります。

ソファはライフスタイルや部屋の広さによっては必ずしも必要な家具ではありません。場所を取ることも踏まえ、まずは本当にソファが必要か?検討しましょう。

思い切ってソファを置くことを諦めてしまえば、スペースに余裕が生まれて暮らしやすい部屋になりますよ。

まとめ

ソファのサイズを選ぶときは、まずは座る人数を考えます。

1人分の座面幅は内寸で60cm、外寸で90cmが必要です。この寸法を基準に、座る人数を掛けましょう。ソファの奥行きは座る人数にかかわらず、内寸で60m、外寸で90cm前後あれば十分です。

座る人数分のだいたいの寸法が分かったら、希望のソファを探しましょう。

カタログで見るときは、外寸ではなく内寸をチェックしましょう。外寸で見てしまうと実際より狭く感じ、座ったときに窮屈に感じることがあります。

お店でソファを探すときは、実際に利用する人数で座って見て、十分な幅と奥行きがあるか?確認してみてください。

売り場で見ると意外と小さく見えますが、部屋に置くと大きく見えるので、実際に座って余裕があるかチェックすることが何より大切です。

希望のソファが見つかったら、搬入経路を確認します。特に3人掛けの大きなソファだと搬入ができないことがあります。心配なら、家具屋さんに搬入経路の下見を依頼しましょう。

-家具

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.