狭い部屋のダイニングテーブル

小さめは買うな!狭い部屋こそダイニングテーブルは大きい方が良い

更新日:

狭小住宅に住むことになった、あるいは土地の都合でリビング・ダイニングがちょっと狭い…なんてときに困るのが、ダイニングテーブルの大きさ。

「部屋が狭いから」と、小さめサイズのダイニングテーブルを探している人も多いのでは?

でも実は、ダイニングテーブルは部屋の広さに関係なく、できるだけ大きなサイズを選ぶのが正解なのです。その理由とは?この記事で詳しく解説します。

元家具屋
「部屋が狭いから」とコンパクトなダイニングテーブルを選ぶと後悔します。
スポンサーリンク

小さめのダイニングテーブルを選ぶ3つの欠点

「部屋が狭いから」「ソファも置きたいから」「予算の都合で」…小さいダイニングテーブルを選ぶ理由は人それぞれ。

ですが、小さめのダイニングテーブルには次のような欠点があります。

ココがダメ!

  1. 居心地が悪い
  2. 食事以外で使いにくい
  3. 大人数に対応できない

順に解説します。

居心地が悪い

ファーストフード店のテーブルを思い出してみてください。あんな小さなテーブルでは、ゆっくりと食事ができませんよね?

ご自宅のダイニングテーブルにも、同じことが言えます。部屋の広さの都合でコンパクトなダイニングテーブルを選ぶと、窮屈な思いをしながら食事をすることになります。

せっかく作ったご飯、息苦しい思いをしながら食べてほしくないですよね。

外食が多い方なら問題ないかもしれません。ですが、家でちゃんとご飯を作っているご家庭なら、ダイニングテーブルは大きめを選んでください。

食事以外で使いにくい

ダイニングテーブルは、食事をするためだけの家具ではありません。

大きければ、勉強机やパソコンデスクの代わりとして使えますし、裁縫デスクとしても使えます。

使い方に多様性があれば、自然とそこに人が集まり、家族や友人とのコミュニケーションが活性化します。

逆に小さければ小さいほど使い勝手が悪くなり、「食事以外には邪魔な家具」となってしまいます。

大人数に対応できない

「普段は1~2人だけで使うから」と、コンパクトなダイニングテーブルを選ぶ方がいます。

間違ってはいませんが、これから家族が増える予定の方は、将来のことを考えてみてください。

お子さんが生まれたら、小さいダイニングテーブルはすぐに窮屈に思え、使えなくなるでしょう。

友人や家族が子どもの顔を見に来てくれた時も、小さいダイニングテーブルでは「おもてなし」ができませんよね。

将来のことを考えるとやはり、大きなダイニングテーブルを買った方が賢いと思いませんか?

大きめのダイニングテーブルを選ぶメリット

大きめのダイニングテーブル

私が家具屋に勤務していたとき、ダイニングテーブルのサイズ選びで迷っていたお客様には「大きめ」をおすすめしていました。

理由は、居心地が良いからです。

たとえば、レストランに2人で行ったとき、窮屈な2人席よりも広々と使える4人席の方がうれしいですよね?スペースに余裕があると、ゆっくりと食事を楽しむことができます。

テーブルが広ければ、勉強や仕事、家事のデスクとしても使えます。わざわざ勉強や書斎用のテーブルを買う必要がなくなり、スペースもお金も節約できます。

ちょっとくらいテーブルの上が散らかっていても気になりません。余裕がありますから。

普段2人で使うのなら4人掛けを、4人家族で使うのなら6人掛けのダイニングテーブルを選んでください。

広くて居心地が良いダイニングテーブルは、「みんなが集まる場所」となるでしょう。

テーブルもソファも置きたい場合は?

ダイニングテーブルのサイズを選ぶときに迷うのが、ソファとのスペースの兼ね合い。

「リビングダイニングにソファも置きたいから」…という理由で、「ダイニングテーブルを小さめ」にしようと考えていませんか?

ソファは快適そうに思える家具ですが、生活するうえで基本的に必要ありません。それどころか、狭い部屋では大きなソファが邪魔になることもあります。

ソファはなくても快適

考えてもみてください。大きなソファを買って、家族が全員で座っている時間はどれくらいあるでしょうか?

おそらく、1日のうち1時間もないでしょう。

そんなちょっとの時間のために、大きなソファを買う必要はありません。

ムダに大きなソファは、狭い部屋を圧迫するだけではなく、使わないのに出費がかさむだけ。インテリアにおいて、ソファは優先度が極めて低い家具なのです。

狭いのならソファは潔くあきらめ、ダイニングテーブルに重点を置きましょう。

まとめ

小さめのダイニングテーブルは、居心地が悪くて使い勝手も良くありません。中途半端なサイズの家具を買うと、後悔します。

スペースに限りのある狭い部屋だからこそ、使い方に多様性のある大きめのダイニングテーブルを選んでください。

間違っても、「ソファを置きたいから」…と、必要のない家具のせいで小さめを選ばないように。

元家具屋
ダイニングテーブルが広く大きければ食事以外にも使えます。結果的に、スペースの節約につながります。

おすすめ記事と広告

みんなが読んでる記事5選

319,168view
おしゃれな家具のおすすめ通販サイト

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安く ...

65,553view
ビーズクッションのおすすめ3選

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソ ...

240,814view
6畳のインテリアレイアウトの実例

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴ ...

25,841view
イームズチェアのリプロダクトのおすすめ

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻 ...

16,551view
インテリアのおすすめの本

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販で ...

-家具, デスク・テーブル
-

Copyright© インテリアスタイル , 2017 All Rights Reserved.