オーガニックコットンのベビー布団

オーガニックコットンのベビー布団でおすすめは?洗えて人気の3選

更新日:

ベビー用品売り場で見かけるほとんどのベビー布団が、化学繊維で作られています。

「すぐ汚れるから」「すぐ使えなくなるから」…という理由から、安くて気軽に使える化学繊維のベビー布団を買う方も多いでしょう。

でも、赤ちゃんのことをホントに考えるなら、肌に優しいオーガニックコットンがおすすめ。アレルギー体質の赤ちゃんにも、安心して使えるんです。

では、どんなベビー布団があるのか?この記事でおすすめをご紹介します。

元家具屋
姉の赤ちゃんにべビー布団をプレゼントするので、本気でおすすめを選びました。
スポンサーリンク

オーガニックコットンのベビー布団の比較表

まずは、人気のオーガニックコットン使用のベビー布団を、比較表で見てみましょう。

商品名 参考価格 セット 丸洗い
オーガニックのおすすめベビー布団
ソレイユ
24,480円~ 7点~
オーガニックのおすすめベビー布団
KATOJI
18,144円 6点 △(敷き布団不可)
オーガニックのおすすめベビー布団
ナオミイトウ
35,424円 8点

※この記事で言う「オーガニックコットンのベビー布団」は、カバーにオーガニックコットンを使用している布団を指します。

中綿など、すべてオーガニックコットンを使用しているベビー布団は、私の知る限り存在しません。

こんなベビー布団は要注意!

ベビー布団の選び方

ベビー布団を選ぶうえで、何よりも注意したいのが次の3つ。

  1. 掛け布団が重い
  2. カバーが化学繊維
  3. 丸洗いできない

デザインや価格も気になるところですが、安全面と衛生面はとても重要です。

掛け布団が重い

一般的に、ベビー布団は大人用の布団よりもかなり軽く作られています。掛け布団が重いと、赤ちゃんを押さえつけてしまい、寝返りだけではなく、呼吸も妨げてしまうからです。

せっかく購入したのに、「ベビー布団が赤ちゃんを苦しめていた」となると、恐ろしいですよね。

ベビー布団は、なるべく軽いものを選びましょう。

カバーが化学繊維

ベビー布団によっては、カバーに化学繊維が使われていることもあります。

化学繊維は「安い」と言ったメリットがありますが、その反面、赤ちゃんの肌に大きな負担を掛ける危険が。

実際、ポリエステルのカバーで「肌がかぶれた」なんて声を耳にします。

通気性も悪いため、できるだけオーガニックコットンが使われているベビー布団を選びましょう。

丸洗いできない

赤ちゃんは、寝ている間に大量の汗をかきます。オムツから横漏れしたり、ミルクを吐き出してしまう、なんてこともありますよね。

「防水シーツ」を使えば汚れは防げますが、完全ではありません。ちょっとしたきっかけで、ベビー布団はすぐに汚れます。

だからこそ、毎日の洗濯が欠かせません。丸洗いができないベビー布団は不衛生。避けましょう。

おすすめのベビー布団の特徴

ここからは、3つ厳選したベビー布団の特徴を、もう少し詳しく解説します。

シンプルデザインなら「ソレイユ」

オーガニックのおすすめベビー布団

購入先 neruco
参考価格 24,480円(7点セット)
カバー オーガニックコットン100%
生産地 日本
丸洗い

「ベビー布団って、可愛い過ぎるデザインが多い…」と不満を持っている方におすすめのベビー布団。ホテルライクなデザインは、男の子でも女の子でも使用できますね。

掛け布団や枕はもちろん、敷き布団まで洗濯機で洗える点も優秀。中綿には、乾きやすくて保温性バツグンの特殊素材を使用。

7点セットのほかに、8・12点セットなどもあります。「コレは必要だけど、コレは要らない」ってときに選択できるのが便利。

価格重視なら「KATOJI」

オーガニックのおすすめベビー布団

購入先 KATOJI
参考価格 18,144円
カバー オーガニックコットン100%
生産地 日本
丸洗い △(敷き布団不可)

ベビーベッド販売台数700,000台以上の、ベビー用品専門メーカー「KATOJI」によるお布団。

中綿には、空気をためる特殊な繊維を使用しており、軽くて保温性に優れています。ナチュラルテイストのデザインが好きな方におすすめ。

ただし、敷き布団は丸洗いできません。防水シーツを購入した方が良いです(別売り)。

可愛いデザインなら「ナオミイトウ」

オーガニックのおすすめベビー布団

購入先 こどもと暮らし
参考価格 35,424円
カバー オーガニックコットン100%
生産地 生地は日本、縫製は日本・中国
丸洗い

テキスタイルデザイナー「ナオミイトウ」が手掛けたベビー布団。王冠の枕に赤ちゃんの頭を載せて、写真を撮りたいですね。

他にもデザインのバリエーションがあります。通販サイト「こどもと暮らし 」で、枕やスリーパーなどが単体で販売されていますよ。

見た目だけではなく、機能面や安全性もバッチリ。カバーは100%オーガニックコットン使用で安心。掛け布団は、夏はサラサラで冬は暖かい、6重ガーゼケットを使用しています。

価格はちょっと高めですが、敷き布団まで丸洗いができるので衛生的。

まとめ

ご紹介した3つのベビー布団は、それぞれデザインや特徴が異なります。オーガニックコットンは決して安くはないので、よく検討してから選んでくださいね。

個人的におすすめは、ソレイユ です。おしゃれなデザインなので、ギフトにも喜ばれますよ。

元家具屋
僕は、姉の赤ちゃんにソレイユのベビー布団をプレゼントすることにしました。

おすすめ記事と広告

みんなが読んでる記事5選

348,669view
おしゃれな家具のおすすめ通販サイト

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安く ...

71,135view
ビーズクッションのおすすめ3選

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソ ...

261,614view
6畳のインテリアレイアウトの実例

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴ ...

28,324view
イームズチェアのリプロダクトのおすすめ

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻 ...

18,015view
インテリアのおすすめの本

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販で ...

-家具, 布団・寝具

Copyright© インテリアスタイル , 2017 All Rights Reserved.