インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

ファブリック 枕・布団

お店は教えない!無印良品の掛け布団の購入前に知っておくこと

2016/11/28

無印良品の羽毛布団

無印良品では、以下の6種類の掛け布団を取り扱っています。

  • 抗菌ポリエステル薄掛ふとん
  • 抗菌ポリエステルダウンライク掛ふとん・二層式
  • フランス産羽毛薄掛ふとん
  • フランス産羽毛掛ふとん・一層式
  • フランス産羽毛掛ふとん・二層式
  • 羽毛掛ふとんトライアングルキルト

これだけ掛け布団の種類が多いと、どれが良いのか迷いますよね?

そこでこの記事では、無印良品の掛け布団の特徴について解説します。

スポンサーリンク

無印良品の掛け布団の種類

掛け布団の寝心地や値段は、詰め物の種類に左右されます。

詰め物の種類には、羽毛やウール、コットンなどの「天然素材」から、ポリエステルなどの「化学繊維」があります。

さまざまな素材がありますが、無印良品が取り扱っている掛け布団は、「羽毛」と「ポリエステル」の2種類。

ポリエステルは買うべきではない

では、「羽毛」と「ポリエステル」はどちらが良いのでしょうか?

答えは値段を見れば分かります。羽毛布団です。

羽毛布団は保温性や放温性が高く、軽くて暖かいのが特徴。放湿性にも優れているので、布団の中に湿気がこもりません。

優れた寝心地を保証してくれる羽毛に対して、化学繊維のポリエステルは吸湿性が低いことが欠点。

布団の中がジメジメして寝心地を悪くするのです。温かさも羽毛に劣ります。

また、静電気が発生しやすいので、ホコリやハウスダストを吸着しやすいという難点もあります。

羽毛布団も欠点がある

無印良品の掛け布団は羽毛を選ぶべきですが、羽毛にも以下のような欠点があります。

  • 羽毛特有の臭いがする
  • 詰め物(羽毛)が吹き出す
  • 洗えない

羽毛は動物性の天然繊維なので、鳥の独特な臭いがします。

使用しているうちに臭いは自然に消えますが、気になる場合は、羽毛布団の空気を押し出し、3〜4時間ほど干すと良いでしょう。

また、羽毛の芯がカバーを突き抜け、中身が噴き出す危険もあります。

上記のような欠点はありますが、羽毛布団は良質な寝心地を保証してくれます。

スポンサーリンク

無印良品の「トライアングルキルト」について

無印良品の羽毛にも、「フランス産」や「トライアングルキルト」などと記載されている布団があります。

生産国は日本

「トライアングルキルト」という羽毛布団の原産国は「日本」です。

輸入した羽毛を、三重大台ケ原山系の超軟水で日本人が丁寧に洗い、動物性特有の臭いをおさえています。

他の羽毛布団の原産国は中国なので、「日本産」の表記を見ると安心する人も多いのではないでしょうか?

無印良品の羽毛布団を買いに来た中国の観光客も、「made in Japanの記載があるから」という理由で「トライアングルキルト」を購入するのだとか。

羽毛は中国産

しかし、原産国は「どこの国で掛け布団を作っているか」を示すものであり、「羽毛の生産地」とは関係がありません。

「トライアングルキルト」の羽毛の産地は、中国(台湾)です。

中国をはじめとしたアジア諸国の羽毛は、ヨーロッパの羽毛に比べて質が劣ります。

無印良品に限った話ではありませんが、わざわざ「フランス産」や「ポーランド産」と記載されていない羽毛布団は、中国産が多いのです。

無印良品の「フランス産羽毛掛ふとん」について

「トライアングルキルト」以外の羽毛は、フランス産を使用しています。フランスやポーランドをはじめとした羽毛は良質です。

羽毛はダックダウンを使用

羽毛布団には、「グース」か「ダック」の羽毛が使われています。

一般的に、寝具に使う羽毛はグースの方が保温性に優れ、ふんわり感があります。

無印良品の羽毛布団には、質の良いグースではなく、ダックを使用しています。

ここで誤解しないでほしいのが、「ダックだから質が悪い」ということではありません。

ダックでも十分に暖かいので安心してください。

洗浄や製造は中国

原産国は中国なので、フランス産の羽毛を中国で洗浄し、加工しています。

日本で洗浄している「トライアングルキルト」に比べて羽毛独特の臭いが残ります。

しかし、私は「フランス産羽毛掛ふとん・二層式」を買いましたが、使用していて臭いが気になったことはありません。

暖かくて軽く、気持ちよく寝られています。

まとめ

無印良品の掛け布団は、「羽毛」と「ポリエステル」の2種類があります。

ポリエステルは吸湿性が悪く、帯電性も高いのでおすすめしません。

快適な寝心地を望むなら、羽毛布団を選びましょう。

無印良品の羽毛布団にもいろいろありますが、「フランス産羽毛掛ふとん・二層式」がおすすめ。

「フランス産羽毛掛ふとん・二層式」と「毛布」があれば、通年を通して使用できます。

羽毛を洗浄しているのは中国ですが、良質なフランス産を使用しています。

羽毛特有の臭いも気になりませんし、軽くて暖かいことが特徴です。

「トライアングルキルト」は日本人の手で洗浄されていますが、中身は中国産です。

-ファブリック, 枕・布団
-

おすすめの記事

おしゃれな家具の通販サイト 1
【プロが厳選】安くておしゃれな家具通販サイトのおすすめ11選

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安くておしゃれな家具が欲 ...

2
【マネするだけ】6畳の正しいインテリアレイアウト

6畳の部屋にインテリアをレイアウトしても、 部屋が狭く感じる ゴチャゴチャした感 ...

3
イームズチェアのリプロダクトのおすすめは?種類別に徹底紹介!

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻込みしてしまう人も多 ...