インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家具

なぜ、男女は家具選びでケンカになるのか?

なぜ、男女は家具選びでケンカになるのか?

以前、私は東京の家具屋に勤めていたことがあり、販売員としてお客様の家具選びのお手伝いをしていました。

休日になると若い夫婦が来店することが多く、新居にどんな家具を置くか?2人の要望を聞き、その要望に近い家具を店内にある家具の中から選んでいきます。

ある日。いつものように、とある若い夫婦が新居に置く家具を選びにお店にやってきました。

家具販売員である私は若い夫婦のそばに付き、「こういう家具が欲しい」と聞かれたら「これはどうでしょう?」などとアドバイスをします。

その若い夫婦は、はじめは楽しそうに家具を選んでいました。ところが、次第に険悪なムードになり、最終的にケンカになってしまいました。空気はピリピリし、販売員である私が板挟みになる、なんてことがありました。

実はこういった状況は珍しいことではありません。楽しい家具選びが、いつの間にかケンカになってしまうのはよくあること。

ではなぜ、男と女は家具の選ぶときにケンカになってしまうのか?自分なりの考えを書いてみます。

これから家具を選ぶ機会のある男女は、ご参考にしてみてください。

男女の価値観の違い

男と女は価値観が違います。

男の頭は「予算重視」

男性は、家具選びでこんなことを考えながら買い物をしています。

  • 目的の家具を探す(目的以外は要らない)
  • さっさと決めたい(時間を無駄にしたくない)
  • 予算内に収めたい(予算オーバーすると怒る)
  • 比較検討して最良の選択をしたい(失敗したくない)
  • 買い方や場所にこだわらない(同じような家具ならどこで買っても一緒)
  • 買い物はただの消費だからあまりお金を使いたくない(楽しくない)

これは男性である私の考えですが、家具販売員として接客していると、やはりこの考え方で買い物をしている男性客が多いと感じます。

男性は、買い物は女性ほど楽しいと感じません(私はむしろ苦痛)。買い物はマネープランの1つであり、お金を使う以上、失敗のない選択を望んでいます。

そのために、十分に比較検討して購入しようとしますし、余計な物は必要としません。

女の頭は「イメージ重視」

一方の女性は、家具選びでこんなことを考えながら買い物をしています。

  • 予算はあまり気にしない(ほしい家具ならちょっと予算オーバーしてもいい)
  • ピンと来る家具に巡り合いたい(素敵な家具を見つけたら直感で買いたい)
  • 目的以外の家具もいろいろ見たい(買い物を楽しみたい)
  • 買い方や場所にこだわる(すてきなお店で接客されて買いたい)
  • 買い物はストレス発散(ショッピングは楽しい!)

これは私の妻の考えです。言われてみれば、家具販売員として女性客を接客していると、この考え方で買い物をしている方が多いように思います。

女性は買い物が好きです。特に新居の家具選びはワクワクでいっぱい。理想のインテリアイメージも膨らんでいるはず。だから、予算どうこうよりも、まず自分のイメージに近い家具を選ぼうとします。

男女が家具選びでケンカする理由

男女が家具選びでケンカする理由は、買い物に対する男女の価値観の違いにあると思います。

男が怒る理由

男が女性との家具選びで怒る理由は次の通り。

  • 目的の分からない家具を買う
  • どこに置くのか決まっていない家具を買う
  • 予算オーバーする高い家具を買う
  • よく比較もしないで選んだ家具を買う

男性はお金に関心が高く、特に家具のような高い買い物ではシビアになります。想定外の家具は要らない、欲しいと言ったら怒ったり反発する、ということです。

特に、インテリアに疎い男性が家具選びをするとき、「どうでもいい」が本心で、その一方で「お金のムダ遣いはイヤだ」という考えがあるのではないかと思います。

女が怒る理由

女性が男性との家具選びで怒る理由は次の通り。

  • 共感してくれない
  • 直感で決めた家具を否定される
  • 買い物を楽しんでくれない

妻いわく、女性は買い物でとにかく共感してほしいそうです。理想のインテリアのイメージが固まっているので、それに近い家具が見つかったら男性に「イイね!」と言ってほしいそうです。たとえ買わなくても。

それなのに男性は、「いや、それ高いから」「どこがイイの?」と頭ごなしに否定します。これがケンカになる原因です。

特に若い女性なら、「これから新居での新生活が始まる。インテリアもこだわっておしゃれにしたい!」と意気込んでいるので、理想のイメージも膨らんでいるはず。そのイメージに近い家具を見つけたのに、男性から否定されるとムカッとくるわけです。

ケンカせず家具を選ぶには?

家具選びでケンカをする夫婦を何組か接客してきて、男女が家具選びでケンカをしないためにはこんな対策をとると良いと思いました。

  • 事前に2人でカタログをよく見て、イメージを固めておく
  • どの家具にいくらの予算をつぎ込むか?細かく決めておく
  • 女性はなぜその家具が必要なのか?理論的に説明できるように考えておく
  • 男性は買い物中に女性の意見を頭ごなしに否定しない

男性は、女性の欲しい家具を買ってあげたい気持ちはありますが、これからの2人の生活を考えると、お金のことで頭がいっぱい。

だから女性は、どの家具がなぜ必要で、それはいくらなのか?を説明できるようにしておきます。それがあれば男性が怒ることはありません。

男性は、女性の意見をなんでもかんでも否定せず、歩み寄る姿勢が大切です。買い物で気分が高揚している女性に対して、気持ちが冷めるような態度をしないように。

とにかく、「相手の意見をよく聞き、楽しく買い物をする!」という気持ちで家具屋に行くことが大切だと思います。

まとめ

家具選びは楽しいもの。一緒に暮らす男女にとっては、これから一緒に使う思い入れのある家具になるかもしれません。

自分のこだわりを相手にぶつけることも大事ですが、なるべく楽しくお買い物をしてくださいね。

もし、家具屋でケンカになってしまったら日を改めましょう。ケンカして選んだ家具なんて、長く使いたくありませんから。

おしゃれな家具紹介サイトの管理人

この記事を書いた人

インテリアコーディネーター

インテリアの専門学校を卒業後、大手家具屋の販売を経て、インテリアコーディネーターとして独立。これまで培った独自のノウハウを当サイト限定で公開中。

関連記事と広告

-家具

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.