インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

レイアウト

狭い部屋を家具配置で広く見せる基本のテクニック

狭い部屋を家具配置で広く見せる基本のテクニック

狭い部屋でも、家具配置の工夫次第でゆったりとした空間を演出することが可能です。

今ある家具で部屋を広く見せるには、大型家具の配置を工夫し、天井や床、壁をできるだけ多く見せるのがポイント。この記事で具体的なテクニックをご紹介します。

不要な家具を置かない

不要な家具が多い部屋

部屋の中に家具が多いと狭く見える

当然ながら、部屋の広さに対して、部屋の中に配置している家具が多いと狭く見えます。

家具の占有面積(部屋の中に家具が占める面積)は、部屋の広さの3分の1が理想とされています。3分の1以上の家具を配置してしまうと窮屈な印象を与えてしまうのです。たとえば、6畳の部屋だったら、家具は2畳分までの広さ(大きさ)でおさえるのが理想的。

不要な家具が少ない部屋

家具の占有面積は、部屋の広さの3分の1が理想的

部屋の中を見渡し、家具の占有面積が多ければ、不要な家具の処分を検討した方が良いでしょう。

家具を分散させない

家具が分散している部屋

家具を分散して配置すると狭く見える

不要な家具の処分はできなくても、今ある家具の配置を工夫し、視覚的に広く見せることも可能です。同じ家具の数でも、床や壁をより多く見せる方が広く見え、ゆったりとした空間になります。

家具が分散していない部屋

家具を一カ所にまとめて配置すると広く見える

そのため、家具を部屋のあちらこちらに分散させず、できるだけ部屋の一カ所にまとめて配置しましょう。たとえば、家具を壁の4面すべてに配置しているなら、1面か2面の壁に集中させて配置します。こうするだけで、息苦しい印象から広々とした印象に変わります。

ドア近くに家具を置かない

ドアの前に家具がある部屋

部屋に入ったときの視界を遮ると狭く見える

家具を配置する場所は、ドアから離れた場所に置くのが理想的。部屋に入ったとき、大型家具が近くにある(見える)と狭い印象を与えてしまいます。

ドアの前に家具がない部屋

ドアの前を広くあけると、部屋に入ったとき広く感じる

ドアの前はスペースを広く取り、家具は部屋の片側にまとめ、視線が抜ける見通しの良い家具配置を心がけましょう。

まとめ

部屋の印象は空間の広さでガラッと変わります。

空間の広さは、余計な家具を置かないのはもちろんのこと、家具を分散させない、ドアの前は広くスペースをとるといった基本的なテクニックだけで広く見えるものです。

特に狭い部屋では、

  • 家具の占有面積が部屋の広さの3分の1以内になるよう抑える
  • 家具を分散させず、できるだけ部屋の一カ所にまとめる
  • ドアの前には家具を置かず、見通しの良い家具配置を心がける

などの基本的なテクニックが効果的。ぜひ活用してくださいね。

-レイアウト

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.