インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

引っ越し

コレさえあれば困らない!一人暮らしに必要な家具リスト

2016/11/28

一人暮らしに必要な家具

はじめて一人暮らしをする人は、「どんな家具が必要なのか」まったく見当がつきませんよね?

ヘタに家具を買いそろえると、一人暮らしの部屋が必要のない家具であふれてしまいます。

そんな失敗をしないためにも、一人暮らしに必要な家具を厳選してご紹介します。

スポンサーリンク

一人暮らしに絶対に必要な5つの家具

まずは、「コレがなきゃ、人間らしい生活ができない」という、一人暮らしに絶対に必要な家具を5つご紹介します。

逆に、これ以外の家具がなくても、最低限の暮らしは送れます。

  • ベッド
  • 寝具一式
  • カーテン
  • 照明
  • テーブル

では、「どんなものが良いのか?」具体的に解説します。

シングルサイズのベッド

一人暮らしの一日はベッドから始まります。

フローリングで寝ると体のあちこちが痛くなるので、快適な睡眠を確保するためにも必要な家具です。

ベッドはかなりスペースをとるので、一人暮らしであればシングルサイズで問題ありません。

最近は「ソファベッド」も一人暮らしに人気がありますが、ソファとしてもベッドとしても使い心地が悪く、中途半端な家具なのでおすすめしません。

しっかりとしたシングルサイズのベッドを購入しましょう。

個人的におすすめなのが「脚付きマットレス」。フレームとマットレスが一体化しているので、コストをおさえることができます。

脚付きマットレスを見る

洗える寝具一式

一人暮らしの部屋にベッドがあっても、温かい布団がないと寒くて風邪をひきます。

以下のような寝具はそろえておきましょう。

  • 枕カバー
  • 掛け布団

清潔に保つ方が良いので、すべて洗えるものを推奨します。

洗える布団セットを見る

視線をブロックするカーテン

カーテンがないと、外から部屋の様子が丸見え。夜間に部屋の照明をつけると、家の中がよく見えます。

女性の一人暮らしなど、防犯面を考えるとカーテンは必要な家具です。

カーテンの色を選ぶのは難しいですが、壁の色に近いカーテンを選ぶと失敗しません。カーテンと壁がつながって見えるので、一人暮らしの部屋が広く見えます。

夜間に必要な照明

夜間に家で過ごすときには明かりが必要ですが、一人暮らしの部屋によっては、備え付けの照明がないことがあります。

必ず事前に照明があるかチェックし、ない場合は購入しましょう。

シーリングライトでも良いですが、間接照明などを組み合わせると、おしゃれな一人暮らしを演出できます。

食事ができるテーブル

一人暮らしの部屋にテーブルがないと、ご飯を食べるときや勉強するときに困ります。

テーブルにも「ローテーブル」や「ダイニングテーブル」などがありますが、一人暮らしであれば、ローテーブルが1つあれば十分。

また、ローテーブルを購入するときは、こたつ機能がついていると冬に便利。ほかのどの暖房器具より経済的です。オフシーズンは普通のテーブルとして利用できるデザインを選びましょう。

こたつテーブルを見る

勉強や作業が多い一人暮らしの方は、少し大きめのダイニングテーブルを選ぶと良いです。ダイニングテーブルを購入するときは、イスも忘れずに。

一人暮らしにあると便利な家具

絶対に必要ではないけど、一人暮らしにあると便利な家具をご紹介します。

  • ベッド下の収納
  • ラグ
  • テレビボード
  • 掛け時計
  • ミラー
  • 食器棚
  • ソファ

ベッド下の収納

一人暮らしの部屋によっては、収納スペースが少ないこともあります。ベッドの下にスキマがあれば、収納スペースとして活用しましょう。

収納をしっかり確保しないと、モノでアッと言う間に埋め尽くされます。ベッド下だけではなく、必要に応じて収納を増やすと良いです。

ただし、ベッド下にモノを置くと、掃除がしにくくなるデメリットも考慮しておくこと。

ふかふかのラグ

ラグはリビングやダイニングテーブル、ベッドサイドなどに敷きます。

ラグが一枚あるだけで、見た目をオシャレになるだけではなく、冬のフローリングの底冷え防止もしてくれます。

ラグのサイズは、部屋全体のバランスをしっかり確認して、大きすぎず、小さすぎないものを選びましょう。

テレビボード

テレビがある一人暮らしでは必要な家具です。

よく実例集などで、レンガと木板を組み合わせ、安価に作成できる方法を披露しているのを見かけます。おしゃれで安上がりですが、レンガや木板は処分するときに大変なので避けましょう。

きちんとした既製品のテレビボードが必要です。

見やすい掛け時計

買い忘れがちですが、掛け時計も必要な家具です。スマホでも時間を見られますが、スグに確認ができないので用意しましょう。

掛け時計を選ぶときは「シンプルで見やすいか?」をチェックすること。

シンプルで美しい掛け時計にもいろいろありますが、おすすめは「レムノス」。瞬時に時間をチェックできる視認性と、どんなインテリアにも相性が良いデザインが特徴です。

レムノスの掛け時計はコチラ

全身チェックのミラー

ミラーは、前身の姿をチェックできるほどの大きさが必要です。玄関に飾れば、外出前の身だしなみを確認でき、リビングに置けば、一人暮らしの部屋を広く見せる効果が期待できます。

「一人暮らしの部屋の壁に穴を空けたくない」という方は、スタンド付きのミラーが便利。自立式なので、地震による転倒の危険もありません。

全身が映るミラーを見る

食器棚

コップや大皿、ドンブリなどの食器を収納するための棚も必要です。食器棚がないと、シンクの下に置くことになります。

一人暮らしの部屋はスペースが限られているので、ムリに大きなサイズを選ぶ必要はありません。大きさは、幅が80~90cmくらいで、腰高の食器棚で十分です。

食器棚を見る

一人掛けのソファ

一人暮らしにソファは必要ありませんが、あれば快適な家具です。

ソファを選ぶときのポイントは、ムリに大きなサイズを選ばないこと。大きすぎると空間を狭くします。

「二人掛けのソファを置いたら狭くなりそう」と感じたら、ワンサイズ落としましょう。

まとめ

一人暮らしに必要な家具が分かったら、早い段階でそろえましょう。

インテリアショップなどで購入するのも良いですが、いきなり家具を探しに行くのはNG。まずは、ネットで「どんな家具が、どれくらいの値段で売られているか」の相場を知るのが大切です。

ネットのインテリアショップにもさまざまな種類がありますが、おすすめは「エア・リゾーム」。

一人暮らしでも手の届きやすいおしゃれな家具が豊富にそろっています。

▼公式サイトはコチラ
エア・リゾーム

-, 引っ越し
-

みんなが読んでる記事

おしゃれな家具の通販サイト 1
【プロが厳選】安くておしゃれな家具通販サイトのおすすめ11選

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安くておしゃれな家具が欲 ...

おすすめのビーズクッション 2
ビーズクッションの決定版!無印より使えるおすすめは?

「ビーズクッション」といえば、無印良品の「体にフィットするソファ」が有名ですね。 ...

6畳のインテリアレイアウトの実例 3
6畳のインテリアレイアウトの基本と各部屋の実例

6畳の部屋に家具をレイアウトしても、「部屋が狭く感じる」「ゴチャゴチャした感じに ...

4
イームズチェアのリプロダクトのおすすめは?種類別に徹底紹介!

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻込みしてしまう人も多 ...

インテリアのおすすめの本 5
センスが面白いほど伸びる!インテリアのおすすめ本7選

昔に比べ、インテリアに関する本は劇的に増え、大型書店や通販でも手軽に手に入るよう ...