ワンルームの玄関を間仕切りする方法

ワンルームが玄関から丸見え?間仕切りで目隠しする3つの方法

更新日:

元家具屋
玄関からワンルームが丸見えだと、防犯面でも危険。おしゃれに隠す方法を、インテリアコーディネーターがご紹介します。

ワンルームの間取りでもっとも簡略化されているのが「玄関」。収納はおろか、靴を脱ぎはきスペースすら十分にありませんよね?

特に問題なのが、玄関からの眺め。「玄関に立ったときに、ワンルーム全体が丸見え」なんて間取りは珍しくありません。

玄関から部屋の中が丸見えだと、趣を感じられないどころか、疲れて帰ってきたときに一息つく余裕さえ与えられません。どっと疲れてしまいますよね。

そんな不満を解消するべく、ワンルームの玄関を間仕切りでおしゃれに隠す方法を、3パターンご紹介します。

ワンルームへの視線を防ぐ3つのアイデア

工夫が難しいワンルームの玄関も、「収納棚」「カーテン」「観葉植物」のいずれかを使えば、おしゃれで機能的に視線をブロックすることができます。

収納棚で隠す

玄関を収納棚で間仕切りする

もっとも機能的で、簡単にワンルームを目隠しをする方法が、玄関に「収納棚」を置くこと。

収納棚に目が留まるので、ワンルームへの視線をブロックできます。収納量も増えるので、靴の置き場所に困っている一人暮らしにもおすすめ。

元家具屋
収納棚の上に小さめの観葉植物を置けば、散らかった足下への視線を反らすこともできますよ。

ただし、収納棚を設置すると返って狭苦しく感じることがあります。設置するのは、十分にスペースを確認してからにしましょう。

選ぶときは、圧迫感のない低めの収納棚がおすすめです。

「ストリングのれん」で隠す

玄関をカーテンで間仕切りする

ストリングのれんとは、細く編まれた複数のヒモを天井から吊るす、透過性のある暖簾(のれん)のこと。昔の暖簾をブラッシュアップしたインテリアアイテムです。

ストリングのれん以外にも、目隠しとして使えるカーテンはあります。しかし、完全に視線をブロックしてしまうと、玄関がひどく狭苦しい印象に。

その反面、ストリングのれんは透過性・通気性に優れ、カラーバリュエーションも豊富。圧迫感を与えることなく、玄関とワンルームをおしゃれに間仕切りできます。

カーテンのように開閉の必要がないので、取り付けてもストレスを感じさせません。

元家具屋
ワンルームの玄関に余裕がないならこの方法。ストリングのれんは安くておすすめです。

大きな観葉植物で隠す

玄関を観葉植物で間仕切りする

玄関の手前に大きめの観葉植物を置けば、視線がそこに集まり、さりげなくブロックできます。

収納ボックスやカーテンでしっかり仕切るよりも、適度に視線が抜けるので圧迫感はありません。インテリアグリーンは、味気ないワンルームにさりげなく癒やしを与えてくれますよ。

元家具屋
我が家でも実践している方法です。葉が広がると邪魔なので、スッキリとした植物がおすすめ。

よりおしゃれな玄関に見せるテクニック

玄関からワンルームへの視線をブロックできても、それだけでは味気ない雰囲気に。

よりおしゃれな玄関に見せるならば、「玄関マット」「アート」「ミラー」などを活用しましょう。

玄関マットを敷く

ワンルームに玄関マットを敷く

玄関マットを敷くだけで、「玄関らしさ」が生まれ、ワンルームと独立した空間を演出できます。クッション性や保温性もあるので、玄関が機能的に変わりますよ。

コレを一枚敷くのと敷かないのでは、雰囲気が大きな違いが生まれます。

アートを飾る

壁にポスターを飾るときのコツ

絵を飾ると、人は無意識に絵の方に視線が集まります。玄関にも絵を飾ることで、ワンルームへ視線が向くことを防げます。

壁面のどこにでも取り付けられるアートは、場所を選ばないので飾りやすいこともポイント。

一点豪華主義にこだわらずに、小さなポスターをたくさん組み合わせると、リズミカルで躍動感のある玄関のインテリアが生まれますよ。

20,020view
おしゃれなポスターの飾り方と通販サイト
おしゃれなポスターの飾り方とおすすめの通販サイト

部屋にポスターを飾るときに、「何かおしゃれに見えない」と困っ ...

続きを見る

ミラーを置く

ワンルームの玄関にミラーを置く

ワンルームのような狭い玄関に大きな鏡を置くと、空間が映り込んで広く感じさせてくれます。 背の高いミラーは、お出掛け前の姿見としての活用もできます。

鏡を置く場合は、訪れる人の視線を考慮しましょう。玄関に入った瞬間に鏡で自分の姿が見える位置に鏡があると、落ち着かず居心地が悪くなります。

玄関に入ってから、横手に鏡があると良いです。 

まとめ

玄関からワンルームが丸見えになっている状態を防ぐには、次の3つの方法がおすすめ。

目隠しの方法 メリット デメリット
収納棚で隠す 収納量が増える 幅をとる
ストリングのれんで隠す 安くて幅をとらない ヒモに引っかかることがある
観葉植物で隠す ワンポイントととして活躍する 幅をとる

それぞれメリット・デメリットがあるので、「自分のワンルームには、どの方法が似合うか?」をイメージして選んでください。

どんなに狭いワンルームでも、玄関は玄関としての機能を持たせることは重要です。間仕切りでしっかりと空間を区切り、「玄関らしさ」をつくってあげましょう。

おすすめ記事と広告

みんなが読んでる記事5選

461,239view
おしゃれな家具のおすすめ通販サイト

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安く ...

86,179view
ビーズクッションのおすすめ3選

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソ ...

330,744view
6畳のインテリアレイアウトの実例

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴ ...

35,858view
イームズチェアのリプロダクトのおすすめ

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻 ...

23,431view
インテリアのおすすめの本

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販で ...

-コーディネート, レイアウト
-,

Copyright© インテリアスタイル , 2018 All Rights Reserved.