インテリアスタイル

おしゃれな家具やおすすめのレイアウトを提案するサイト

ファブリック ラグ

もう迷わない!ラグのやさしい選び方

2016/12/07

ラグの選び方

ラグを選ぶときに、「ループ」などの専門用語が出てきたり、豊富な「素材」があったりと困った経験はありませんか?

色やデザインもさまざまで、豊富な選択肢のなかから自分にピッタリの1枚を探すのは大変ですよね。

ところが、ラグ選びはそんなに堅苦しく考える必要はありません。

以下のように順を追っていけば、誰でも迷うことなくラグが選べます。

  1. 素材
  2. 毛足
  3. サイズ
  4. 色や柄

1つずつ考えていけば、初心者の方でも簡単にラグを選ぶことができます。

この記事で詳しく解説するので、安心して読み進めてください。

スポンサーリンク

ラグの素材の選び方

ラグには、アクリルやポリエステルなどのさまざまな素材が使われています。

店舗で見る場合は、ラグのタグに素材の記載があります。通販で見る場合は、商品の詳細を見ると記載があります。

素材によって見た目や触り心地が異なりますが、ラグ選びでもっとも大切なことは、機能を考えること。

素材別の機能を表にまとめたので、選ぶときの参考にしてください。

ラグの素材別の機能

素材 ウール ナイロン アクリル ポリプロピレン ポリエステル レーヨン
耐久性 ×
弾力性 × ×
防汚性 × ×
汚れ落ち ×
制電性 × ×
防虫性 ×
遊び毛 × × ×

どんな機能を選べば良いか迷った場合、どこで使用するのかをイメージしましょう。

たとえば、ダイニングテーブルの下に敷く場合、汚れを弾いてくれるような「ウール」がベスト。小さいお子さんがいるご家庭では、遊び毛が少ないアイロンを選ぶと良いです。

最近は、それぞれの素材の弱点を補うために、特殊加工がされているラグもあります。

ラグを機能で選ぶ

ラグの毛足の選び方

ラグの毛足には大きく分けて、「ループ」と「カット」の2種類があります。

実用性で選ぶなら「ループ」、見た目や触り心地で選ぶなら「カット」のラグがおすすめです。

実用性で選ぶならループ

ループのラグ

出典:ラグマット&カーペットのかしこい選び方 東リ

ループは、毛先が輪状になっているラグ。

丈夫なので歩行が多い場所で活躍します。遊び毛が少なく、掃除もしやすいタイプです。小さいお子さんがいる家庭では、ループのラグをおすすめします。

暑い夏のことを考えると、個人的にはループのラグの方がおすすめです。毛足が長いと暑苦しいと感じることがあります。

また、ループにもさまざまな種類があり、ラグの表面に出ている毛足の高さが均一なループを「レベルループ」と呼びます。

カットに比べて弾力性があります。ゴミが目立ちにくく、メンテナンスしやすいのが特徴。

これに対して、高さを不ぞろいにしたループを「マルチレベルループ」と呼びます。毛足の高さの違いでデザインを生み、視覚的に変化を生ませているラグです。

肌触りで選ぶならカット

カットのラグ

出典:ラグマット&カーペットのかしこい選び方 東リ

カットは、輪上の毛先をカットしたラグです。

やわらかな肌触りが特徴のラグですが、遊び毛が多い欠点があります。ゴミが毛足に絡まりやすいので、掃除も大変。

一般的なカットは、毛足が5~10mmの範囲で切りそろえた「プラッシュ」と呼ばれています。光による光沢が美しく、ソフトな踏み心地が特徴のラグです。

シャギーラグは注意が必要

シャギーのラグ

出典:ラグマット&カーペットのかしこい選び方 東リ

カットのなかでも、長さ25mm以上の毛足をカットしたラグを「シャギー」と呼びます。

インテリアショップなどで見かけることが多いですね。毛足が長いので、ゴージャスな見た目と豊かな触り心地が楽しめます。

ただし、クッション性には劣ります。見た目や触り心地を楽しみたい人向けのラグです。

また、シャギーラグは長い毛足によって陰影が生まれ、場所によって色の見え方が大きく異なります。

明るいお店で購入するときは、納品すると想像以上に暗く感じる場合があるので注意しましょう。

ラグのサイズの選び方

ラグのサイズの選び方

ラグのサイズの選び方は、部屋やライフスタイルによって千差万別。

「その部屋に、どんな家具があり、どのように過ごすか」を考えると、自然と適切なサイズが分かります。

とは言っても、ラグ選びに慣れていない人にとって、サイズを考えるのは難しいもの。

そこで、ラグを主に使用する「ダイニング」「リビング」「寝室」の3つに分けて、適切なサイズの選び方を示しておきます。

ダイニングのサイズ

ダイニングにラグを敷く場合は、イスを引くときのことを考え、「テーブル+60~75cm」の余裕を持たせましょう。

ダイニングテーブルとチェアが家にあるなら、実際に立ったり座ったりすると、どれくらいの幅が必要か分かりやすいです。

素材は、汚れにくいウールや、耐久性のあって遊び毛の少ないナイロンがおすすめ。

ダイニングは、床が汚れたりイスを引くときの傷・騒音を考えると、ラグを敷いておいたほうが良いでしょう。

リビングのサイズ

リビングでは、ソファやリビングテーブルのまわりに座るときのことを考えてサイズを選びます。

ソファやパーソナルチェアがあるリビングでは、横幅をチェアの10~20cmほどの余裕を持たせるとバランスが整います。

小さいお子さんがいる家庭では、床で遊ぶことも考えて、遊び毛の少ないラグを選ぶと良いです。

寝室のサイズ

朝起きたときに床が冷たいと寝覚めが悪いので、ベッド周りにラグがあると快適です。

寝室のラグのサイズの選び方は、大きく分けて2パターン。

1つは、ベッドの横に敷くために、ベッドとラグの横幅をそろえてサイズを選びます。

もう1つは、ベッドの両脇と手前の床面を、すべてカバーできる大きなサイズを選びます。

ベッドルームに余裕があるときにおすすめの選び方ですが、ラグが大きいとコストがかかるので、十分に検討する必要があります。

ラグをサイズで選ぶ

ラグの色やデザインの選び方

ラグの色の選び方

ラグでもっとも悩むのが、色やデザインの選び方ではないでしょうか?

色の選び方を調べても、色相やトーンなどの専門的な話が出てきて、お手上げ状態の人も多いはず。

もっと単純に解説します。

柄はシンプルがベスト

ラグを敷いている実例集などを見ると、かわいい柄やおしゃれなデザインが目立ちます。

派手な柄は、パッと見た瞬間に「おしゃれ感」を演出できますが、全体のコーディネートのバランスを整えるのが難しいのでおすすめしません。

インテリアは、おしゃれを狙うと逆の方向に進むことの方が多いのです。何もない無地のラグの方が、全体のバランスが取れやすいです。

失敗をしたくないなら、柄やパターンがある華やかなラグよりも、空間全体の統一感や調和を意識して選びましょう。

ちょっと変化を楽しみたいのなら、グラデーションがあるくらいにおさえること。

色は床と同色に

ラグの色の選び方も難しいところですが、床と同色系にすると上手くまとまります。

床の色は、「明るいナチュラル」と「暗めのブラウン」が代表的。

たとえば、ナチュラルなフローリングでは、グレーがかったベージュがおすすめ。ブラウンの床であれば、少し暗めの茶色か、床の色が混ざっているツイード素材などがなじみます。

床よりも極端に明るかったり、唐突な色を選ぶのだけは避けましょう。

まとめ

ラグを選ぶときは、まずはどこに置くかを考えて、どのような機能が必要か検討しましょう。

次に考えたいのが毛足。実用性で選ぶなら「ループ」、肌触りを重視するなら「カット」がおすすめです。

サイズは部屋や置く場所によって異なります。部屋の広さと、どのくらいの大きさがあれば適切かをよく考えてください。

色や柄は迷いどころですが、バランスのとれたインテリアを目指すならシンプルがベスト。柄や派手な色は避けましょう。

自分の部屋のラグがイメージできたら、さっそくラグを探してみてください。

好きなインテリアショップがなかったり、家の近くにお店がない場合は、ネットで購入するのも視野に入れましょう。通常よりも安く購入ができます。

▼ラグ探しにおすすめのショップ
クーカンネットショップ

-ファブリック, ラグ
-

おすすめの記事

おしゃれな家具の通販サイト 1
【プロが厳選】安くておしゃれな家具通販サイトのおすすめ11選

新生活や模様替えでインテリアをそろえるときって、できれば安くておしゃれな家具が欲 ...

2
【マネするだけ】6畳の正しいインテリアレイアウト

6畳の部屋にインテリアをレイアウトしても、 部屋が狭く感じる ゴチャゴチャした感 ...

イームズチェアのリプロダクトのおすすめ 3
イームズチェアのリプロダクトのおすすめは?種類別に徹底紹介!

イームズチェアを正規品で購入しようと思っても、値段の高さに尻込みしてしまう人も多 ...