インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

家具

【図解】差尺とは?適切な長さと正しい測り方

【図解】差尺とは?適切な長さと正しい測り方

テーブルトップとイスのシートの高さ(SH:シートハイ)との差を差尺(さじゃく)と言います。差尺は27cm~30cmが適切とされています。

「差尺」とは?

差尺の場所

差尺はテーブルトップからイスの座面の差

「差尺(読み方:さじゃく)」とは、テーブルのトップとイスのシートの高さとの差を言います。

ダイニングセットにおいては、差尺が食事のしやすさや座り心地を左右します。ダイニングテーブルとダイニングチェアを選ぶ際は、適切な差尺を知り、その基準に合ったテーブルとイスを選びましょう。

差尺の適切な長さ

差尺の図

差尺は27cm~30cmが適切

イスと座面の高さと、テーブルトップの高さとの差(差尺)は、27cm~30cmが適切とされています。

居心地の良いテーブルとイスの高さの関係は、「腰をかけて手を置いたとき、ヒジが直角になる高さ」ですので、メジャーが近くにないのならこれを目安にすると良いでしょう。

ダイニングセットにおいて、チェアに対してテーブルが高すぎると、ラーメンやうどんなどの高さのある器の料理が食べにくくなります。逆にテーブルが低すぎると、背中が丸まって食事がしにくくなります。

差尺の正しい測り方

テーブルトップとイスの座面をメジャーで測って座面を確認

イスの座面にメジャーを置いてテーブルまでの高さを測る

テーブルの高さから、イスの座面高を引いたものが差尺です。カタログで見る場合は、テーブルの高さ(H)からイスの座面の高さ(SH)を引き算して、27~30cmの範囲内であることを確認しましょう。

ダイニングセットにおいては、一般的にテーブルの高さが68~72cmですので、そこから27~30cmを引いた座面の高さのイスを選ぶと良いでしょう。

差尺が27~30cmの範囲を大きく超えてしまったら、テーブルかイスのどちらか、または両方を再選定する必要があります。

身長差がある場合の差尺は?

身長差のある家族がダイニングテーブルを選ぶ際、みんなの体に合わせようとイスを選ぶとバラバラになり、テーブルとの差尺が合わなくなってしまいます。

たとえば、小さい子どものために座面の高さ(SH)が低いイスを、背の高い夫のために座面の高さが高いイスを選んだとします。この場合、子どもはテーブルとの差尺が開きすぎて食べづらくなり、夫はテーブルとの差尺が短すぎて猫背になります。

家族で身長差があるのなら、背の高い人に合わせておくのが無難です。背の低い子どもは足が床に付かなくて不安定になってしまいますが、厚めの板などを足置きにすれば解消されます。

まとめ

「差尺(読み方:さじゃく)」とは、テーブルのトップとイスのシートの高さとの差を言います。差尺は27cm~30cmが適切とされているので、ダイニングセットなどを選ぶ際はこの数値を基準にしましょう。

ゆったりと食事ができるダイニングテーブルとダイニングチェアの選び方
ゆったりと食事ができるダイニングテーブルとダイニングチェアの選び方

家族みんなが自然と集まるような、ゆったりとくつろげるダイニングセットの選び方をイラスト付きで解説。はじめてダイニングテーブルとダイニングチェアを選ぶ方のご参考になります。

続きを見る

-家具

Copyright© インテリアスタイル , 2019 All Rights Reserved.