カーテン 住宅

今あるドレープカーテンですぐできる!冬の夜の冷たい外気を防ぐ防寒術

この記事は約5分で読めます。

今あるドレープカーテンですぐできる!冬の夜の冷たい外気を防ぐ防寒術

冬の夜間、冷たい外気が部屋に入ってくると寒くて耐えられませんよね。そこでこの記事では、今あるドレープカーテンですぐにできる防寒術をご紹介します。

ドレープカーテンがあれば、特別な工事をしたり、防寒グッズを買わずにすぐにできるので、ぜひ実践してみてください。

冬に部屋が寒くなる原因は?

部屋の窓から入る冷たい外気

窓から外の冷たい空気が入って寒くなる

冬になると部屋が寒くなる原因はさまざまですが、「冷たい外気の侵入」が大きな要因として考えられます。

部屋(住宅)は壁で囲われているため外気を防げますが、壁面の一部は採光や換気目的で窓が設けられています。窓は、壁のように厚みがなく、断熱材も入っていないため外気が部屋に伝わりやすくなる欠点があります。

いくら部屋を暖房器具で暖めても、外から冷気が入ってしまうと、暖房の効果が薄れて寒くなります。

そこで、窓際の防寒対策が重要となるわけです。

[スポンサーリンク]

ドレープカーテンでできる夜間の防寒術

自宅に吊り下げているそのドレープカーテンで、今すぐできる防寒術は次の3つ。

  1. しっかり閉める
  2. 丈を床ギリギリに伸ばす
  3. 両端のフックを後列のランナーにずらす

1つずつ詳しく解説します。

しっかり閉める

ドレープカーテンを閉める

夜間に窓やシャッターをしっかり閉めることも効果的ですが、それでも外気は部屋に伝わってきます。

ドレープカーテンが閉まってた状態

ですので、日が暮れてからはドレープカーテンもしっかり閉めておきましょう。ドレープカーテンは一般的に厚めの生地で作られているため、外からの視線を遮るほか、防寒の役割も担います。

「シャッター」「窓」「ドレープカーテン」の3つをしっかり締めておくだけで、外の冷たい空気を遮断できますよ。

丈を床ギリギリに伸ばす

カーテンと床にすき間があると寒くなる

掃き出し窓(床まである大きな窓)のカーテンは、床から1~2cmほど離して吊るすのが基本です。カーテンの丈が長く、床まで届いてしまうとルーズで恰好が悪いためです。

ドレープカーテンと床にすき間がある状態

ところが、カーテンを床から1~2cmほど離して吊るすと、そのすき間から外気が部屋に入ってしまい寒くなります。

ですので、冬はカーテンの丈を床ギリギリに届くくらいまで長くしましょう。

カーテンと床のすき間を埋めるには?

カーテンのアジャスターフック

アジャスターフック

カーテンにもよりますが、多くのカーテンは高さがある程度調節できる「アジャスターフック」を用いてレールから吊り下げられています。

ご自宅のドレープカーテンが「アジャスターフック」であれば、購入後も丈の長さを10cmほど変えられます。

「アジャスターフック」を調整すると、下写真のように丈の長さが変わります。

アジャスターを一番下にした状態

アジャスターは調整可能

アジャスターを一番下にしたときのカーテンの丈

アジャスターを一番下にすると丈が短くなる

アジャスターの位置が低いと、カーテンの丈が短くなり、冷たい外気が部屋に入ってきます。

アジャスターを少し上にした状態

アジャスターを少し上げる

カーテンと床の間にすき間がない状態

カーテンと床の間にすき間がなくなった!

アジャスターを高くしてカーテンの丈を長くすると、床とのすき間が埋まり、冷たい外気の侵入を防げます。

ご自宅のカーテンのフックがアジャスターフックであれば、丈の長さを変えてみてください。

両端のフックを後列のランナーにずらす

カーテンと壁にすき間があると寒くなる

一般的なカーテンレールは、ドレープ用とレース用の2枚のカーテンを吊るすため2列になっている「ダブルレール」が用いられています。

ダブルレールの場合、前列にはドレープカーテンを、後列にはレースカーテンをそれぞれ吊るすのが普通です。

カーテンのダブルレール

一般的には前列にドレープを、後列にレースカーテンを吊るす

ですが、この吊るし方だと窓の両脇にすき間ができてしまいます。

カーテンと壁にすき間がある状態

カーテンと壁にすき間ができて冷たい外気が入る

すき間があると、冷たい外気が入ってきてしまいます。

カーテンと壁のすき間を埋めるには?

カーテン両端のフックを後列のランナーに移した状態

両端のフックだけ後列のランナーに移す

これを防ぐには、ドレープカーテンの両端のフックだけ、後列のレールのランナー(カーテンフックを掛けるための部品)に移し替えます。

カーテンと壁にすき間がない状態

カーテンと壁のすき間が埋まった!

両端のフックを後列のレールのランナーに移動することで、窓とカーテンのすき間が埋まりました。これで、外から入ってくる冷たい空気の侵入を防ぐことができました。

まとめ

ドレープカーテンには防寒機能が備わっているタイプもありますが、普通の厚手のものでも使い方によっては十分な防寒対策がとれます。

カーテンの丈を床まで伸ばしたり、両端のフックを後列のレールのランナーに移動することで、窓とドレープカーテンのすき間がなくなり、冷たい外気をシャットアウトできます。

大きな効果は期待できないかもしれませんが、どなたでもすぐに実践できる対策ですので、ぜひ実践してみてくださいね。

\SHARE/

-カーテン, 住宅

Copyright© インテリアスタイル , 2020 All Rights Reserved.