住宅の照明「ペンダントライト」とは?

おしゃれな家具紹介サイトの管理人 インテリアコーディネーター

2019-12-11

「ペンダントライト」とは?

ペンダントライトは、コードやチェーンで天井から吊り下げるタイプの照明器具。アクリルやガラスなどのシェードで光源を覆い、真下とその周囲を照らします。ダイニングルームによく使われる照明器具です。

あわせて読みたい

ダイニングテーブルの上に吊り下げるペンダントライトの高さは何cm?

2021/1/11

ダイニングテーブルの上に吊り下げるペンダントライトの高さは何cm?

テーブルの上にペンダントライトを吊り下げるなら、テーブル面から60~80cmほどの高さに取り付けてください。

もっと読む

数は?サイズは?ダイニングに取り付けるペンダントライトの選び方

2021/1/17

数は?サイズは?ダイニングに取り付けるペンダントライトの選び方

ペンダントライトは、シェード(ペンダントライトを覆う笠)の大きさや形によって照らす範囲が限定されます。シェードの素材もいろいろあり、その素材によって光の広がり方も変わってきます。

もっと読む

照明計画のポイントと各部屋の照明テクニックまとめ

2021/1/8

照明計画のポイントと各部屋の照明テクニックまとめ

照明の目的は、単に生活に必要な明るさをつくることだけではありません。部屋ごとに、そのときの行動や気持ちに最適な光をつくり、ライフスタイルを豊かにすることが最大の目的です。

もっと読む

「ペンダントライト」とは?

白いシェードのペンダントライト

ペンダントライトは、コードやチェーンで天井から少し長めに吊り下げるタイプの照明器具です。素材やデザインが豊富で、さまざまなインテリアイメージに対応できます。

ペンダントライトを吊り下げるには、コードやチェーンを使用します。一般的なコードペンダントは、重量が3kgまでに制限されていて、それ以上のものはコードの中にワイヤーロープが入って補強されているものを使うか、チェーンやパイプを使用します。

チェーンペンダントは、3kg以上の重さがある器具に使われますが、装飾として使用されることもあります。

[スポンサーリンク]

ペンダントライトの特徴

ペンダントライトの特徴

ペンダントライトは下方向とその周囲を照らす

ペンダントライトの特徴は次の通り。

  • 下面とその周囲を照らす
  • 素材やデザインが豊富
  • フォルムが目立つのでインテリアのアクセントになる

ペンダントライトは、主に下面と周囲を照らす照明器具です。そのため、テーブルなどの部分照明としてよく使われます。

テーブルの上に吊り下げれば、その空間のアクセントにもなります。素材やデザインが豊富なので、インテリアイメージに合ったものを選ぶと良いでしょう。

あなたへのおすすめ

住宅の照明器具「シーリングライト」とは?
住宅の主照明「シーリングライト」とは?

「シーリングライト」とは天井灯のことで、天井に直接とりつける照明器具を差します。

天井に取り付けらたダウンライト
住宅の主照明「ダウンライト」とは?

ダウンライトとは、天井に埋め込まれ、小さな光源で直接下面を照らすタイプの照明器具のこと。

住宅の補助照明「ブラケット」とは?
住宅の補助照明「ブラケット」とは?

ブラケットは壁や柱に取り付ける照明器具で、壁面を明るくします。

関連記事と広告

-照明