照明

住宅の補助照明「ブラケット」とは?

この記事は約2分で読めます。

2019-12-13

住宅の補助照明「ブラケット」とは?

インテリアコーディネーター

インテリアの専門学校「町田ひろ子アカデミー」を卒業後、家具屋「ACTUS」に勤務。現在はインテリアコーディネーターとして活動中。

ブラケットは壁や柱に取り付ける照明器具で、壁面を明るくします。リビングや寝室では補助照明として、廊下や階段では主照明として使われます。

「ブラケット」とは?

壁面のステンドガラスのブラケットライト

「ブラケット」とは英語で「腕木(柱状の物から横に突き出して付けた木)」などの意味があり、柱や壁に取り付ける照明器具をブラケット(ライト)と呼びます。平坦な壁面ではなく、コーナーに取り付けられるタイプもあります。

ただし、壁面に埋め込む器具は建築化照明に分類し、ブラケットとは呼ばないのが一般的です。

[スポンサーリンク]

ブラケットの特徴

ブラケットの光の特徴

ブラケットは壁面を明るくする

  • 壁面や柱に取り付ける
  • 広い空間では補助照明として使われる
  • 後付けが難しい(工事が必要)

ブラケットは壁や柱に取り付け、壁面を明るくする照明器具。器具自体がインテリアのアクセントにもなります。

器具によって上を照らすタイプ、上下を照らすタイプ、下を照らすタイプ、サイドを照らすタイプなどがあります。リビングなどの広い空間では補助照明として使い、部屋に奥行きをもたらします。廊下や外壁などではブラケットが主照明となります。

設置には壁の内部にコードを埋め込む必要があるため、容易に後付けができないのが難点。取り付けるには、家を新築する際に計画しておくか、リフォームで壁を削ったりして後付けする必要があります。

リーズナブルな家具通販

安くておしゃれな家具をお探しなら「家具350 」がおすすめ。最大80%OFFのセールも開催!

あせて読みたい

リビングにおすすめの照明器具5選

2020/7/12

リビングにおすすめの照明器具5選

リビングは他の部屋と違い、使われ方がさまざま。そのため、照明も多目的に対応するため、シーリングライトなどの主照明と、フロアスタンドなどの補助照明をバランスよく組み合わせる必要があります。

ReadMore

シーリングライトは不要!寝室におすすめの照明器具はこの4つ

2020/7/16

シーリングライトは不要!寝室におすすめの照明器具はこの4つ

日本の多くの寝室にシーリングライトが設置されています。この照明器具は部屋全体を明るくするため便利ですが、寝室にはまぶしすぎるため向いていません。

ReadMore

ダイニング照明には何を選ぶべきか?おすすめはこの2つ!

2020/7/12

ダイニング照明には何を選ぶべきか?おすすめはこの2つ!

さまざまなデザインや種類がある照明器具。ダイニングルームにはどのような照明器具がおすすめか?この記事ではダイニングに適した照明を2つご紹介します。

ReadMore

あなたへのおすすめ

住宅の補助照明「スタンド」とは?
住宅の補助照明「スタンド」とは?

2020/7/17  

スタンドは、床や家具の上に置いて使う、自立式で可動の照明器具。

「ペンダントライト」とは?
住宅の照明「ペンダントライト」とは?

2020/7/17  

ペンダントライトは、コードやチェーンで天井から吊り下げるタイプの照明器具。

天井に取り付けらたダウンライト
住宅の主照明「ダウンライト」とは?

2020/7/17  

ダウンライトとは、天井に埋め込まれ、小さな光源で直接下面を照らすタイプの照明器具のこと。

-照明

© 2020 インテリアスタイル