住宅

大型台風に備えてやっておくべき防災リスト

この記事は約2分で読めます。

2019-10-11

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター

インテリアの専門学校「町田ひろ子アカデミー」を卒業後、家具屋「ACTUS」に勤務。現在はインテリアコーディネーターとして活動中。

2019年10月に大型台風19号が関東に直撃するとのことで、それに備えてやっておくべき防災対策を殴り書きしています。

  • スマートフォンの電池をフルに充電
  • 懐中電灯と電池を用意
  • 雨戸やシャッターを閉める
  • 雨戸やシャッターがない窓はダンボールで塞ぐ
  • カーテンを閉める
  • ×と+を重ねた形のガムテープを窓に貼る
  • 「水のう」でトイレ・風呂・洗濯機・流し台などを塞ぐ
  • 「水のう」を段ボールに入れて玄関に置く(浸水防止)
  • 重要な書類や高価な家財はジップロックに入れて高所に保管
  • 数日分の衣類をジップロックに入れて高所に保管
  • 風呂に水をためる
  • 飲料水を3日分以上用意
  • 火や水が不要な非常食(パンや缶詰)を3日分くらい用意
  • 冷凍庫に凍ったペットボトルの水を入れておく
  • 台風一過の熱中症対策
  • 物干しざおは室内に入れておく
  • 停電したらブレーカー落とす
  • 自転車を室内に入れておく
  • おむつや粉ミルクなどは濡れないようにゴミ袋に入れて高所に保管
  • 余裕があれば貴重品以外の物も濡れないようゴミ袋に入れて高所に保管

以上。

関連記事
【災害時の強い味方】乾電池でiPhoneを充電できるPanasonicのモバイルバッテリー
【災害時の強い味方】乾電池でiPhoneを充電できるPanasonicのモバイルバッテリー

Panasonicの「USB入出力付急速充電器 BQ-CC87L」なら、単3形電池4本でiPhoneに充電ができます。

続きを見る

関連記事と広告

-住宅

© 2020 インテリアスタイル