照明

住宅の補助照明「スタンド」とは?

この記事は約2分で読めます。

住宅の補助照明「スタンド」とは?
インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター

インテリアの専門学校「町田ひろ子アカデミー」を卒業後、家具屋「ACTUS」に勤務。現在はインテリアコーディネーターとして活動中。

スタンドは、床や家具の上に置いて使う、自立式で可動の照明器具。背の高いものを「フロアスタンド」、卓上に置くタイプを「テーブルスタンド」と呼びます。手元で点灯したり消灯したりでき、装飾性にも優れ、部分照明として重要な役割を担う照明です。

「スタンド」とは?

スタンド(正確には「電気スタンド」と呼ぶ)は部分照明としての役割が強く、必要なところに必要な明かりを届ける照明器具です。

英語ではテーブルやチェストなどの上に置く照明を「デスクランプ(スタンド、テーブルスタンド)」と呼び、床の上に置く照明を「フロアランプ(フロアスタンド、フロアライト)」と呼びます。

デスクランプ(テーブルスタンド)

テーブルランプ

デスクランプは、テーブルや机の上に置くタイプの照明器具です。手元を照らし、読み書きや読書、手先で行う細かな作業に適した明るさを補います。

サイドテーブルやチェストに置くことで、間接照明として使えたり、オブジェとしても利用できます。

フロアランプ(フロアスタンド)

寝室の壁際に置かれたフロアライト

フロアランプは、床に置くタイプの照明器具です。

シーリングライトダウンライトなどの主照明を補助するために点灯させます。手元を照らす明かりとして利用するのはもちろんのこと、間接照明として雰囲気づくりにも活躍します。

[スポンサーリンク]

スタンドの特徴

スタンドの光の特徴

スタンドは手元の補助照明のほか間接照明などとしても使える

  • 手軽にどこにでも設置できる
  • 手元の補助照明や間接照明として使える
  • 装飾性に優れている

スタンドはコンセントで移動ができるため、どこにでも手軽にセッティングできる照明器具。シェードが開いている方向へ強い光を放ち、シェード越しにはやわらかい光を放ちます。手元灯としてはもちろんのこと、インテリア性の高いものが多いため、装飾品としても使われます。

-照明

© 2020 インテリアスタイル