住宅の主照明「ダウンライト」とは?

おしゃれな家具紹介サイトの管理人 インテリアコーディネーター

2019-12-10

天井に取り付けらたダウンライト

ダウンライトとは、天井に埋め込まれ、小さな光源で直接下面を照らすタイプの照明器具のこと。真下を照射するタイプが一般的ですが、他に光の方向が変えられる「ユニバーサルタイプ」や壁面を照らす「ウォールウォッシャータイプ」などもあります。

あわせて読みたい

寝室の天井にダウンライトを設置するときの注意点

2021/1/9

寝室の天井にダウンライトを設置するときの注意点

器具自体が目立たなく、天井をすっきり見せられる「ダウンライト」。光が真下に向かって広がるため、寝室にダウンライトを取り付ける場合は注意が必要です。

ReadMore

リビングの主照明をダウンライトにするには注意が必要!対処法は?

2021/1/14

ダウンライトをリビングに設置するなら気を付けたい照明計画のポイント

リビングルームの天井に「ダウンライト」を主照明として設置するときは、明るさに注意が必要です。ダウンライトは下方向に光が広がる照明ですので、リビング全体が暗くなりがち。この記事では、暗くなりがちなダウンライトの欠点を補う対処法を3つご紹介します。

ReadMore

照明計画のポイントと各部屋の照明テクニックまとめ

2021/1/8

照明計画のポイントと各部屋の照明テクニックまとめ

照明の目的は、単に生活に必要な明るさをつくることだけではありません。部屋ごとに、そのときの行動や気持ちに最適な光をつくり、ライフスタイルを豊かにすることが最大の目的です。

ReadMore

「ダウンライト」とは?

壁際の天井に埋め込まれたダウンライト

ダウンライトとは、天井に埋め込まれた照明器具。小さな円形をしており、下方向を照射するタイプが一般的です。

埋め込み式のため、器具自体が目立たずシンプル。リビングルームやダイニングルームだけではなく、廊下やトイレ、玄関など幅広いシーンで活躍する照明です。

ダウンライトにはいくつか種類があり、「ユニバーサル」「ウォールウォッシャー」「ダウンスポット」「コーン」「バッフル」などが主です。

[スポンサーリンク]

ダウンライトの特徴

ダウンライトの光の特徴

ダウンライトは下方向を照らす

ダウンライトの特徴は次の通り。

  • シンプルで目立たない
  • 下方向だけを照らす
  • 後付けが難しい

ダウンライトは各部屋の主照明となる照明器具ですが、シーリングライトに比べると明るさは低いです。

そのため、いくつか並べて設置したり、フロアスタンドブラケットなどの照明器具と組み合わせて明るさを補うとともに、雰囲気を効果的に演出すると良いでしょう。

ダウンライトは埋め込み式の照明器具ですので、後付けが難しいデメリットがあります。新築の設計の段階で設置を計画しておくか、後付けならリフォームが必要となります。

あなたへのおすすめ

住宅の照明器具「シーリングライト」とは?
住宅の主照明「シーリングライト」とは?

「シーリングライト」とは天井灯のことで、天井に直接とりつける照明器具を差します。

「ペンダントライト」とは?
住宅の照明「ペンダントライト」とは?

ペンダントライトは、コードやチェーンで天井から吊り下げるタイプの照明器具。

住宅の補助照明「スポットライト」とは?
住宅の補助照明「スポットライト」とは?

スポットライトとは、天井や壁などから一定のポイントを重点的に照らす照明器具。

関連記事と広告

-照明