インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家具

ソファの座面の奥行きは何cm必要か?

ソファの座面の奥行きは何cm必要か?

ソファの座面の奥行きは、最低でも60cmは必要です。カタログの表記は背もたれを含めた寸法(外寸)となっているため、60cmよりも広くなっています。外寸の目安としては、奥行き90cm前後があれば良いでしょう。

ソファの座面の奥行きは60cm必要

ソファの座面の奥行きは60cm必要

ソファの座面は奥行60cmあればくつろげる

ソファの座面の奥行きは、最低でも60cmは必要となります。奥行きが浅いほど背もたれが直角になり、くつろぎにくくなります。

また、ソファはぐったりと深く座ったり、横に寝そべって使うこともあります。奥行が60cmよりも短いと、深く座ったときや横に寝そべったときに、ソファから体が落ちてしまいます。

ソファを選ぶときは、奥行き60cm以上あるか?チェックしましょう。

「外寸」で何cm必要?

カタログに記載のあるソファのサイズは、基本的に「内寸(ソファ内側のサイズ)」ではなく「外寸(ソファ外側のサイズ)」です。

ソファの奥行きは外寸で90cm必要

ソファの奥行きは内寸で60cm必要 外寸だと90cmが目安

座面自体の奥行きは60cm前後が必要ですが、これはソファ自体の奥行きではないので注意しましょう。一般的には、外寸で奥行90cmあれば十分です。

たとえば、奥行き70cm(D70cm)と表記があっても、背もたれの幅を引くと座面の奥行きは60cm以下となり、くつろぎにくくなります。

体格差がある家族の奥行きは?

大柄な男性、小柄な女性、小さな子どもなど、家族の中で体格差がバラバラな場合、基本的に一番大柄な人の奥行きに合わせてソファを選びます。

小柄な人はクッションで奥行の隙間を埋める

体格差がある場合はクッションで調整

ソファの奥行は内寸60cmが目安と言いましたが、大柄な人がこの奥行きでは足りない場合、その人に合わせてもっと奥行きの広いソファを選びましょう。

小柄な女性や体の小さな子どもは、ソファの背にクッションを当て、調整すると良いです。

まとめ

ソファの奥行きは、座面(内寸)60cm、外寸90cmが必要です。これより狭いと、背もたれが直角になり、くつろぎにくくなります。

体格差がある場合は、大柄な人がちょうど良いと思える奥行きのソファを選びましょう。小柄な人は、背にクッションをあてて調整すると良いです。

-家具

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.