ソファ 家具

ソファの座面の奥行きは何cm必要か?

この記事は約4分で読めます。

ソファに座る人の奥行き

ソファの座面の奥行きは、最低でも60cmは必要です。カタログの表記は背もたれを含めた寸法(外寸)となっているため、60cmよりも広くなっています。外寸の目安としては、奥行き90cm前後があれば良いでしょう。

関連記事
ソファのサイズ選び
【図解】はじめてのソファサイズの選び方

ソファサイズの正しい選び方を図解。ソファのサイズを選ぶには、1人が座るのに必要な幅や奥行を知っておく必要があります。どれくらいの幅があれば良いのか?どのくらいの奥行きがあれば良いのか?解説します。

続きを見る

ソファの座面の奥行きは60cm必要

ソファの座面の奥行きは60cm必要

ソファの座面は奥行60cmあればくつろげる

ソファの座面の奥行きは、最低でも60cmは必要となります。奥行きが浅いほど背もたれが直角になり、くつろぎにくくなります。

ソファは横に寝そべって使うこともあります。奥行が60cmよりも狭いと、横に寝そべったときにソファから体が落ちてしまうかもしれません。

ソファを選ぶときは、座面の奥行きが60cm以上あるか?チェックしましょう。

[スポンサーリンク]

奥行きは「外寸」で何cm必要?

カタログに記載のあるソファのサイズは、基本的に「内寸(ソファ内側のサイズ)」ではなく「外寸(ソファ外側のサイズ)」です。

ソファの奥行きは外寸で90cm必要

ソファの奥行きは内寸で60cm必要 外寸だと90cmが目安

座面自体の奥行きは60cm前後が必要ですが、これはソファ自体の奥行きではないので注意しましょう。実際には背もたれ分の幅も考えなくてはならないため、背もたれを含めた外寸で言うと奥行90cmとなります。

たとえば、奥行き70cm(D70cm)と表記があっても、背もたれの幅が20cmであれば座面の奥行きは50cm以下となり、くつろぎにくくなります。

体格差がある家族のソファの選び方

大柄な男性、小柄な女性、小さな子どもなど、家族の中で体格差がバラバラな場合、基本的に一番大柄な人の奥行きに合わせてソファを選びます。

小柄な人はクッションで奥行の隙間を埋める

体格差がある場合はクッションで調整

ソファの奥行は内寸60cmが目安と言いましたが、大柄な人が座ったとき、この奥行きでは足りません。

奥行きが足りない場合、その人に合わせてもっと奥行きの広いソファを選びましょう。小柄な女性や体の小さな子どもは、ソファの背にクッションを当て、奥行きを調整すると良いです。

まとめ

ソファの奥行きは、座面(内寸)60cm、外寸90cmが必要です。これより狭いと、背もたれが直角になり、くつろぎにくくなります。

体格差がある家族は、大柄な人がちょうど良いと思える奥行きのソファを選びましょう。小柄な人は、背にクッションをあてて調整すると良いです。

関連記事
ソファでくつろぐために必要な座面幅は1人あたり何cm?

ソファの座面幅は1人あたりどのくらいあれば良いのか?その基準となる目安を解説します。

続きを見る

[スポンサーリンク]

あせて読みたいソファ情報

座りやすいソファ選び方
座面のかたさは?長時間座っていても疲れにくいソファ選びのポイント

2020/3/5    

ソファの座り心地を左右するのが、座クッションと背クッションの固さと座面の高さ。長時間座っても疲れにくいクッションは、どのくらいの固さか?座面はどのくらいの高さなら疲れにくいのか?解説します。また、ソファにアームが付いていた方が良いのか?も解説します。

ソファの張り地は「布地」「天然皮革」「合成皮革」のどれが良いか?
ソファの張り地は「布地」「天然皮革」「合成皮革」のどれが良いか?

2020/3/5    

ソファの張り地(座クッションや背クッションに張られる生地)は「布地」「天然皮革」「合成皮革」の3種類あります。この張り地の違いは何か?それぞれの特徴とメリット・デメリットをご紹介。

失敗しない!ソファの正しい選び方

2020/3/5    

どのくらいの大きさのソファを選ぶべきか?どんな座り心地のソファを選ぶべきか?どの張り地のソファを選ぶべきか?元家具屋がイラスト付きで分かりやすく解説。

その選び方で大丈夫?ソファ選びでやりがちな4つの失敗例

2020/3/3  

ソファ選びでありがちな、よくある失敗例を4つご紹介。こんな選び方だと買ってから後悔するかも?

あなたへのおすすめ

【図解】リビングの家具配置の例とレイアウトのポイント

2020/3/10

【図解】リビングの家具配置の例とレイアウトのポイント

リビングで主役になる家具「ソファ」「リビングテーブル」「テレビボード」のレイアウトのポイントと配置例をイラストで解説。ソファとリビングテーブルはどのくらい間隔をあけるべきか?ソファはどんな配置パターンがあるか?詳しくご紹介します。

もっと読む

家具選びで失敗しないためのポイント3つ

2019/11/11

家具選びで失敗したくない人が絶対におさえるべきポイント3つ

家具を選ぶときに絶対に意識したいポイントがこの3つ。 ライフスタイルを見直す 正しいサイズの家具を買う 部屋ごとの統一感を意識する どれも基本的なことですが、これらを意識しないで衝動的に家具を買ってしまうと、「サイズが合わない」「部屋の雰囲気に合わない」「そもそも、必要なかった?」などと後悔し、結局使わず仕舞いになってしまうことも。 そんな失敗を避けるためにも、家具を購入する前に選び方の基本をおさらいしておきましょう。 ライフスタイルを見直す 衝動買いをすると失敗する 家具は、「なんとなく、この家具が欲し ...

もっと読む

2020/2/21

リビングテーブルの選び方の基本

ソファとセットで選ぶことの多いリビングテーブル。高さや天板の材質などは、何を基準に選べば良いのか?解説します。リビングテーブルをはじめて選ぶ方はぜひ参考にしてください。

もっと読む

2020/2/11

オレンジ?それとも白?リビング照明の光色の選び方

照明の光色は大きく分けて「オレンジ色」と「白色」の2色あります。では、リビングルームにおいてはどっちの光の色を選ぶべきなのか?リビングの光色選びのポイントを解説します。

もっと読む

照明でリラックスしたリビングを演出する4つの工夫

2020/2/11

照明でリラックスしたリビングを演出する4つの工夫

照明は、人の心理に少なからず影響を与えています。 たとえば飲食店。「ファストフード店」と「高級レストラン」では居心地が全然違いますよね。ファストフード店は昼夜問わず明るく白い光を放つ照明を使っているため、活動的になります。高級レストランはオレンジ色のわずかな光で、くつろげる雰囲気を演出しています。 住宅においても、照明の工夫次第で活動的になったり、くつろげる雰囲気をつくることが可能です。 では、リビングを照明でくつろげる雰囲気にするには?この記事で4つの工夫をご紹介します。 1室多灯にする 1室多灯とは、 ...

もっと読む

\SHARE/

-ソファ, 家具
-

Copyright© インテリアスタイル , 2020 All Rights Reserved.