インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

レイアウト

6畳・8畳・10畳の寝室の家具配置例

寝室は、ベッドの占める面積が大きいため、ベッドの配置を基準に家具配置を考えていきます。

広さによっても家具配置のパターンがいろいろ考えられるので、この記事では、

の3つの広さ別に、それぞれ2パターンの家具配置をご紹介します。

6畳寝室の家具配置の例

6畳は約364cm×273cmほどの広さです。

寝室が6畳ほどの広さだと、ベッドを配置しただけでほとんどのスペースを占めてしまいます。家具を配置し過ぎると雑多で窮屈な寝室となってしまうため、チェストやデスクなどの家具は極力置かない方が良いでしょう。

ダブルベッドを配置

6畳の寝室にダブルベッドを配置した例

6畳にダブルベッドを1台配置したレイアウト例

6畳の広さであれば、ダブルベッド1台を配置するのがおすすめ。ベッドのまわりに十分なスペースを確保できるため、寝室内の移動やベッドメイキングがしやすく快適です。広さに余裕があるため、心理的な余裕も生まれます。

シングルベッド2台を配置

6畳の寝室にシングルベッドを配置した例

6畳にシングルベッドを2台配置したレイアウト例

6畳にシングルベッドを2台配置すると、間取りによってはかなり窮屈になってしまいます。ドアの開閉時にぶつからないか?をきちんと確認しましょう。

ベッドメイキングを考えると、ベッドと壁の間は10cm以上開ける必要があるので、どちらかのベッドを壁付けするのはNG。寝室が狭いのなら、一方のベッドを幅の狭い「セミシングル」にするか、シングルベッド2台をくっつけて配置するといった工夫をしてください。

8畳寝室の家具配置の例

8畳は約360cm×360cmほどの広さです。

ある程度の広さがあるため、ベッドのほかにデスクやチェストなどの家具配置も考えられます。ただし、余裕があるからといろんな家具を配置すると居心地が悪くなるので注意。必要最低限に留めましょう。

ダブルベッド+デスクを配置

8畳の寝室にダブルベッドを配置した例

8畳にダブルベッドを1台配置したレイアウト例

ダブルベッドにすると、ベッドのとなりにデスクやチェストを配置するスペースが生まれます。小さいお子さんがいる家庭なら、ベビーベッドや布団を敷くスペースもあります。

シングルベッド2台+サイドテーブルを配置

8畳の寝室にシングルベッドを配置した例

8畳にシングルベッドを2台配置したレイアウト例

シングルベッド2台を離して配置すると、通路やベッドメイキングのスペースを確保する必要があるため、8畳がほとんど埋まります。ドレッサーなどの比較的コンパクトな家具なら配置できますが、デスクやチェストなどの大きめの家具の配置は要検討です。

10畳寝室の家具配置の例

8畳は約360cm×450cmほどの広さです。

寝室に10畳もの広さがあるなら、ベッドコーナーともう1つのスペースをつくることができます。ライフスタイルにあわせて、寝室に好きなスペースを設けてみましょう。ただし、必要のないのに無理につくってしまうと、結局つかわない恐れもあります。よく検討しましょう。

ダブルベッド+書斎コーナーを配置

10畳の寝室にダブルベッドを配置した例

10畳にダブルベッドを1台配置したレイアウト例

ベッドスペースの隣に、本棚などを間仕切りのように使い、書斎コーナーを設ける配置の例です。間仕切りは窓からの採光を遮らない低めの家具にすること。

シングルベッド2台+リビングコーナーを配置

10畳の寝室にシングルベッドを配置した例

10畳にシングルベッドを2台配置したレイアウト例

シングルベッドを2台配置して、さらにその隣にパーソナルチェアとテーブルを配置してリビングコーナーをつくります。ホテルライクな寝室におすすめの家具配置です。

まとめ

6畳の寝室は、ベッドを配置しただけでほとんどのスペースを占めてしまいます。余計な家具はなるべく配置せず、ゆとりのある空間をつくりましょう。

8畳の寝室は、ベッドのほかにデスクやチェストなどの家具配置も考えられます。ただし、余裕があるからといろんな家具を配置すると、とたんに窮屈になるので注意。

10畳の寝室は、ベッドコーナーともう1つ別のスペースをつくることができます。ライフスタイルにあわせて、寝室に好きなスペースを設けてみましょう。

-レイアウト

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.