インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

ラグとマットの違い

ラグとマットの違いとは?カーペットとの区別も徹底解説

更新日:

元家具屋
ラグ・マット・カーペットの違いを、元家具販売員が解説します。

通販サイトや家具屋のファブリックコーナーを見てみると、「ラグ」や「マット」、「カーペット」などの表記を目にすると思います。

さらに最近では、「ギャッベ」なんてワードも耳にするようになりましたよね?

これらの違いは、どんなところにあるのでしょうか?この記事で詳しく解説します。

スポンサーリンク

ラグとマットの違い

ラグとマットの違い

ラグとマットは、単に「表現方法の違い」というわけではなく、明確な違いがあります。

諸説ありますが、一般的には「マット」が1畳未満、「ラグ」が1~3畳ほどの大きさの敷物を指します。

イメージとしては、玄関や洗面台、浴槽の出入り口に敷くのが「マット」、リビングや寝室などの床の一部に敷くのが「ラグ」です。 

元家具屋
機能や見た目の違いではなく、敷物の大きさで、ラグとマットは区別されています。

具体的なサイズの違い

「1畳」という単位はあいまいで、地方によって広さの差が開きますが、おおよそ「182×91cm(1.6m2)」です。

マットを実際に探すと1畳程度のサイズは少なく、玄関マットの場合は50×80cm、キッチンマットの場合だと45×120cmくらいが主流。

ほとんどのマットの大きさは、1畳未満であることが分かります。

ラグは小さいもので100×140cm、大きいもので200×240cmのサイズがあります。200×240cmは約3畳ほどの大きさとなります。

ラグとカーペットにも違いがある

カーペットとラグの違い

ラグとマットに次いで、よく混同されがちなのが「カーペット」。

多くの人は「ラグはおしゃれな言い方で、カーペットは昔の人が使うダサい表現」と考えているのではないでしょうか?

実は、ラグとカーペットにも明確な違いがあります。ラグとマットの違いと同じく、大きさで区別されます。

「ラグ」が3畳未満の大きさの敷物で、「カーペット」は3畳以上の大きさの敷物を指します。

カーペットは、オフィスなどの床全体に敷くもの。海外の伝統的な住宅でよく見られますね。昔の日本の住宅でも、床の全面にカーペットを敷いているケースがあります。

元家具屋
イメージとしては、床の一部を覆うものが「ラグ」、床全体を覆うものが「カーペット」です。

ラグとギャッベも違う?

ギャッベとラグの違い

最近、インテリアショップでも人気なのが「ギャッベ」。

ギャッベとは、高原の遊牧民によって織り続けられている、手織りの敷物のことです。羊の毛を天然素材で染め上げているので、使い込むほどに表情が変わります。

ラグとギャッベの違いは、「サイズ」ではなく「製法」にあるのです。大きさは、玄関に敷くマットから、リビングに敷くような200×240cmサイズまでさまざまです。

まとめ

ラグとマット、カーペットの違いは大きさにあります。

  • マットは1畳未満
  • ラグは1畳以上、3畳未満
  • カーペットは3畳以上

ギャッベはまた別物で、高原地域の遊牧民が手織りで作る、1点モノの敷物です。

インテリアの情報募集スタート!

インテリアの情報募集

インテリアスタイルでは、みなさまからの情報を募集しています。
新規オープンの家具屋情報・インテリアのイベント情報・おすすめの家具や雑貨など…インテリアに関する情報をお持ちでしたら、ぜひお知らせください!
寄稿はお問い合わせフォームからお願いいたします。

みんなが読んでる記事5選

おしゃれな家具のおすすめ通販サイト 1

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安く ...

おすすめのビーズクッション 2

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソ ...

6畳のインテリアレイアウトの実例 3

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴ ...

イームズチェアのリプロダクトのおすすめ 4

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻 ...

インテリアのおすすめの本 5

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販で ...

-ファブリック, ラグ

Copyright© インテリアスタイル , 2017 All Rights Reserved.