収納

破れや紛失を防ぐ!絵本カバーをキレイな状態で保管する収納術

この記事は約3分で読めます。

2020-01-15

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター

インテリアの専門学校「町田ひろ子アカデミー」を卒業後、家具屋「ACTUS」に勤務。現在はインテリアコーディネーターとして活動中。

我が家には小さい子どもがいて、絵本をたくさん買って読み聞かせています。

絵本が増えていくと困るのが、「カバー」の保管ですよね。我が家ではカバーは取り外して、絵本とは別にしているので、このカバーをどう保管するか?困りました。

で、良い収納方法が思いついたので、この記事にご紹介します。

絵本カバーは破れやすい!

赤ちゃん向けの絵本カバーと帯

絵本カバーの例

絵本によっては、カバーがついています。たとえば、「Sassyのあかちゃんえほん」「わすれられないおくりもの」「いないいないばあ」なんかにカバーがありました。

カバーをつけたままだと、読み聞かせるときに邪魔になったり、子どもが破いたりします。また、保管しているときに端の方が汚れてしまうことも。

カバーだけ取り外して別に保管しても、「どこに仕舞ったっけ?」と迷子になったり、折れてしまうこともありますよね。

[スポンサーリンク]

絵本カバーをキレイに保管するには?

保管に使う物

クリアファイルケース

クリアファイルケース

絵本カバーをキレイな状態で保管するには、ダイソーなどの100均に売っている「クリアファイルケース」を使うのがおすすめ。

A4のハンドル付きクリアファイルケース

ハンドル付きのファイルケース

A4のクリアファイルケース

A4のハンドルがないタイプ

A4のクリアファイルケース

B5のクリアファイルケース

B5サイズもある

ダイソーにはいろんな種類のクリアファイルケースが売っています。

保管方法

クリアファイルケースに保管した絵本カバー

保管方法は簡単で、絵本からカバーを取り外して、クリアファイルケースに入れるだけ。こうすると、キレイな状態をキープしながら保管できます。

絵本カバーの収納におすすめのサイズ

A4サイズなら大判の絵本カバーも収納可

クリアファイルケースのサイズはいろいろありますが、おすすめは大きめのA4。「わすれられないおくりもの」などの大判の絵本のカバーも収納できました。

本棚に収納したクリアファイルケース

クリアファイルケースは絵本と一緒に収納

クリアファイルケースは、絵本を収納している本棚に一緒に入れておきます。スッキリ収まり無くす心配もありません。

まとめ

破けやすく、無くしやすい絵本カバー。

増えていって保管に困ったら、丈夫なクリアファイルケースにまとめて保管するのがおすすめ。キレイに保管でき、本棚にスッキリ収納ができます。

クリアファイルケースは100均で手に入るので、ぜひ実践してみてくださいね。

関連記事
散らかりやすい赤ちゃんのおもちゃ、保育士はどう収納する?

育児中の保育士の妻に教えてもらった、散らかりやすく細々した赤ちゃんのおもちゃを収納するポイントをご紹介します。

続きを見る

-収納
-

© 2020 インテリアスタイル