照明

ダイニングテーブルの上に吊り下げるペンダントライトの高さは何cm?

この記事は約4分で読めます。

2019-12-04

ダイニングテーブルの上に吊り下げるペンダントライトの高さは何cm?
インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター

インテリアの専門学校「町田ひろ子アカデミー」を卒業後、家具屋「ACTUS」に勤務。現在はインテリアコーディネーターとして活動中。

ダイニングテーブルの上にペンダントライトを吊り下げる場合、大きいシェードのものなら60~80cmくらい、小さいシェードのものなら50~70cmくらいテーブル面から離すのが適切です。

関連記事
数は?サイズは?ダイニングに取り付けるペンダントライトの選び方

ペンダントライトは、シェード(ペンダントライトを覆う笠)の大きさや形によって照らす範囲が限定されます。シェードの素材もいろいろあり、その素材によって光の広がり方も変わってきます。

続きを見る

正しいペンダントライトの高さの測り方

ペンダントライトの高さの測り方

「天井からの距離」ではなく「テーブル面からの距離」

食卓やテーブルの上にペンダントライトを吊り下げる場合、「天井からの距離」ではなく、「テーブル面からの距離」で測ります。テーブルからペンダントライトのシェード(笠)の底がどのくらい離れているか?を測ってください。

高すぎる位置に吊るしてしまうと、シーリングライトのようなイメージになり、ペンダントライトのせっかくの美しいフォルムが際立ちません。また、光がテーブル面に届かなくなり、照明器具としての意味もなくなります。

逆に低すぎると、座ったときにペンダントライトが視界に入り、邪魔に思えます。低いと座る人の顔に光が当たらないため、相手の顔もよく見えません。

適切な高さに吊るしましょう。

ペンダントライトの適切な高さとは?

ペンダントライトの適切な高さは60~80cm

適切な高さはテーブル面から60~80cm

冒頭でも触れた通り、ペンダントライトはテーブル面から60~80cmくらいの高さに吊り下げます。小型のペンダントライトの場合は、少し低めの50~70cmくらいの高さに吊り下げます。

この高さが適切である理由は、

  • ペンダントライトが邪魔に思えない
  • テーブル面に十分に光が届く距離
  • 人の顔を照らし、よく判断できる
  • 座ったときに光源が見えにくく、まぶしくない(シェードがないタイプは例外)

ためです。

ちなみに、ペンダントライトの名作「PH5」を生み出したルイスポールセンは、「机から照明までの高さは60cm」と具体的な数字で指定していることで有名です(以下、抜粋)。

卓上をしっかりと照らし、テーブルを囲むひとびとの顔を柔らかく美しく照らすためには、卓上60センチの位置に吊り下げてください。

出典:PH 5 - Louis Poulsen

PH5のデザインを基に話していますが、ほかのペンダントライトにも通用します。

この数値を基準に、ご自身の使っているペンダントライトの高さを調整してみてください。

まとめ

テーブルの上にペンダントライトを吊り下げるなら、テーブル面から60~80cmほどの高さに取り付けてください。小型のペンダントライトなら、50~70cmくらいでも良いでしょう。

この高さが適切である理由は、卓上をしっかり照らし、かつ座る人の顔がよく見えるため。

ペンダントライトにもさまざまな大きさや素材、形状のものがあるので、使うペンダントライトの特徴をよく確認して、適切な高さになるよう調整しましょう。

関連記事
ダイニングを照明でオシャレに演出!選び方のポイントは?
ダイニングを照明でオシャレに演出!選び方のポイントは?

ダイニングルームの照明のポイントは、人の視線を食卓の上の料理に集中させ、そこにだけ暖かい雰囲気を作ること。

続きを見る

[スポンサーリンク]

あせて読みたい

ダイニング照明の光の色は「オレンジ」と「白」どっちがおすすめ?

2020/5/30

ダイニング照明の光の色は「オレンジ」と「白」どっちがおすすめ?

ダイニングを照らす明りの色は、「オレンジ色」と「白色」のどちらが良いのか?それぞれの光色の違いを解説したうえで、ダイニング照明に最適な光の色を解説します。ダイニング照明を考えいる方はぜひ参考にしてください。

ReadMore

ダイニング照明には何を選ぶべきか?おすすめはこの2つ!

2020/6/3

ダイニング照明には何を選ぶべきか?おすすめはこの2つ!

さまざまなデザインや種類がある照明器具。ダイニングルームにはどのような照明器具がおすすめか?この記事ではダイニングに適した照明を2つご紹介します。

ReadMore

ダイニングテーブルの上に照明器具を設置できないときの3つの対処法

2020/6/10

ダイニングテーブルの上に照明器具を設置できないときの3つの対処法

ダイニングテーブルの真上に、照明器具を取り付けるための「引っ掛けシーリング」がなかったり、テーブルとの位置が微妙にズレている場合、ライティングレールやフロアスタンドで対処できます。

ReadMore

照明計画のポイントと各部屋の照明テクニックまとめ

2020/2/7

照明計画のポイントと各部屋の照明テクニックまとめ

「インテリアは好きでも、照明はちょっと苦手」という人は少なくありません。実際、照明について調べると専門用語が多く出てきたり、種類もさまざまで混乱してしまうでしょう。 ですが、生活に必要な明るさをつくる照明は、インテリアの雰囲気づくりにも欠かせない重要な存在。ちょっと工夫するだけで、部屋の見え方も気持ちまでもグッと良くなるものです。 では、難しそうな照明計画はどうやって進めるべきなのか? この記事では、 照明器具の種類 照明計画のポイント 各部屋の照明テクニック の3つの章に分けて詳しく解説します。 はじめ ...

ReadMore

あなたへのおすすめ

【図解】ダイニングの家具配置に必要なスペースとレイアウトのポイント
【図解】ダイニングの家具配置に必要なスペースとレイアウトのポイント

2020/3/16    

ダイニングセット(ダイニングテーブルとダイニングチェア)を部屋に配置するときのポイントをイラストで詳しく解説。

ダイニングテーブルとダイニングチェアの選び方
ゆったりと食事ができるダイニングテーブルとダイニングチェアの選び方

2020/2/15    

家族みんなが自然と集まるような、ゆったりとくつろげるダイニングセットの選び方をイラスト付きで解説。はじめてダイニングテーブルとダイニングチェアを選ぶ方のご参考になります。

【図解】ダイニングテーブル選びで知っておきたい1人分の食事スペース

2020/2/15    

大人1人に必要なテーブルのスペースはどのくらいの広さか?ダイニングテーブル選びで重要な、食事スペースの目安をイラスト付きで分かりやすく解説します。

-照明
-

© 2020 インテリアスタイル