照明

住宅の主照明「シーリングライト」とは?

この記事は約2分で読めます。

2019-12-10

住宅の照明器具「シーリングライト」とは?
インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター

インテリアの専門学校「町田ひろ子アカデミー」を卒業後、家具屋「ACTUS」に勤務。現在はインテリアコーディネーターとして活動中。

「シーリングライト」とは天井灯のことで、天井に直接とりつける照明器具を差します。一般的な形状は円形で、色は乳白色。高い位置から部屋全体をまんべんなく照らすため、部屋を明るくするのに向いている照明器具です。

「シーリングライト」とは?

天井に取り付けられた円形のシーリングライト

シーリングライトとは、天井に直付けする照明器具のこと。天井の引っ掛けシーリング(取り付け部)に直接ライトを取り付けるタイプをシーリングライトと呼び、天井から吊り下げるタイプはシーリングライトに分類しないのが一般的。

シャンデリアタイプやユニットタイプなど装飾に富んだものから、コンパクトタイプまでさまざまあります。

ダウンライトと並び、リビングルームや子ども部屋の主照明の基本となっている照明器具です。

[スポンサーリンク]

シーリングライトの特徴

シーリングライトの光の特徴

シーリングライトは天井から部屋を均一に照らす

シーリングライトの特徴は次の通り。

  • 吊り下げないので天井が低くても圧迫感を与えない
  • 部屋全体を均一に照らす
  • 幅広いシーンに利用できる

光が壁や天井にムラなく広がるため、これ1つで部屋全体を明るくできます。

反面、夜間にはまぶしすぎることもあるので、この場合はシーリングライトを消灯して、他の補助照明を点灯してくつろぎ感のある空間を演出した方が良いでしょう。

-照明

© 2020 インテリアスタイル