インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家具

快適に寝られるベッドフレームとマットレスの選び方まとめ

快適に寝られるベッドフレームとマットレスの選び方まとめ

ベッドフレームとマットレスを選ぶときにポイントとなるのが

の3点。それぞれの選び方について解説します。

ベッドサイズの選び方

ベッドのマットレスは、幅(W:ワイド)のサイズによって「シングル」や「ダブル」などと分類されます。使う人の人数や体格に合わせて適切なサイズを選びましょう。

標準的なベッドのサイズ表

ベッドのサイズの種類と寸法

ベッドサイズ一覧

サイズはメーカーによって若干のバラつきはありますが、以下の範囲が一般的です。

分類幅(W)奥行(D)
セミシングル80~85cm195~200cm
シングル90~110cm200~210cm
セミダブル120~135cm200~210cm
ダブル135~145cm200~210cm
クイーン145~155cm200~210cm
キング155~200cm200~210cm

ベッドの奥行き(D)は、長さ(L)として表記することもあります。

上記以外のサイズとしては、シングルベッドを2つ組み合わせた「ツインベッド」が幅200cm×奥行210cm前後、「ベビーベッド」が幅65cm×奥行125cm×69cm前後となっています。

【図解】ベッドマットレスの一般的なサイズ一覧表

ベッド・マットレスの標準的なサイズを表にまとめました。最小のセミシングルから、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、最大のキングまでの各サイズをイラストで解説します。ベッドフレームやマットレスのサイズ選びをしている方はご参考にしてください。

続きを見る

サイズ選びのポイント

ベッドのサイズと寝られる人数

マットレスのサイズは寝る人数や使う人の体格に合わせて選ぶ

マットレスのサイズは、寝る人数や使う人の体格に合わせて選びます。大きなベッドで寝室を圧迫させるのも考えものですが、寝室が狭いからと小さめを選ぶと窮屈な思いをします。

  • 1人で寝るなら「セミシングル」か「シングル」
  • 大柄な人が1人で寝るなら「セミダブル」
  • 2人で寝るなら「ダブル」以上
  • 2人のうち大柄な人が1人いるなら「クイーン」以上
  • 身長が高い人は長さ210cm前後の「ロングサイズ」を選ぶ

夫婦2人で寝るなら、ダブルベッドではなくシングルベッドを2台置くのもおすすめ。シングルベッド2台にすれば、2人で寝たときに振動が相手に伝わりません。

夫婦2人ならダブルベッドを買うべき?シングルサイズを2つ買うべき?
夫婦2人ならダブルベッドを買うべき?シングルサイズを2つ買うべき?

夫婦2人で寝るベッドを選ぶとき、「ダブルサイズ以上のベッドを1つ買って、一緒に寝るか」それとも「シングルベッドを2つ(ツインベッド)買って、それぞれ使うか」の2通りが考えられます。どちらが快適に寝られるのか?双方のメリット・デメリットを比較したうえで解説します。

続きを見る

ベッドフレームのデザインの選び方

ベッドフレームを選ぶとき、

  1. 脚のデザイン
  2. ヘッドボードのデザイン
  3. フットボードのデザイン

の3カ所に注目します。

脚のデザイン

ベッドフレームの脚のデザインの種類

ベッドフレームの脚のデザインは3パターン

脚付きベッドフレームはベッド下の掃除がしやすく便利。掃除機のヘッドが入るか確認しましょう。脚のない直置きのタイプもありますが、通気性が悪いので注意。

ベッド下に収納が付いたベッドフレームは寝具を仕舞えて便利。ただし、通気性が悪くなり、掃除も大変になります。

ヘッドボードのデザイン

ベッドフレームのヘッドボードのデザインの種類

ベッドフレームのヘッドボードのデザインは3パターン

ベッドの頭側にあるのが「ヘッドボード」。ヘッドボードがあると枕が落ちたりシーツがズレにくくなり、なければデザインがスッキリ見えるメリットがあります。

ベッド横にはナイト(サイド)テーブルを置きますが、スペースがなければ収納付きのヘッドボードが便利。

フットボードのデザイン

ベッドフレームのフットボードのデザインの種類

ベッドフレームのフットボードのデザインは2パターン

ベッドの足側にあるのが「フットボード」。フッドボードがあると布団が落ちにくく、ないとベッドメイキングがしやすいメリットがあります。

ベッドフレームのデザイン選びでチェックすべきはこの3カ所
ベッドフレームのデザイン選びでチェックすべきはこの3カ所

ベッドフレームを選ぶときにチェックしたいのが「脚」「ヘッドボード」「フットボード」の3つ。それぞれ種類があり、使い勝手に影響します。どんな種類があり、使い勝手にどう影響するのか?詳しく解説します。ベッドフレーム選びで迷っているかはご参考に。

続きを見る

マットレスの選び方

マットレスがない状態とある状態の違い

マットレスは体重を分散しながら身体を支える役割がある

人間の身体には凹凸があり、かたい板やクッション性のないもので寝ていると身体の出っ張ったところだけに体重が掛かり、首・腰に負担が掛かります。首や腰に負担が掛かると自然に寝返りが多くなり、結果的に深い睡眠がとれなくなります。

こういった睡眠時の身体への負担を減らすのが、マットレスの役割です。

かたさの選び方

店頭でマットレスを選ぶときのポイント

マットレスは手で触ったり横になってじっくり確かめる

ベッドのマットレスは、かたすぎてもやわらか過ぎても良くありません。

マットレスがかた過ぎると、体が真っすぐになって血行が悪くなり、寝返りが多くなって疲れます。反対に、マットレスに張りがなかったりやわらか過ぎると、胸やお尻に体重が掛かってしまい、背骨の曲がりが大きくなり腰痛の原因を生みます。

横になったときに自然な寝姿勢=背筋を伸ばして直立したときの姿勢になっているマットレスが、適切なかたさです。

高さの選び方

ベッドフレームにマットレスを置いたときの床からの高さは、40~45cm前後が適切です。この高さは立ち座りがしやすく便利です。マットレスを選ぶときは、ベッドフレームとあわせて高さをチェックしましょう。

「やわらかい」と「かたい」どっちが良い?マットレスのかたさの選び方
「やわらかい」と「かたい」どっちが良い?マットレスのかたさの選び方

マットレスのかたさは、沈み込むようなやわらかさがあった方が良いのか?それとも弾力のあるかたい方が良いのか?解説します。マットレス選びで悩んでいる方は参考にしてください。

続きを見る

まとめ

ベッド選びのポイントまとめ

おすすめのベッドの選び方

ベッドを買うときは、フレームとマットレスをそれぞれ選ぶ必要があります。

ベッドフレームは、どちらかと言うと機能面とデザイン面を重視して選ぶと良いでしょう。寝心地に直結するのはマットレスです。少し高くても、良質なマットレスを選んで快適な睡眠を得るようにしましょう。

サイズに関しては、部屋の広さに合わせるのではなく、使用する人数に合わせて選びます。1人で寝るならセミシングル~セミダブルを、2人で寝るならダブル以上のサイズが一般的です。

寝心地には個人差があるので、ベッドを選ぶ際は店頭で試してみることをおすすめします。

-家具

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.