レイアウト

引っ越しや模様替え前にチェック!家具を上手に配置する基本ルール

この記事は約15分で読めます。

2019-11-13

引っ越しや模様替え前にチェック!家具を上手に配置する基本ルール

インテリアコーディネーター

インテリアの専門学校「町田ひろ子アカデミー」を卒業後、家具屋「ACTUS」に勤務。現在はインテリアコーディネーターとして活動中。

引っ越しや模様替えで家具を配置する前に抑えておきたい、家具配置のルールや例をまとめました。

※タップで移動

家具配置の基本ルール

各部屋の家具の配置のポイントを解説する前に、家具配置の基本的なルールをご紹介。

どの家具、どんな部屋にも共通する基礎知識ですので、しっかり押さえておきましょう。

動線を確保する

室内の人が通るルートの図面

動線は人が通るルート

動線とは、室内の人が通るルートのこと。

家具の配置を考えるとき、まず動線が確保できているか?をチェックします。動線上に家具を配置してしまうと邪魔になり、途端に暮らしにくい部屋になってしまうからです。家具は、人の動きを妨げない場所に配置しましょう。

人ひとりが正面向きで通るには、約60cm前後(肩幅よりやや広いくらい)の通路幅が必要です。動線となる通路には、この寸法を目安にしましょう。

部屋の中のよく行き来する場所、大人数が集まる部屋(リビングなど)では、やや広めの通路幅を確保するとストレスなく生活ができます。逆に、寝室のような動き回らないような部屋では、広い通路幅は必要ありません。

関連記事
「動線」とは?家具配置の基本となる動線計画の3つのポイント
「動線」とは?家具配置の基本となる動線計画の3つのポイント

「動線(どうせん)」とは、室内の人が通るルートのこと。動線は間取りと家具配置によって決まります。

続きを見る

そろえて置く

家具の高さがそろっていない配置

高さや色がバラバラだと雑然とした印象に

家具の素材や色がそろっている配置

高さや色をそろえるとまとまって見える

家具を無造作に配置してしまうと、雑然とした印象に見えることがあります。たとえば、上の左図のように、隣り合う家具の高さや色がバラバラだと、雑然とした印象に見えてしまいます。

一方、上の右図のように、家具の高さ・奥行・色や素材をそろえて置くと、まとまった印象が生まれます。

隣り合う家具と高さや手前のラインに凹凸ができないように並べたり、同じ色・素材同士の家具はまとめて置くようにすると良いでしょう。

関連記事
家具配置で部屋に一体感を持たせる3つのコツ
家具配置で改善!雑然とした部屋をスッキリと見せる3つのポイント

「部屋にまとまりがない」「ゴチャゴチャした印象だから、なんとかしたい!」とお困りではありませんか?部屋が雑然とした印象になってしまう原因はさまざまですが、この記事では家具配置でまとまった印象に変えるコツを3つに絞ってご紹介します。

続きを見る

分散させない

家具が分散していない部屋

家具を一カ所にまとめて配置すると広く見える

部屋が狭いのなら、家具を一か所にまとめて配置するようにしましょう。

家具の面積は床面積の3分の1以下におさえるのが理想とされており、床面積が広い(床がたくさん見える)ほど、実際よりも広く見えるのです。

床面積を広く見せるには、ソファやベッドなどの大型家具を部屋の中心に置かず、壁際にまとめて配置するなどの工夫が効果的(上図)。部屋の4面すべての壁に家具を並べると圧迫感があります。床と壁の見える面積が多くなるよう、家具をまとめて配置するようにしましょう。

関連記事
狭い部屋を家具配置で広く見せる基本のテクニック
狭い部屋を家具配置で広く見せる基本のテクニック

部屋が狭くても、家具の配置を工夫するだけで広く見せることが可能です。この記事では、家具配置でゆったりとした部屋を演出する基本的なテクニックを3つご紹介します。引っ越しで新しく家具を買おうと思っている方、模様替えの家具の置き方で困っている方はご参考に。

続きを見る

視線の抜けをつくる

大きな窓の前に家具を置かない配置

窓を家具でふさがないように家具を配置すると視線が抜けて広く見える

家具配置ではあまり話題にならないけれど、とても重要なのが「視線」。

部屋に入ったとき、ソファやダイニングチェアに座ったとき、部屋の中がどう見えるか?で印象が変わってきます。たとえば、ダイニングテーブルで食事をするとき、片付いていないキッチンが視界に入ると落ち着けませんよね。

視線は、家具配置が大きく影響します。

ポイントは、「視線の抜け」をつくって「フォーカルポイント」を設置すること。

絵画を飾ってフォーカルポイントをつくった部屋

絵画などでフォーカルポイントを作ると視線がそこに集まり広がりを感じる

「視線の抜け」とは、部屋を見渡したときに、家具やモノで視線を遮らないように配置すること。こうすることで、部屋が広く見えます。

「フォーカルポイント」とは、部屋の中で、自然と視線が集まる場所のこと。ポスターや絵画などを飾ると、そこががフォーカルポイントになり、空間に奥行き感が出て広く感じます。

関連記事
開放感のある部屋にするための家具配置のコツ
開放感のある部屋にするための家具配置のコツ

狭い部屋を広く見せるためには、視線の抜けをつくることが重要。ポイントは「大きな窓の前に家具を置かない」「背の高い家具は置かない」「フォーカルポイントをつくる」の3つ。

続きを見る

目次にもどる

ダイニングの家具配置

【図解】ダイニングの家具配置に必要なスペースとレイアウトのポイント

家具配置の基本ルールを踏まえて、各部屋の主要な家具配置のポイントを解説していきます。

まずはダイニングの家具配置から。

ダイニングは、テーブルまわりに十分なスペースを確保すうように家具を配置していきます。通路幅はもちろんのこと、イスを引いたり立ち座りをしたり、座っている人の後ろを人が通るためのスペースを確保しましょう。

ダイニングまわりの必要寸法

テーブル周りに必要なスペース

立ち座りには60cm、座っている人の後ろは60cmのスペースが必要

ダイニングで食事をするときに必要な寸法は次の通り。

  • イスを引いて腰をかける:幅60cm
  • 腰をかけているとき:幅40~50cm
  • 腰をかけている人の後ろを通るとき:60~90cm

この寸法を目安に、テーブル周りに十分なスペースを確保し、配膳や食事中の動作に支障がないようにしましょう。

食事中の視線の向きに注意

ダイニングセットからキッチンが見える

食事のとき目線の先にキッチンが見えると落ち着かない

ダイニングセットを配置する際、その向きにも注意。

上図のように、ダイニングとキッチンを平行に配置してしまうと、座る位置によってはキッチンの様子が見えてしまう人が出てきます。キッチンに対してダイニングチェアを垂直に配置するなどして、食卓に座ったときにキッチンが直接見えないように配慮ができると良いでしょう。

関連記事
ダイニングテーブルとダイニングチェアの選び方
ゆったりと食事ができるダイニングテーブルとダイニングチェアの選び方

家族みんなが自然と集まるような、ゆったりとくつろげるダイニングセットの選び方をイラスト付きで解説。はじめてダイニングテーブルとダイニングチェアを選ぶ方のご参考になります。

続きを見る

目次にもどる

リビングの家具配置

ソファの座面高に合ったリビングテーブル

次にリビングの家具配置について解説。

リビングのくつろぎ家具といえばソファ。ソファの配置を中心に、リビングテーブルやテレビボードの配置を決めていきます。

ただし、ライフスタイルや間取り、部屋の大きさによってはソファがそもそも必要でないことも。これから家具の購入を検討している方は、まずはソファが本当に必要か?よく考えたうえで、置けるスペースを確保できるか?チェックしましょう。

ソファの配置パターン

ソファの配置の仕方はいろいろ考えられますが、スタンダードなのが

  1. I型(並列型)
  2. 対面型
  3. L字型

の3パターン。ソファのサイズや数、演出したい部屋の雰囲気に応じて配置を決めましょう。

I型(並列型)

ソファをI型(並列型)に配置する

I型のソファ配置は親密度が高いが来客に不向き

I型のソファ配置はシンプルで省スペースのレイアウトです。隣り合って座るため、親密度は高ります。ただし、来客には不向き。来客が多いのなら、対面型やL字型のソファ配置を検討するか、オットマンの配置などで対応するのも良いでしょう。

対面型

ソファを対面型に配置する

対面型のソファ配置は緊張感が生まれるので応接向き(寸法は目安)

対面型のソファ配置は向かい合って座ることとなるため、緊張感が出る、応接向きのレイアウト。来客の多い家庭やオフィス向けのレイアウトです。

両サイドには通路となるスペースを確保してください。

L字型

ソファをL型に配置する

L型のソファ配置は斜めに座るためリラックスでき、解放感もある(寸法は目安)

L型のソファ配置は、座る人同士のお互いの視線が気にならない、リラックス間のあるレイアウト。壁に寄せて配置することで視界が広がり、圧迫感を緩和できます。スペースに余裕があり、大人数の家庭向けのレイアウトです。

関連記事
失敗しない!ソファの正しい選び方

どのくらいの大きさのソファを選ぶべきか?どんな座り心地のソファを選ぶべきか?どの張り地のソファを選ぶべきか?元家具屋がイラスト付きで分かりやすく解説。

続きを見る

ソファとリビングテーブルの間隔

ソファとリビングテーブルの間隔は、座面の高さによって変わってきます。

ソファの座面高が35cm前後ある場合のリビングテーブルとの間隔

座面高35cmの場合、ソファとテーブルは45~50cmあける

座面の高さが35cm程度のソファは、足を伸ばしたり組んだりとリラックスして座るもの。足をのばしたときにテーブルにぶつからないよう、ソファとリビングテーブルを50cm前後あけて配置します。

ソファの座面高が35cm前後ある場合のリビングテーブルとの間隔

座面高35cmの場合、ソファとテーブルは45~50cmあける

座面が42cm程度のソファは、背筋を伸ばした正しい姿勢で座るもの。足を伸ばしたり組んだりしないので、ソファとリビングテーブルは35~45cm前後あけて配置すれば問題ありません。

関連記事
リビングテーブルの選び方の基本

ソファとセットで選ぶことの多いリビングテーブル。高さや天板の材質などは、何を基準に選べば良いのか?解説します。リビングテーブルをはじめて選ぶ方はぜひ参考にしてください。

続きを見る

ソファとテレビボードの間隔

リビングの家具配置のポイント

テレビボードは、ソファから60cm以上あけて正面に配置します。リビングテーブルを置くなら、テーブルとテレビボードの間は60cm以上あけ、テーブルからソファは50cm前後あけます。

関連記事
【図解】高さは?横幅は?テレビボードの選び方
【図解】高さは?横幅は?テレビボードの選び方

テレビ台の選び方のポイントを解説。AV機器は商品サイクルが早いので、今度買い替えるであろうテレビ・オーディオの大きさを考慮したうえでテレビボードを選ぶ必要があります。

続きを見る

座ったときの視線の向きに注意

ダイニングテーブルと同様に、ソファも配置の仕方によって視線の広がり方が変わるため、座ったときの視線の向きを考えながら配置する必要があります。

ソファをキッチンに向けて配置した例

キッチンに向けてソファを配置すれば自然と会話が生まれる

上図のように、I型のソファ配置の場合、ソファをキッチンに向けて配置すると、互いに視線が交わり自然と会話が生まれます。小さいお子さんがいる家庭では、調理しながら子どもの様子が分かり、会話もできるのでおすすめ。

ただし、来客はソファに座ったときにキッチンが見えてしまうため、雑然とした印象を与えてしまいます。

キッチンに背を向ける形で配置したソファ

キッチンに背を向けてソファを配置すれば、キッチンや部屋全体が見渡せない

来客が多い家庭は、上図のようにキッチンに背を向ける形でソファを配置します。来客がソファに座ったとき、キッチンや部屋全体が見渡せないため、煩雑なイメージを緩和できるでしょう。

関連記事
座りやすいソファ選び方
座面のかたさは?長時間座っていても疲れにくいソファ選びのポイント

ソファの座り心地を左右するのが、座クッションと背クッションの固さと座面の高さ。長時間座っても疲れにくいクッションは、どのくらいの固さか?座面はどのくらいの高さなら疲れにくいのか?解説します。また、ソファにアームが付いていた方が良いのか?も解説します。

続きを見る

目次にもどる

寝室の家具配置

寝室の家具配置の例

さいごに、寝室の家具配置のポイントを解説。

寝室は、ベッドの占める面積が大きいもの。ベッドのサイズや配置の仕方を決めてから、スペースに余裕があれば必要な家具を買い足していくと良いでしょう。

ベッド配置のポイント

寝室は、ただ単に寝るための部屋ではなく、くつろぎの空間を目指すことが大切。家具配置では、各動作の妨げとならないように十分なスペースを確保することが大切です。

具体的には、

  • 寝室内の移動のための通路幅
  • ベッドメイキングのしやすさ
  • 着替えやメイクなどの身支度のしやすさ

に配慮しながら、家具配置にゆとりを持たせましょう。

関連記事
【図解】ベッドマットレスの一般的なサイズ一覧表

ベッド・マットレスの標準的なサイズを表にまとめました。最小のセミシングルから、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、最大のキングまでの各サイズをイラストで解説。

続きを見る

ベッドまわりの必要寸法

6畳の寝室にダブルベッドを配置した例

6畳にダブルベッドを1台配置したレイアウト例

ベッドまわりに必要な具体的な寸法は次の通り。

  • ベッドから壁の間(壁に寄せる場合):10cm
  • ベッドから壁の間(通路にする場合):50cm
  • ベッドからクローゼット(開き戸)の間:90cm
  • ベッドからクローゼット(引き戸)の間:50cm
  • ベッドからチェストの間:75cm
  • ベッドからオープンシェルフ(本棚など)の間:50cm
  • ベッドからデスクの間(座っている人の後ろを通る場合):110cm
  • ベッドからデスクの間(座っている人の後ろを通らない場合):70cm

寝室は他の部屋と比べて動き回ることが少ないため、通路幅は50cm前後と狭めで構いません。ベッドを壁に寄せるときは、ベッドメイキングのしやすさを考慮して壁から10cm以上は離しましょう。

寝室にベッド以外の家具を配置するなら、上記の間隔を目安に動作の妨げにならないよう配慮し、ゆとりのある寝室にしましょう。

関連記事
快適に寝られるベッドフレームとマットレスの選び方まとめ
快適に寝られるベッドフレームとマットレスの選び方まとめ

ベッドフレームとマットレスの選び方を図解!ベッドフレームのサイズやデザインの選び方、マットレスのかたさの選び方について詳しく解説します。はじめてベッドを購入する方はぜひ参考に。

続きを見る

目次にもどる

まとめ

家具配置の基本ルールと、各部屋の家具配置のポイントをご紹介しました。

家具配置の基本ルールでも解説した通り、配置決めはまずライフスタイルを見直し、どんな動きをするか?どこに家具を置けば邪魔にならないか?をよく考えて、配置を決めるところからはじまります。

各家具に必要なスペースは、部屋別にご紹介した通りですので、その寸法を目安にスペースを確保しましょう。

関連記事
【部屋別】家具の選び方のポイントまとめ【初心者向け】
【部屋別】家具の選び方のポイントまとめ【初心者向け】

家具選びの全般のポイントと、各家具の選び方のポイントを部屋別(ダイニング・リビング・寝室)に解説します。

続きを見る

リーズナブルな家具通販

安くておしゃれな家具をお探しなら「家具350 」がおすすめ。最大80%OFFのセールも開催!

-レイアウト

© 2020 インテリアスタイル