照明

住宅の補助照明「フットライト」とは?

この記事は約2分で読めます。

住宅の補助照明「フットライト」とは?
インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター

インテリアの専門学校「町田ひろ子アカデミー」を卒業後、家具屋「ACTUS」に勤務。現在はインテリアコーディネーターとして活動中。

フットライトは、足元を照らす照明器具のこと。足元が明るくなることで、歩行時の安全性が向上します。夜間の歩行をサポートするための明かりとして、階段や廊下などに使われることの多い照明器具です。

「フットライト」とは?

「フットライト」とは、その名の通り「足元灯」です。床近くの壁(床から少し上の壁面)に埋め込み、足元を明るく照らす照明器具です。

壁面に埋め込むタイプのフットライトは、住宅の設計段階で取り付けを計画しておく必要があります。後付けの場合は、リフォームが必要となります。コンセントがあれば簡単に取り付けられるフットライトもあります。

[スポンサーリンク]

フットライトの特徴

フットライトの光の特徴

フットライトは足元をほのかに照らす

フットライトの特徴は次の通り。

  • 足元だけを照らす
  • 歩行時の安全性を高める
  • 夜間常時点灯式やセンサー式などがある

フットライトは、ほのかな明かりで足元を照らす照明器具です。まぶしく感じないため、廊下や階段、寝室のドア付近に設置しておくと、夜間にトイレに起きたときなどに便利です。歩行時の安全性も高まります。

夜になると自動で常時点灯するタイプのほか、センサー式(人が近づくと自動で点灯・一定時間経過後に消灯)するタイプもあります。

-照明

© 2020 インテリアスタイル