インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家具 ベッド

寝心地に大きな影響を与える!ボンネルとポケットコイルの違い

2016/11/28

ボンネルコイルとポケットコイルの違い

ボンネルコイルとポケットコイルは同じスプリングマットレスですが、構造が全く異なるので、寝心地に大きく影響します。

ボンネルコイルとポケットコイルの違いを知らないで価格だけで選んでしまうと失敗するので、購入前にしっかり学びましょう。

スポンサーリンク

ボンネルコイルの特徴

ボンネルコイル出典:スプリングマットレス - マットレス 選び方

ボンネルコイルは、渦巻き状のコイルを縦横に連結させたマットレスです。全てのコイルが一体化しているので、身体を面で支えます。

ボンネルコイルのメリット

ボンネルコイルは、通気性・耐久性に優れています。寝心地は、ほど良い弾力があります。ベッドで寝ているとよりも、畳の上に布団を敷いて寝ているような感覚が特徴。

ポケットコイルに比べて安いメリットがあります。

ボンネルコイルのデメリット

ボンネルコイルは振動がベッド全体に伝わりやすいため、二人で使用するダブルサイズ以上には適しません。

加重が分散されず、お尻や肩に負担がかかるのがボンネルコイルのデメリットです。

ポケットコイルの特徴

ポケットコイル出典:スプリングマットレス - マットレス 選び方

ポケットコイルは、コイルのひとつひとつを袋につめて並べたマットレスです。

ポケットコイルのメリット

ボンネルコイルが「面」で支えるのに対して、ポケットコイルは「点」で身体を支えます。振動は伝わりにくいため、ダブルサイズ以上のベッドに適しています。

ポケットコイルの特徴は、加重の分散性に優れ、睡眠中の動きに応じてしっかりフィットするので自然な姿勢で寝られます。

腰や背骨の負荷をバランス良く分散します。柔らかく、沈み込む感覚があります。

ポケットコイルのデメリット

畳で寝ているのに慣れている人は、ポケットコイルの沈み込むような独特の感覚が向かないこともあります。硬い寝心地になれている人は、ボンネルコイルが良いでしょう。

また、ポケットコイルの方が高いので、一人暮らしで予算が厳しい人には向きません。

まとめ

ボンネルコイルとポケットコイルの違いは、以下の通りです。

  • ボンネルコイルは体を面で支える
  • ボンネルコイルは振動が伝わりやすい
  • ポケットコイルは体を点で支える
  • ポケットコイルの方が値段が高い

ポケットコイルは値段が高いですが、自然な寝姿勢をキープできます。また、振動が伝わりにくいので、カップルや夫婦で一緒に寝るときはおすすめです。

一人暮らしで安いマットレスを探しているときは、ボンネルコイルでも良いでしょう。

-家具, ベッド

みんなが読んでる記事

おしゃれな家具の通販サイト 1
【プロが厳選】安くておしゃれな家具通販サイトのおすすめ11選

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安くておしゃれな家具が欲 ...

おすすめのビーズクッション 2
ビーズクッションの決定版!無印より使えるおすすめは?

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソファ」が有名ですね。 ...

6畳のインテリアレイアウトの実例 3
6畳のインテリアレイアウトの基本と各部屋の実例

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴチャゴチャした感じに ...

4
イームズチェアのリプロダクトのおすすめは?種類別に徹底紹介!

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻込みしてしまう人も多 ...

インテリアのおすすめの本 5
センスが面白いほど伸びる!インテリアのおすすめ本7選

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販でも手軽に手に入るよう ...