インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

レイアウト

【図解】ソファとリビングテーブルはどれくらい間隔をあけるべきか?

【図解】ソファとリビングテーブルはどれくらい間隔をあけるべきか?

ソファとリビングテーブルの間に必要なスペースは、ソファの床から座面までの高さによって異なります。

この記事では、

に分けて、それぞれ必要なスペースを解説します。

ソファの座面が低い場合の間隔

ソファの座面高が35cm前後ある場合のリビングテーブルとの間隔

座面高35cmの場合、ソファとテーブルは45~50cmあける

ソファの座面高が35cm前後と低い場合は、足を伸ばしたり組んだりとゆったりと腰をかけます。カジュアルな使い方をされるため、ソファとリビングテーブルの間のスペースも多く確保する必要があります。

寸法で言うと、ソファとリビングテーブルの間は45cm~50cm前後です。これくらいの余裕があれば、ソファに座ったときに足を伸ばして座ることができます。

ソファの座面が低い場合は、リビングテーブルも33cm前後と低いと使いやすいです。

ソファの座面が高い場合の間隔

ソファの座面高が42cm前後ある場合のリビングテーブルとの間隔

座面高42cmの場合、ソファとテーブルは35~45cmあける

ソファの座面高が42cm前後と高い場合は、かしこまった姿勢で座ります。フォーマルな使い方をされるため、ソファとリビングテーブルの間のスペースはそれほど確保する必要はありません。

寸法で言うと、ソファとリビングテーブルの間は35cm~45cm前後です。カジュアルに使う(ソファに深く腰を掛ける)ことが少ないため、間隔を詰めてください。スペースが空きすぎると、かえってリビングテーブルに手が届かなくなってしまいます。

ソファの座面が高い場合は、リビングテーブルも45cm前後と高いと使いやすいです。

まとめ

ソファとリビングテーブルの間に必要なスペースは、ソファの座面高によって異なります。

ソファの座面高が35cm前後と低い場合は、深く腰を掛けることが多いため、足を伸ばしたり組んだりするスペースを確保する必要があります。寸法で言うと45cm~50cm前後です。

ソファの座面高が42cm前後と高い場合は、姿勢を正して座ることが多いため、足を伸ばしたり組んだりするスペースを確保する必要はありません。そのため、35cm~45cm前後あれば良いでしょう。

-レイアウト

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.