インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

照明

ダイニングテーブルの上に吊り下げるペンダントライトの高さは何cm?

ダイニングテーブルの上に吊り下げるペンダントライトの高さは何cm?

ダイニングテーブルの上にペンダントライトを吊り下げる場合、大きいシェードのものなら60~80cmくらい、小さいシェードのものなら50~70cmくらいテーブル面から離すのが適切です。

ペンダントライトの高さの測り方

ペンダントライトの高さの測り方

「天井からの距離」ではなく「テーブル面からの距離」

食卓やテーブルの上にペンダントライトを吊り下げる場合、「天井からの距離」ではなく、「テーブル面からの距離」で測ります。テーブルからペンダントライトのシェード(笠)の底がどのくらい離れているか?を測ってください。

高すぎる位置に吊るしてしまうと、シーリングライトのようなイメージになり、ペンダントライトのせっかくの美しいフォルムが際立ちません。また、光がテーブル面に届かなくなり、照明器具としての意味もなくなります。

逆に低すぎると、座ったときにペンダントライトが視界に入り、邪魔に思えます。低いと人の顔に光が当たらないため、人の顔もよく見えません。

適切な高さに吊るしましょう。

ペンダントライトの適切な高さ

ペンダントライトの適切な高さは60~80cm

適切な高さはテーブル面から60~80cm

冒頭でも触れた通り、ペンダントライトはテーブル面から60~80cmくらいの高さに吊り下げます。小型のペンダントライトの場合は、少し低めの50~70cmくらいの高さに吊り下げます。

この高さが適切である理由は、

  • ペンダントライトが邪魔に思えない
  • テーブル面に十分に光が届く距離
  • 人の顔を照らし、よく判断できる
  • 座ったときに光源が見えにくく、まぶしくない(シェードがないタイプは例外)

ためです。

ちなみに、ペンダントライトの名作「PH5」を生み出したルイスポールセンは、「机から照明までの高さは60cm」と具体的な数字で指定していることで有名です(以下、抜粋)。

卓上をしっかりと照らし、テーブルを囲むひとびとの顔を柔らかく美しく照らすためには、卓上60センチの位置に吊り下げてください。

出典:PH 5 - Louis Poulsen

まとめ

テーブルの上にペンダントライトを吊り下げる場合、天井からの距離ではなくテーブル面から60~80cmほどの高さに取り付けます。小型のペンダントライトなら、50~70cmくらいでも良いでしょう。

この高さである理由は、卓上をしっかり照らし、かつ座る人の顔がよく見えるためです。

ペンダントライトにもさまざまな大きさや素材、形状のものがあるので、使うペンダントライトの特徴をよく確認して、適切な高さになるよう調整しましょう。

-照明

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.